« 2013仕様のT3 2012 | トップページ | 進歩ナシ »

2013年1月11日 (金)

V3 ESCの設定

まだまだ弄り倒してるワケではありませんが…、少し設定を見直してみました。

まず、KV値をギリギリまで追い込みます。
PRO SPEEDのレースレギュは3000(マスタークラスの場合)。
ただ、測定誤差として+100までOKとあります。
これって、実質3100ってことですよね(笑)
なので、少し3000を超える程度に調整。

年末の走行ではモーターの最高回転数が18900rpm程度でした。
これが19400rpm程度と約500rpmアップ。
この差が実速でどの程度か分かりませんが、KV値を追い込んだ違いは出てます。

それと、ブーストの立ち上がりを小変更。
年末は最高回転数を見て、ブーストエンドを18000rpmに設定していました。
回り切るところでブーストが最大になる、一番緩やかな設定でした。

ここを14000rpmに少し下げてみましたけど…
この程度では変わりませんでしたね(笑)
もっと、10000rpmとか5000rpmまで下げれば違うかも?

HOBBYWING製のESCは従来のファームでも非常に細かい設定が可能でした。
動的進角調整も、ブーストとターボに分かれてたり。
V3用のファームは更に細かく、一部はPCとの接続でのみ可能なものも。

中には何が変わるのかよく分からないのもあるんですよね。
スロットル関連のパンチレートコントロールとか。
カーブ設定はプロポのエクスポネンシャルみたいのかな?
でも1stステージ、2ndステージパンチレートって何?みたいな(笑)

B418

このESCの良いところは使い勝手。
SWハーネスが無くて、本体にSWがビルトインされてるとか、プログラムBoxとの接続がダイレクトにできるとか。
あまり変わらないように感じるかもですが、実際に使ってみると便利です。
ハイエンドツーリングシャシーへの搭載を前提としたデザインですね。
シャシーによっては、SWやプログラムBoxとの接続端子が使い辛い位置に来るとかあるかも。

|

« 2013仕様のT3 2012 | トップページ | 進歩ナシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/56486443

この記事へのトラックバック一覧です: V3 ESCの設定:

« 2013仕様のT3 2012 | トップページ | 進歩ナシ »