EXZES X

2011年3月24日 (木)

サンワコネクター

受信機のコネクターが、サンワ互換製品やフタバの出っ張りをカットしたヤツだと、渋くて抜きづらい
ってことで、青いサンワ純正のを買って一部交換しました。

サンワ互換コネクターは複数のメーカーから販売されてて、良く見ればハウジングやコネクターピンの形状が微妙に異なります。
ですんで、もしかしたら自分の買った互換コネクターがハズレで、普通に抜き差し出来るのもあるかもしれません。
今回は無難に、ちょっと高価ですが純正で。

このサンワ純正コネクター。
ピンのサイズが特殊らしい。
以下サンワサイトから引用。

>※カシメのサイズ(24/26)が特殊で、市販の電工ペンチではサイズが合いません。
>ラジオペンチなどで押さえた後、ハンダを盛って補強してご使用ください。


表記からするとインチサイズなのかな?
ホームセンター等の電工ペンチはJIS規格(のハズ)ですからね。

B050
受信機コネクターにはCHARGE製?の電工ペンチを使用しています。
ラジペン+ハンダでも良いんですが、キレイに処理しないとハウジングにピンが入らなかったりしますし、しっかりカシメられるのは安心感があります。
こいつはサイズもコンパクトでツールボックスに放り込めますから、愛用品の一つです。



で、モノは試しと、このペンチでカシメてみると…
ものの見事にカシメ部が潰れ、カシメの爪が折れてしまいました…
慌ててハンダを盛って補強しておきましたが(汗)

注釈の通り、ラジペン+ハンダが無難かと思いつつ諦めきれず慎重に再チャレンジ。
上手くカシメる方法を見つけましたよ!


被覆を剥いたリード線部分は、0.3mmのカシメで普通に締めてOK。
被覆部は、まず0.5mmのカシメを使って7割程度締めます。
カシメの爪が内側に折れ曲がって、被覆に当たる直前位まで。
次に0.3mmのカシメで7割程度まで締めて完了。
最後まで締めると潰れるので注意。


B049
これでキレイにコネクター処理ができました。
作業中の画像があれば良かったんですけどね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

Newアイテム

Spec.R製のギアデフ以外にも内緒で搭載してたNewアイテムが。

B046
コレとか…

B047
コレも…


B048
コレはTypeRだったりします(笑)


今後を考えるとレシーバーは数があっても困らないし、追加は決めてました。
手持ちは451、なら買うのは451Rでしょ(笑)
価格も殆ど違わないので。

迷ったのがサーボ。
ツーリングではフタバ9550・9551しか使用したことがなく、他のも試してみたい。
セールで安いSDX-801でイイかと思いつつ、思い切ってSRG-BLXの、それもTypeRを。



朝からSSRモードで走行。
確かに反応の良さ、微妙な操作に対するツキは良いように感じます。

途中、SHRモードに変更。
本来なら451+9551に載せ換えて比較するのがベストなんでしょうけど、さすがに面倒で(笑)
気持ち反応が鈍いかな?

SSRに戻すと、動きの切れが良く感じたので確実に差はあるようです。
ただ、SSR・SHRモードの差なのか、サーボがTypeRだから差が出たのかは不明。
何れにしろ、タイムアップに繋がるような差じゃないです。

それでも、チキチキバトル中の微妙な位置取り・ライン取りの助けにはなるかもしれません。
その意味では決勝レース向きかも(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

情報収集不足

プロポをEXZES Xにチェンジする時に悩んだのがレシーバー。
451か451Rか。
SSRモードは451R(対応サーボ要)のみ。
しかもアナログサーボは使用不可。
451ならアナログサーボも使用出来ます。

現状、SSRモードに対応したESCはないので、451Rを選択してもあまり意味がない。
なら451で良いんじゃないか?、でも先を考えたら451Rか?
価格的な差も少ないので、尚更悩む(笑)

結局、451Rは確保できず451となったんですが、別にイイやと。
しか~し、EXZES Xが届きマニュアルを見てビックリ!!

