RCセットアップ

2010年5月 7日 (金)

シェイクダウンを終えて

巻き巻きや転倒大会だったらどうしよう?と多少の不安もありましたが、普通に走ってくれて一安心(笑)
でも、シェイクダウンからいきなり05ver.II以上に快走とは行きませんでした。
現地で細々とセット変更しましたけど、もう一つピリッとせず。
毎度の如く、帰宅してから脳内妄想で次回セットを検討(笑)

当日、お昼前かな?
某H代表が鈴鹿からお帰り。
雑誌企画のレースネタを聞きつつ、
「あ、416ですか?」
「中古のWEですけど」
と、416WEのセット談義に。

さらっとマシンを見て頂くと、サスのジオメトリはKizu定番セットで問題なし。
バネの選択は、30Tだと好みでイイとか。
タミヤバネでも十分走るし、動きの好みで選択すればいいと。

握った加速時にプッシュアンダーが強めで…
と不満点を述べると、リアスタビを内取りにしてテック等のスタビバーを使うのも効果ありらしい。

う~ん、手持ちでヨコモのスタビバーがあるんで、取り敢えず1.3mmをリアに。
効果は?ある様な無い様な?
ちょっと硬すぎたかな。



そんなセット談義と走行の感触を思い出しつつ、レースに備えたセットを脳内妄想。

現状、ステア操作に対する反応はスゴく良い。
けど、コーナーを丸く回るのが難しく、カクカクと多角形コーナーリング風になってしまう。
前後のスタビを弱くして、もうちょいスムーズにロールさせた方が良さそうな感じ。

それと、416WEはホイールハブ4mm+0.5mmスペーサーが標準。
ここも、動きを穏やかにするため5mmハブに変更すべきか。

まだまだ変更箇所による動きの変化が掴めてないんで、手探りですが…
少しでも良い状態でレースに臨めれば…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

上手く行かない理由を考察

考察なんてオーバーですがね。
先日のセット変更からマシンの動きを反芻して、脳内で妄想中です(笑)
バネやキャンバー、アッパーの角度と色々変更、各種組み合わせを試したけど良いバランスは最後まで分からずじまい。
ラスト近くではリア巻きまで再発…

一番の反省点は、ソフトなバネを試さなかったとことかな?
転倒しないからミディアム相当でイイや、と思い込んでました。
一度思い切ってソフト方向に振って様子を見るべきだったかと。

それとリバウンド。
思い返せば、減らしてから巻きが発生してたような?

レース用に新品タイヤを組んで、何パックか慣らし走行をしました。
しかし、新品と中古じゃ動きがまるで違って、ここで変にセットを弄ったのも失敗。
その後中古に戻したら、更に動きが悪くてセット共々迷宮の入り口(笑)

バスタブの歪みやヘタりも気になる部分ですしチェックが必要。
もちろんサスピンやサスマウント含めて。


Blog843
ともかく、レースに向けて全バラ。

Blog844
今回は久しぶりにベアリングまで(笑)
のんびりとですが、徹底チェック&メンテで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

ドリフトセット

ドリフト未経験のため、セットの方向性とか路面・タイヤに対してのノウハウは全くありません。
何となく、見聞きして知ってる事は、
駆動系はリアリジッド、フロントワンウェイがデフォ
サスセットはソフト傾向
キャンバーはグリップに比べれば相当多めのネガティブキャンバー
くらい。

これらを出来る範囲でセットします。
デフは本来リジッドアクスルがベストでしょう、でも高価だし買うのも…
キツ目に締めてデフロック気味で様子見。

バネは手持ちで一番ソフトと思われるタミヤ赤バネ。

キャンバー、使用するタイヤ次第かな?
樹脂ドリタイヤは、トレッド面がフラットなもの、ラウンド形状、ショルダー部が大きくカットされものと色々ありますので。
分からんので適当に2度。
後は現地で調整(笑)

Blog737

メンテやセッティングを弄ってたら、チビが「直ぐに走らせる」とか「部屋で走るかチェックする」とうるさい。
やる気満々なのは良いけど、走行はコースでな(笑)

そういや、デフボールの代わりにブッシュ?を入れてデフロックするパーツがあったような?
カワダ製だったか?
リジッドアクスルを導入するより安価だろうし、今度ショップに行ったら探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

