« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012年6月29日 (金)

サードパーティその3

サードパーティ製が好きでして。
まだネタがあります(笑)


・ダブルカルダンユニバーサルジョイント(DCJ)

最近車種を問わず話題のパーツですね。
自分もTA06に入れてみたところ、想像以上にフィーリングが変わったのでT3 2012にも入れてみました。
ただ、純正DCJはとても手が出ませんので、実質半値のサードパーティ製です(笑)

B259
ARROWMAX
購入時のレートで約3700円でした。

B260
一度バラし、グリスアップして組み直し。

B261
フロントに組み込んだところ。
DCJ組み込みに関しては、イン側ベアリングを3mm厚1050に交換する必要無し。
従来通りで行けます。

先日の月例レース時に投入してました…が、TA06の時ほど変化を感じられず。
T3 2012は、ノーマルの状態でもコーナーの引っ掛かり感が少ないため、あまり変化ないのかも?
リアに入れると効果有りとのウワサもありますので、一度前後を交換してみるかな。



・センターベアリングサポート

B262
Team CSO
これが何のパーツか?T3 2012ユーザーじゃないと分からんかも(笑)

B263
ノーマルはこんな感じ。
黒いプラ製のベアリング押さえ。

良く出来てると感心するT3 2012のパーツデザインの中で、唯一大丈夫なのか?と不安になるところ。
プラだと割れそうだし、小さくてメンテ中に紛失しそう(笑)
そのくせ、約400円と意外に高い。
と思ってたら、サードパーティからアルミ製のが。
価格も約600円とそう高くない。
プラ製のは予備ってことに。

B264
しかし、このパーツ、ネジの締め込み加減が難しい。
てか、分からない?
もちろん、締めすぎはベアリングを圧迫してNGでしょうけど。
緩くても脱落の恐れが。
上からアッパーデッキを被せるので、完全に脱落はないのかな?
何となく、気分的に買ってみたパーツです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

KIZUマスタークラス第6戦

お次は自分のマスタークラス。
今回からT3 2012へマシンチェンジでモチベーション高め、タイムアップに期待。
と云っても、一足飛びに28Lなんて無理ですし、普通に27Lできるのが当面の目標。

B257

2週前の練習時から少しセットを変更しているため、確認走行開始。
が、立ちが遅い上にストレートスピードも檄遅。
間違えて、未充電のバッテリー積んだ?
慌てて回収し、充電して再度走行。
それでも変わらず、何かトラブルクサい。

KVチェッカーで測定すると約2000…マスターのレギュは3000なのでこれじゃ遅くて当然。
でも、ESCもモーターも、何も弄ってないのになんで?
もうセットの確認どころじゃありません。

ともかく、ESCのブースト設定を上げてみる…2000で変わらず。
モーターの進角を進める…2000で変わらず。

・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
早くも今日のレースは終了?…


冷静になって、センサーケーブルをチェックすると。

B254

2個所も断線してますがな!
モーターが回らなかったら発見も早かったはず。
中途半端に回るから意味不明です。

ケーブルを交換したら復活したけど、ESCやモーターを弄ってるのでKV値が…
もう、大慌てで3000に合わせて軽く走行。
結局、セットの確認は出来ずじまい。
そのまま予選へ突入。


・予選ラウンド1
普通に走るかと思ってたら、ちょっと縁石かすめただけでゴロゴロ転倒。
少し曲がる方向へやり過ぎたみたい。
それでも、転倒しまくった割には26L。
ペースそのものは悪くないのかな。

B255

今日の昼食は唐揚げ弁当風。
味噌汁付き。
美味しく頂きました。


・予選ラウンド2
お昼休みを利用してセット変更、軽く走ると良い感じ。

ギリで27L10秒。
1ラップミスって14秒ってのがあったけど、他は無理することなく11秒前半が出てる。
当初の目標である、普通に走って27Lはクリアしてる感じ。

B256


・決勝Bメイン
3位からスタート。
トップは速くて抜けてます。
その中、2位をキープするも、ミスって後退。
前とバトルしながら、抜いて再度2位へ。
するとまたミスって後退…の繰り返し。

レース中盤過ぎ、2コーナーの縁石に乗って弾かれ、アウト側のコンクリ壁へクラッシュ。
1度目は復帰できたけど、リプレイを見るような2度目のクラッシュでマシンストップ。
クラッシュの衝撃でモーターがずれて空回り、リタイヤです。

ちょっと悔いが残りましたね。
クルマの動きは素直でドライブは楽だったんですけど、逆に欲を出して攻めすぎたかも。
特に1.2コーナー。
順位はともかく、最後までバトルを楽しみたかった…

B258

最後のおた抽は、親子揃ってキムワイプをゲット(笑)

