« めぼしいものナシ | トップページ | 夏休み、KIZUへ。 »

2012年8月 7日 (火)

コネクタ変更その3

最近コテを握ってハンダ付けする機会が多いです。
またもコネクタの変更。
それも一月ほど前に交換したばかりのTA05絡みのを。

前の記事で書きましたが。
コテの熱でコネクタハウジングが歪むトラブルが発生し、手持ちの予備がゼロ状態。
万が一の時のため予備を物色中、XT60タイプのコネクタを発見。

B291
B293

このXT60コネクタ自体そう新しいモノではありません。
いつからあるのかな?登場当初はディーンズタイプに代わる2Pコネクタとのふれ込みでした(確か?)。
ディーンズタイプより接触抵抗が少なく、安全性も高いのが売りとかで。
現実には全く普及してません、見ませんもん少なくとも国内では。

でもコネクタ自体はヨーロピンアンのオス・メスの組み合わせ。
それを樹脂ハウジングに固定して使い勝手を上げてます。
確かに、信頼性は良さげ。

B292

気になるのはディーンズタイプと同様、ハウジングの熱耐性。
ここがダメなら一緒ですからね。
悩みつつも、オス・メス5ペアが300円以下という価格に釣られ、試しに買ってみました(笑)
前振り長くてすみません。


今回はサクッと交換できました(笑)
コネクタの端子がディーンズの様な平形でないのもあって、ハンダを流しやすいしケーブルが逃げることもなく。
カッチリと位置決めしてハンダ作業ができます、これはイイかも。
結果的にコテを当ててる時間が短くて済み、ハウジングへの加熱も少なくなるし。
特にハウジングが熱で歪んだ感じはありません。

B294

コネクタの抜き差しは最初ちょっと渋かったものの、潤滑剤代わりに接点復活剤を軽く拭いたらスムーズに。

B295

ディーンズより一回り大きいかな?
持ちやすいのもあって、使い勝手は良好そうです。

|

« めぼしいものナシ | トップページ | 夏休み、KIZUへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/55345796

この記事へのトラックバック一覧です: コネクタ変更その3:

« めぼしいものナシ | トップページ | 夏休み、KIZUへ。 »