まずはメンテから

ようやくこの週末は走行できそう。
先月の頭にKizuで走行して以来、一月ぶりになります。

TA05 ver.IIは完全放置だったので、メンテからやらないと。
先週末、消耗パーツ等の買い出しに行ってきたので準備だけはできてます(笑)
同時に、前回Kizuで気になったポイントを解消すべく、セットも若干の変更予定。
メンテはいつものパターン・メニューで問題ないにしても、セットをどう見直すか。

kizuで問題だったのはロール方向への動きが速すぎ&多すぎなこと。
EXPな人に指摘され、実際クルマの動きを下で見てたら納得でした。
自分でドライブしてると、見てるつもりが中々分かんない>観察力不足です。

コーナー初期から一気にロールしてブレイクしちゃってる風。
タイヤへの面圧も十分掛からず、タイヤグリップを十分引き出せてない様子でした。
動きはクイックでも曲がりは全然足りなかったし。

ロールの動きを抑える意味で、ダンパーオイルの番手をハード方向に変更。
それとロールセンターも見直した方が良さそう。
フロントの設定はハイサイドに直結するので難しいですね。
取り敢えずリアの設定を変更して様子見かな?

とここまで妄想しつつ、週末の走行予定はKizuじゃなくてセイキ。
6セルストレートパック+ライトチューン仕様の予定。
合うタイヤも分からんし、取り敢えず走行してきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

転けないセットを考える

前回のKizuは散々な結果でした。

事前セットは完全に的外れで現地で変更変更の繰り返し。
走行の度にサスマウントのスペーサーを減らしたり外したり、結局全部取っ払ってスペーサー無し。
バネもあれこれ変更した挙げ句、F:黄・R:赤とヤワヤワ仕様に。

現地で周りに聞いてもサスセットはソフト方向、アライメントもロールセンターを下げて(ロール剛性を落として)突っ張らずに逃がす方向とか。
確かに走行した感じもその方向なんですが、完全に転倒を抑えるにはまだ足りない…
しかもソフト方向のセットは曲がりが弱くなるのか、ステア操作の反応がダルになってタイムが出ない。

と、悪戦苦闘の土曜日(笑)


クルマの動きを思い出しながら対策を考えますが、名案は浮かびませんね。
つか、これをやれば解決できる特効薬的なのはない気がしてます。
細かい対策の積み重ねしかないのかと。

ボディも曲がりが良いからとこのところSC430ばかり使ってました。
より重心の低そうなガライヤや、アンダーが強くて使ってなかったNSX2007も今のKizuなら合うかもしれません。

徹底的にロールセンターを下げ方向のアライメントにしてバネもソフトに。
スタビも不要かも?
ともかく、転倒しない状態にするのが第一。
そこから少しでも曲がるセットを施すしかないような感じ。


脳内妄想しながらメンテナンスも。
欠けてはいないけど、山が鈍ってきてたスパーを交換。
Blog637

他の駆動系は一通り見た限り特に問題なし。
前回の走行はピット作業の時間が長くて、実質4パック程度しか走行してませんからね。
クラッシュの影響か?サスアームにキズが多々あります。
キットのまま使い続けてるし、そろそろ交換時期かな?
ノーマルの柔アームのままか、強化タイプのショートリバサスに交換するか悩みドコです。
Kizuのハイグリップ路面を考えたら、適度にしなって逃げのあるノーマルの方が良い気も。

Blog638
フロント周りはロッカーのピロを交換し、少しでもスムーズにサスが動く方向で。
またサスアーム前後のスペーサーを取説セットから変更し、後側を2mmに。
これはホイールベースが少し伸びて、フロントへの荷重が減るはず。
フロントの食い付きすぎを抑えたいと思ってのことですが、僅か1mm程度じゃ変化はないでしょうね。
多分に気分的な問題です(笑)

メンテしつつ、ここをこうすればとか考えてると、走行して試したい気になってきます。
週末連ちゃんでKizuに行こうかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

引き続きメンテナンス

サスマウントの選択に悩みつつメンテを進めてます。

Blog624
今回は久しぶりにベアリングもシールドを開けてメンテ。
特にゴリっては無かったけど、幾つかのベアリングはシールド内から埃の塊が出てきてビックリ!