予選・決勝とミスが多かったのは反省点。
次回はノンミスでAメインに残るのを目標に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

KIZUフレッシュマンクラス第6戦

早いもので月例レースも第6戦、シーズン折り返しです。
今回も親子揃って参加してきました。
参加されたみなさん、レーススタッフのみなさん、お疲れさまでした。

チビは前回レースから走行しておらず、どんなもんかと不安もありましたが…
レース前の練習を熱心に走り込んで、意外とスムーズに周回してます。

B251
今回からR33 GT-Rボディを使用。
最初は直ぐ転けると不満顔でしたけど、慣れてくると走り易いそうな。
見てても、適度にロールしてクルマとのマッチングは良さげ。
特にセットは弄ってないけど、今のセットにはエブロより合ってるのかも?


・予選ラウンド
フレッシュマンクラス参加者6名を2ヒートに分けてなので、純粋にタイムアタックできる状況。
荒れやすいフレッシュマンクラスだけに有り難いですね。

1ラウンド目はスタート直後にバッテリーが脱落するトラブルで大きくタイムロス。
実質、捨てラウンドでした。

2ラウンド目は、そこそこ安定してラップし22L。
今のチビのアベレージってところでしょうか。
もうちょっとラインがワイドになるのを抑えられたら、23Lも見えてくるんですが…

B252

結果、予選トータル3番手。
前2台のIさん、イズッチさんは23Lと少し抜けてます。
ベストラップがチビと1秒差ありますんで、決勝は勝負になるのか?
ここまで勝てそうで勝てないIさんは気合い十分ですしね(笑)


・決勝
スタート直後の1コーナーでIさんが軽くフェンスヒット。
そこにイズッチさんが絡んで、チビが難なくトップに。
そのまま行けるかと思いきや、シケイン出口で縁石に引っ掛け転倒し後退。

ゴチャゴチャしてる間に、2番手走行。
後方からペースの速いIさんが追い上げて来ます。
しかし面白いのは、チビはやたらと当たりに強い。
当たり負けしないと云うのか。
Iさんと絡んでも、後退するのはIさんの方。

そんなこんなで、2番手キープ。
すると、トップ快走中のイズッチさんがトラブルでストップ。
トップに立てるかと思ってたら、PRO SPEED母ちゃんと絡んでその隙にIさんがトップ奪取。
そのままIさんが後続との差を広げ、悲願の優勝!

チビは後半クラッシュでステアタイロッドが外れるトラブルがあったものの、マーシャルが素早く修復してくれてそのまま2位でチェッカー。
結構、見てて面白いレース展開でした。

B253


にしても、決勝はリタイヤすることなく結果を出すチビに感心。
ここまで、最低の成績はブービーってのがあるけど、そのレースも自爆ミスを多発しつつも完走してるし。
予選では、トラブルで実質リタイヤもあるんですがね。

まだまだ課題は多いけど、本人が楽しめてるならOKです(笑)


KIZU月例レース第6戦 フレッシュマンクラス決勝

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

Maintenance

週末のレースに向け、早めにメンテを開始。
前日(土曜)に時間を取れるか不明なので。

T3 2012のメンテと云っても、ユニバのグリスアップとギアデフ程度。
他はチェックを兼ねて、多少セットの変更を。

B249

ギアデフはオイル交換。
取り敢えずDOT2を入れてみたけど、動きが軽すぎる感じなのでDOT3に。

B250

このXRAY製ギアデフ、過去使用したことのある複数メーカーの中でもピカイチですね。
素組でスルスルだし、オイル漏れも(1日の走行では)皆無。



チビのTA05は先月のレース後未走行なため、どこまでヤルか悩みましたが…
結局、ユニバのグリスアップから、前後ボールデフをバラしてほぼALLメンテ。
やっぱスムーズなデフは気持ちイイ(笑)
でも、毎回ボールデフのメンテは面倒なんで、ギアデフに交換したい気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ウェイト調整

参加してるレースのレギュは車重1450g、ウェイトを載せて調整する必要があります。
シェイクダウン時は余裕もなかったし、適当に必要量載せて走行。
でも見た目が不細工でスマートじゃない(笑)

もうちょい気を遣って載せ直しを検討。
ピットで周りのクルマを見てると、カーボン柄のウェイトがスマートでカッコ良いですね。
折角のハイエンドだし気合い入れて載せてみるかと、ショップへ行ったついでに物色。
あったけど…高い!
カーボン柄のスキンを貼ってるとは云っても、元はただの鉛。
それにこの価格は…止めました(笑)

手持ちの使って載せ直そうと思ってると、欲しかったけど欠品で買えなかったパーツが入荷してるみたい。
(もちろん海外ショップです)
どうせ発注するなら、他に細かいパーツを一緒にと探してたら…カーボン柄のウェイトがありました。
それも半値です。
で、ポチリました(笑)

