« TT-01E組み立て中2 | トップページ | TT-01E組み立て中3 »

2012年12月23日 (日)

Hobbywing V3 ESC

チビのTT-01E製作を手伝いながら、自分のも準備を進めてますよ。

久しぶりにESCを購入。
Hobbywing V3(正確にはヨコモ R3)です。
次のESCはこれが良いな、と以前から狙っていた中、バーゲン特価についつい釣られました(笑)

V3のポイント(自分的に)。
性能はハイエンドなので当然良いだろうとして。
使い勝手が良さげな点。

SWハーネスが無く、本体にSWが付いてる。
直近のモーター回転数等のログが見れる。
(無負荷時の回転数を見れるのは多いですけど、実走行時のは中々見れません)
プログラムBoxの接続に、受信機へのケーブルを外す必要が無く、プログラムBoxと直で接続可能。

B396

これまで使用してたExtreme Stockとの比較。
パッと見、フットプリントは同じ様に見えますが、V3の方が少し大きいです。

ここんとこ、ツーリング用のESC・モーターの配線にはQTEQのパワーターミナルを使ってます。
今のところ、トラブルもないし整備性も良くお気に入り。
ですんで、V3の端子にも導入します。

しかし、V3とパワーターミナルの相性はあまり良くありませんね。
正直、無理に入れない方がイイかも。

B397

まず、端子間のクリアランスが狭く接触ギリギリ。
+/-の端子にヒシチューブを被せて、万が一の対策にしています。

加えて、センサーケーブルが端子に近く干渉します。
そのままなら問題はありません。
パワーターミナルを使うと、下部からネジ止めになるので、このネジと干渉するんです。

B398

Extreme Stockのセンサーケーブル位置は下寄りだったので大丈夫でした。
細いセンサーケーブルの線がもげないか不安です。



一苦労しつつ、パワーターミナルに換装。
この後は楽です。
Extreme Stockで使用していたケーブルを外して、V3にネジ止め。
これで配線終了ですから。

が、落とし穴がありました。
バッテリーの配線(+/-位置)がExtreme StockとV3では逆。
危うく、逆接するところでしたよ。
結局、ケーブル長の問題があり、V3用に作り直しました。


ESCの設定内容は、従来のファームをベースに更に細かく調整できるみたいです。
まだ、ここまで突っ込んで見てないので、次の機会にでも。

|

« TT-01E組み立て中2 | トップページ | TT-01E組み立て中3 »

コメント

実走行時の回転数がチェックできるのは良いですね。
たしかPCでのプログラム変更もできるんですよね。
レポート楽しみにしてます。

投稿: yana | 2012年12月25日 (火) 22:51

>yanaさん
PCでの設定変更は、面倒なので正直やりたくありません(笑)
でも、設定内容を見てるとやらざるを得ないかも?
またレポートしますね。

投稿: たけ丸 | 2012年12月25日 (火) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/56373500

この記事へのトラックバック一覧です: Hobbywing V3 ESC:

« TT-01E組み立て中2 | トップページ | TT-01E組み立て中3 »