Blog625
加えて、サスマウントも再度チェックしたら「.マウント」の一つが変形…
何個逝ったんやろ?
手持ちのと買い足した415用とを組み合わせてセット。
リアトーは2.5度弱ってとこか。

Blog626
フロントはサスマウントでトレッドを拡幅。
そのため、ホイールハブは6mmから標準の5mmに戻してます。

前回走行後は次まで間があるからのんびりメンテできると思ってたけど、少々のんびりし過ぎたかも。
TB-03はまだしも、T2'007は手付かず、他にはモーターのメンテも…
ヤバい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

のんびりメンテナンス中

1月下にオープンしたKizu、何回行ったかな?
最初はセッティングもサクサク進んでイイ感じかと思ってましたが、ここんとこ足踏み状態。
変化する路面にセットやタイヤ選択が対応しきれてない。
ちょっと煮詰まっちゃった感ありだし、少し間が空くこのタイミングで大幅なセッティング変更を妄想中。
そのためもあって、サスマウントを複数入手したり。

セッティングの肝は、要するに前後のロール剛性バランスだと思ってます。
Kizuだとプラス転倒対策も要かな。
メンテしながらセッティングを見直し中。

Blog621
モーターマウントまで外して全バラメンテ。

Blog622
リアのギアボックスはスムーズな動作。
バラしてチェックOK、確認のみ。

じっくり各部をチェックしながら、週末の走行準備。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

TB-03リセッティングの成果

セットの迷宮にハマった感のあったTB-03ですが、取説準拠に近いところからセッティングし直し良さげな方向に向いたみたいです。
更なるタイムアップを狙うにはまだまだと感じますが、現状の状態がこれ。

先日のKizuでの最終的なセット。
モーター:GTチューン
ギア比:5.1~5.3
タイヤ:ソレックス32R、インナー:ExtremeミディアムVer.2、ホイール:Extremeディッシュ
グリップ剤:マイティグリッパー2、フロント7分~8分塗り、リア全塗り
ボディ:タミヤSC430標準、OPウイング

フロント周り
ワンウェイ仕様
サスブロック1C-1XA:2度前開き
バネ:タミヤ青
ダンパーオイル:#40
スタビ:黄(ミディアム)
ロッカーアームスペーサー:2mm
ホイールハブ6mm:片側1mm、トータルで2mmトレッドプラス
リバウンド3mm
車高4.5mm
キャンバー1.5度
アッカーマン:ナックル内側

リア周り
センターワンウェイ仕様
サスブロック1XA-1D:リアトー2.5度
バネ:タミヤ黄
ダンパーオイル:#35
スタビ:赤(ソフト)
ダンパー位置内側から2番目:標準より一段寝かせ
リバウンド2mm
車高4.5mm
キャンバー1度
アッパーアームアップライト部に1.5mmスペーサー

その他は取説準拠(のはず)

あくまで、私個人の感覚でセットしたものであり、コピーされて走らなくても責任は負いません(笑)

シャフト車ではリアを固める方向が定番的に語られることも多いようですが、このセットはベルト車の定番的な方向だと思います。
TB-03を買った当初からセットを詰めてて、スロットルオンオフに対するリアの動きが気になり、リアをよりハード方向にセットしてました。
スロットルに対するリアの反応が良く感じたのも一因です。

ここから一旦リセットし、コーナーで素直に曲がる方向を模索し現状がこうですよ、と。
以前に比べ、ドライブの仕方も変化してるのかな?
リアがソフト傾向でも動きが気になりません。

マシンの特性なりにドライブした結果が、ベスト11秒半ば、アベレージ12秒前半ですが、もう一歩タイムを詰めるにはセットの改善が必要ですね。
もっと曲がる方向に、且つ失速せずコーナーを抜けられるように。
無論、お手々の改善も含めて(笑)

当面の目標はベスト10秒台、アベレージを11秒台に持って行くこと。
相当高い壁と感じてます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

TB-03のセット方向を考える

7月のシェイクダウンから、練習にレースにと一番走行機会の多いマシンです。
その割にセッティングが進んでおらず、レースの度に悩むハメに。
ここらでじっくりセットを考えないとダメですね。
なんだか、ネタが被ってる感もありますけど(笑)

・現状の洗い出し
基本は取説セット。
アッパーアームは前後共取説のまま。

ロアはサスマウントをOPのアルミにし、リアはトーイン3度、フロントは1度前開き。
(サスブロック前から、1C・1A・1XA・1E、全てTB-03・416用のドットタイプ)
マウント下に1mmスペーサーも同じ。

フロントロアサスはM2スリックタイヤとステフナーの干渉を避けるため、1mm前方へ。
(ホイールベースが1mm伸びたことになります)

ステアリンケージをナックル内側から取ってます>切れ角確保のため
フロントワンウェイ
前後ユニバーサル(セットには関係ないか)

こんなとこくらいですかね?

