« メカ搭載 | トップページ | KIZU月例レース第10戦 »

2012年10月18日 (木)

オイルダンパー

オイルダンパーの組み立て・組み込み。

B340

通常のツーリング用に比べて小さい…当然オイル容量も。
ま、それは置いといて問題なのは、オイル漏れが酷いこと。
組んで、動作確認してる段階からジワジワ漏れて来ます。
これじゃ、とても1日の走行持たなそう。

更に…

B341

B342

初めてオイルダンパーを組み込んで分かったのが、ダンパーの取り外し等メンテ性の悪さ。
バネだけだと、そんなに悪くないかな~?と思いきや、ダンパーも加えると相乗効果でめんどくさい。
特にダンパー下部はネジ止めで、そのままじゃネジ取れないし。



ここまで、特に大きなネガ部分は無いと思えたけど、ダンパー周りは?な感じ。
もしかして標準のフリクションダンパーの方が良い?
まだ走行してないのに早合点はイケませんけどね。

他にはモーターのKV値を合わせたりの細かい仕上げ作業。
クルマの方は走れる状態になりました。
後は人間側の都合次第です(笑)

|

« メカ搭載 | トップページ | KIZU月例レース第10戦 »

コメント

いやはやM-03から見るとベタベタの低重心ですね。
オイルダンパーの漏れは対策できました?
他の方々はどうされてるんでしょうね。

投稿: yana | 2012年10月19日 (金) 00:28

>yanaさん
M03と比べると低重心ですね。
でもM05とはさして変わらない気も。
ダンパーはダメですね、対策つかこんなもんらしいです(汗)

投稿: たけ丸 | 2012年10月19日 (金) 14:58

オイルダンパーに整備性の落とし穴があったんですね。
でも、僕の初期型のフリクションはスカスカでダンパーとして働いていてないので論外ですが…

それから、シャーシのソリについて色々考察して気づいたのですが、アッパーも単体で同じ方向に捻れてました。
相乗効果で大きく捻れてたようです。
京商がどちらもカーボンアッパー採用の理由はココかと。
たけ丸さんのガンベイド記事でカップエディションのことがよくわかりました。
ノーマルとは細かい所の差が価格以上デスね。

投稿: イズッチ | 2012年10月20日 (土) 21:03

>イズッチさん
フリクションダンパーはセカンドロットで改善されてるらしいですよ。
パーツ単体で買ってみてもいいかも。

樹脂デッキの捻れは当たり外れがありそうですね。
タミヤのでもありますし。
自分のロアデッキはフラットでしたけど。
京商のはノーマルとの差別化の意味合いも大きいと思います。

CUP EDITIONはOPパーツ標準でお買い得感を出してますけど、意外と価格差は少ないです。
なので、標準キット+OPにするか迷いましたから。

投稿: たけ丸 | 2012年10月21日 (日) 00:55

私も電池1パックでオイルだだ漏れ、走行不可能になりました。京商に電話したらそのような話は聞いたことが無いとの事(?????)メンテも面倒なのでオイルの代わりに中に小さなスプリングを入れて適当に処置してます。私の腕が大したものではないのでいいかなと。ターンバックルの長さも左右滅茶苦茶だったし。まいっか!

投稿: たま | 2012年11月28日 (水) 17:33

>たまさん
オイルが漏れても走行不可能なことはありませんよ。
無くてもあんまり走りが変わらないような?(苦笑)
ウチのは1本、漏れの酷いのがあるので、もしかしてダンパーシャフトに傷があるのかな?とも考えてます。

投稿: たけ丸 | 2012年11月28日 (水) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/55920614

この記事へのトラックバック一覧です: オイルダンパー:

« メカ搭載 | トップページ | KIZU月例レース第10戦 »