これまでフタバ・KOと使用してきて、レスポンスモードの設定はステア・スロットル一括でしか変更できませんでした。
ところがサンワはステア・スロットルを個別に設定できるんですね…
知らなんだ(笑)

ってことは、451Rに対応サーボを使用し、ステアはSSR、スロットルはSHRに設定可能。
使い道あるのか…
だから単体でも451Rは品切れが多かったのね…(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

シェイクダウン?

yanaさん、doraさん、N村さん、他、お疲れさまでした。

B041

丸1日の走行で、たいぶEXZESに慣れることができました。
入手してから、夜な夜な手に取って馴染むようにしてましたが、実際に走行してみると違和感バリバリ。
上手く手に収まらない感じで、スムーズにスティック操作できるポジションが掴めない。
何度も指先からスティックが離れて妙な汗かきまくり(笑)
それでも、午後からは違和感も減ってきて…

ウワサのレスポンスや追従性は…イイんじゃないでしょうか。
エスプリIIIと大きな違いは無い、でも確実に違いはある。
これが第一印象。

超速だとか従来の3倍と聞くと、シャアしか使えない?なんて思っちゃいます(笑)
速い=ピクピク感がある、とイメージしがちですがちょっと違いました。
微少な操作にも的確に追従する感じ。
doraさんだったか?10分割から30分割に増加みたいな表現。
これに近いですね。

B042

と、プロポ(EXZES X)は好印象なものの、それがタイムアップには結びつかず。
マシンセットの進捗はよろしくありません。

この日はサスアライメントは殆ど弄らず、バネやダンパー角度メインの調整に終始。
+キャンバーを若干変更程度で。

路面が低めなこともあり、ハイサイドは無いけどイマイチ曲がらない。
タイムもベスト11秒6とか7がやっと。
もうちょい巻き入れて頑張らないと、レースでdoraさんやN村さんに負けるな(笑)
次はこの辺りの調整をと、課題が見つかっただけでも良しとします。

B043

1日、安心して走行できたのは大きいです。
大きなトラブル無くお疲れさん。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

メンテとメカ搭載

画像無しの手抜き(笑)

416XLはベルトの入れ替えと同時進行でメンテも。
更にEXZES Xの受信機を搭載。

ベルト位置が変わったことで、メカ搭載は楽になりました。
ベルトとの干渉にあまり気を遣わなくてイイ。
受信機もKOに比べ大きくなってるけど、キャパシターと並べて搭載可。

ステアサーボは内寄り用のネジ穴を使って固定。
416XLコンバで特徴的だったカーボンのサーボステーは不要となりました。
スッキリしてイイかも。

唯一、コンバ付属のカーボン製ステー(バッテリーのセンター位置決め用)がベルトと干渉してNG。
ここは鉛のウェイトを貼り付け。
バッテリーのズレ防止と、ウェイト積みの兼用。

後はダンパーのメンテ位かな?
これは当日でもいいや。

早めにほぼメンテ終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

EXZES Xがやって来た

プロポの乗り換えを決め、発注した後もあまりテンション上がらず。
でも、現金なもんです。
モノが手元に届いたら、ちょっとウキウキ感あります(笑)
RCアイテムの中でもプロポは大物ですからね。
使用感もガラッと変わるし。

B039

受信機は451。
451Rと迷ったけど、どこも売り切れでした。

B040
さすがにKOの受信機を見慣れてると少々大きめ。
設置面積が倍まではないけど。


早速動作確認を兼ねて接続し、初期設定を始める。
が、サンワってクセが強い?
メニュー項目の移動や設定方法に戸惑う。
バインド設定もメニュー内にある。
こりゃ面倒。

モードやバインドの設定を済ませて動作確認するも、以外な処に地雷が…
何かというと、受信機のコネクタ。

知ってる人は知ってますよね、KOやフタバのコネクタは誤挿入を避けるための出っ張りがあります。
サンワは無し。
なので、汎用コネクタをサンワの受信機に差す場合は出っ張りをカットします。

当然カットして受信機に差すんですが、妙に渋い。
奥まで差したら簡単には抜けない…
とても指先でどうこう出来るレベルじゃない。
やむなく、コネクタの当たる部分を紙ヤスリで削る(笑)

ここで不思議に思ったのが、サンワ純正のコネクタでも渋いのかって事。
サンワ製のサーボを引っ張り出してきて差してみると…
普通です?
サンワ純正コネクタと他とは、微妙にサイズが違うみたいですね。



ってことで、サンワコネクタを買ってきて交換。
しかし、サンワ純正は高いからと、互換コネクタを買ったら見事に失敗。
こいつも渋くて、結局紙ヤスリのお世話に(笑)
次買う時は青いサンワ純正を買います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)