« KIZU月例レース第7戦 | トップページ | 2012 EP1/12世界戦 »

2012年7月22日 (日)

コネクタ変更その2

発売から暫く経ちますが、QTEQのパワーターミナルを導入。
モノはこんなのです。
何ともニッチなパーツです(笑)

単純に導通抵抗を少しでも抑えるならハンダ付け直結。
メンテ性重視ならヨーロピアン等のコネクタを使用します。
差し込み式のコネクタより導通抵抗は少なそうですが、ネジってのは面倒だしネジ緩みのトラブルの可能性が…微妙なパーツかも(笑)

それでも導入しようと思ったのは、ちょっと面白いのと、ESCにベースの端子をハンダ付けすればハンダ作業の機会が減って楽になるかな?と。
ESCへのハンダ作業は狭いスペースに端子があって面倒だし、熱の影響が心配なのもあります。
まあ、ハンダ付けがヘタなのが主因ですね(笑)

サクッと交換…したいところが意外や難易度が高い。
Hobbywing製ESCに無加工で取り付け可能なはずが、自分の使用してるExtremeStockは端子の基盤穴が小さくそのままでは無理。
基盤の穴を広げる必要あり。
加えて、ハンダシロが少なく、端子の中央にハンダが流れるとマズいために、コテを当てるのが難しい。
(端子中央にはネジが通るため、ハンダが流れるとネジが通らなくなる)

キレイにハンダが流れず悪戦苦闘。
スペースに余裕のあるモーターの端子は比較的楽でしたが…
チビの手を借りつつ何とか作業終了。

B281
モーター側のベース端子

B282
ESC側
端子そのものは共通

B283
ネジでコネクタを結合したところ

B284
車載してモーター側へも接続

B285
バッテリーへのケーブルも微妙に長さを調整しました

なんもトラブルがないとイイけど、どうでしょう(笑)

|

« KIZU月例レース第7戦 | トップページ | 2012 EP1/12世界戦 »

コメント

最初に取り付けるのが大変そうなのが難ですが、以後のケーブル交換とかが楽になるなら良いですね。
特にESCは狭いのでトラブルがなければ使ってみたいですね。

投稿: yana | 2012年7月23日 (月) 23:14

>yanaさん
正にケーブルの交換が楽になれば…なんですけどね。
ESCによってもハンダ付けが、やり易い・やり辛いはあると思います。

投稿: たけ丸 | 2012年7月23日 (月) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/55234654

この記事へのトラックバック一覧です: コネクタ変更その2:

« KIZU月例レース第7戦 | トップページ | 2012 EP1/12世界戦 »