このセット状態で、ハイグリップな宇治天、ローグリップなタム木津とも普通に走ります(笑)
もちろんタイヤは路面に合ったのを使用してですよ。
リアの安定性も良く、余程ラフなステア&スロットル操作をしない限り、巻きもありません。
反面、フロントからグイッとインに入って曲がり込むことはなく、コーナーがまったり。
これが最大のネックとなってます。
セットの目標はリアの安定性はそのまま、フロントから曲がるクルマに仕上げること>そんなん可能かな?(笑)

・試したこと
フロントバンパー上にウェイト設置
30g載せてみました…
以前、宇治天であやまっくさんのをお借りして試したときは効果有りと感じたんですが、今回のタム木津では気休め程度でした。
Blog478

フロントアッパーアームバルク側ピボットを外側へ
アッパーアームが短くなり、サスストロークに伴うキャンバー変化が多くなります。
だからどうなるかはともかく、やってみたって感じ(笑)
結果はグリップが低下傾向でフロントのスライドが増え、慌てて戻すハメになりました。

(ここからはレース終了後のフリー走行で試してます)
フロントアッパーアームバルク側ピボットのスペーサー増量
上記を踏まえ、動的なキャンバー変化増大がダメなら少な目にと(笑)
効果を分かりやすくするため、5mmというあり得ない量のスペーサーにしてます。
これはフロントの逃げが減った感じで良い感触。
Blog479

フロントサスにスキッド
フロント側スペーサー無し、リア側1mmとし、逆スキッドに。
これはフロントの踏ん張りが増した感じ。
アッパーアームへのスペーサー増量を相まって、一番曲がり込めてる気がしました。
右手前のヘアピンでも、大幅にはらむことが減ったし。
ステア操作に対するツキがイイ感じですね。

リアサスにスキッド
フロント側1mm、リア側無しの正スキッド。
これの効果は???良く分かりません。
全体の動きとしては悪くなった気がしました。

このスキッドに関しては、あやまっくさん情報から参考にさせて頂きました。


・今後のセットポイントは
まず、比較的簡単かつ効果を確認しやすい、フロントの前開き&リアトーの違いを試してみようかなと思ってます。
フロントは現状1度ですが、2度との違いを見てみたいし、リアトーも標準の2.5度から3度に変更してます。
ここも一度標準(2.5度)に戻ってみるのもどうかと。

次に、アッパーアームバルク側のスペーサー。
動的キャンバー変化の最適値がわかれば…

そして、上記とのバランスで前後ロールセンターを。
順番がどうだとかあるでしょうけど、半分思い付きなので(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

タイヤを考える

宇治天のコースで走行するようになってから、このコース用として新品タイヤを組んだことがありません。
どのタイヤが合うのか?、真剣にタイヤのチェックをしてないのがホントのとこ。
タミヤ製シャシーにタミヤ製タイヤでの走行機会が多かったのもありますね。
温泉の中古を適当に使い回してましたが、そろそろレースの事も考えてタイヤチョイスをしないと。

これまで使ってみたのは、ソレックス28R・32Rにマッチモアカーペット用モールドインナーやスポンジインナー。
さすがにスポンジは引っ掛かりが強くて、コーナーの入りで失速します。
転倒するほどではないものの、ギクシャクしてコーナーをスムーズに回れません。
カーペット用インナーはまずまずな感触。

Blog386
そこで、マッチしそうなタイヤやインナーを検討し、手持ちタイヤとインナーを組み替えました。
以前にもブログで記事にしたっけ?
タイヤの内側をカットし、インナー取り出して交換するセコい技(笑)

スポンジインナーの28R・32Rをカットしてカーペット用インナーと入れ替え。
加えてカーペット用よりもう少し硬めのインナーを試してみたいので、前回レースの景品で頂いたエクストリーム製モールドインナー(ミディアムソフト)を28Rに入れてみました。
レース当日は路面も上がり気味になるし、グリップ剤の使用も考えたら28R+EX製MSインナーや、32R+カーペット用インナーが良いかも。

Blog387
加工タイヤは新品同様とはいきませんね。
でも以前試した感じだと、振れたりとか特別不具合もなかったし、インナー違いの感触チェックには十分使えると思います。

スポンジインナーは引っ掛かりと失速感が強くてココでは無いかと。
無理くりステアワークで走行できるんですけどね(笑)
マシンの動きにスムーズさがなくて、もしかして1発のラップは出るかもしれないけど、タイムレースではアベレージが低くなりそう。

モールドインナーでマッチするのを見つけたいとこですが…
マッチモアのカーペット用でも少しソフトな感触なので、EX製のMSにちょっと期待してます。
実走はレース時の練習でぶっつけ…はてさて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)