B247

B248

同じウェイトを載せても、同色だとスッキリしますね。
結構満足感高いです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

互換パーツ

サードパーティ製のパーツには、純正互換パーツもあったりします。
RCに限らずありますよね、純正と同等で低価格なのが売りのパーツ。

・ドライブシャフトのプラキャップ。
T2'007の時はこのパーツがネックで、摩耗が激しい上に意外と高価で参りました。
T3 2012ではどうなのか分かりませんが、不安があったためサードパーティ製のを買ってみました。

B245

純正は海外ショップで4個入りが300円ちょっと。
互換パーツは8個入りで200円ちょっと。
SPEC-R製で国内でも販売されてます(国内価格399円)。


・アッパーデッキ。
頑丈さに定評のあるT3 2012も、アッパーデッキは意外と脆いらしい。
予備があれば安心、でも国内価格は約5000円。
とても予備を持てませんよ(笑)

海外ショップでも純正アッパーは約3000円します。
複数のサードパーティから互換アッパーが出てるので、安いのを探すと…
ありました、約1200円。
これなら予備を持てます(笑)

B246

形状・厚みとも純正と同じですけど、カーボン素材の質や特性、加工精度等から完全に同等とは云えないでしょうね。
それでも万が一を考えたら、この価格ですし持ってて損はないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

サードパーティその2

前回と同じA-PLUS製。

サスマウント用シム

B241

サスマウントに入れるシムで、ロールセンターの高さを微調整できますが…
ネジを外してシムを入れるのは意外と面倒な作業。

そこでこのシム。
ネジ部に切り欠きが入ってるため、ネジを緩めて隙間を空けるだけで入れられます。

B243
B242

FF・RRのマウントには前後から、FR・RFのマウントには左右から差し込みます。
楽なのは間違いないですね。
ただ、T3 2012でサスマウントを上下する機会がどれだけあるか不明(笑)

残る一種のシムは、アッカーマン調整用。
こちらもステアリンクのピロボールを浮かせるだけで調整できます。

シムのセットが約800円でした。


リアアップライト強化パーツ

B244

これは細かいパーツですよ(笑)
タミヤ車でよくある、クラッシュでアップライトのピロ穴部が割れる。
これの防止用。
二つあるピロ穴に小さなカーボンパーツをブリッジ状に渡して、片方はアッパー用ピロボールで固定。
もう片方はイモネジで固定。
確かに補強になると思います。
200円しませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

サードパーティ

丈夫で壊れないと評判のT3 2012。
でも、予備パーツ無しはいざって時に困ります。
最低限のパーツを少しでも安価にストックするため、海外通販を利用。

海外通販は不安…と利用を躊躇う人も多いかと思います。
結局は慣れや経験じゃないでしょうか。
機会があれば海外通販利用方法の記事を書くかも?

海外ショップを見てると、日本に入ってないメーカーやパーツがちらほら。
世界的に見ればXRAYのシェアは大きいので、色んなサードパーティメーカーからパーツが販売されてます。
その中から、良さげなのを幾つか購入。


B238
7075アルミ製のバッテリーサポート。
純正OPにもありますが、これはバッテリーをベルクロテープで固定できます。

B239

B240

サポートの上にシャフトがあり、ここにベルクロテープを通します。
固定感に不安がありましたが、実際に使ってみると問題無さそう。
何度かクラッシュや転倒があったものの、バッテリー脱落はありませんでした。

アルミ製のサポートはハードクラッシュ時に歪むという話しも聞きますので、耐久性は今後の使用で判明するでしょう(笑)
価格も今の為替レートだと約1300円。
これでバッテリーの脱着が楽になるならOK。

ロゴにあるように、A-PLUSってメーカーのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

シェイクダウン終了

無事シェイクダウンを終えました。
KIZUで最大派閥なのは良く走るから…分かってるつもりでも、実際に自分で走行してみないと不安。
大きな期待と少しの不安が入り交じったシェイクダウンでした(笑)

ちょこちょこセットを弄りつつ走行し、タイムもベスト更新してます。
ただ、どうも安定感に欠ける動きがあって?な感覚でした。
巻くや転倒といった極端なのではなく、コーナーで微妙に動きが不安定、毎ラップ同じラインに乗せるのが難しい。
良いタイムが出る時もあるけど、ラップが揃わずアベレージがイマイチ。

最初はT3 2012の特性に慣れてない、セット出し中で決まってない、からかな?と。
ダンパーが固い柔らかいじゃなく、動きが渋いと指摘され、結果的に当たりでした。
面倒でも最初からダンパーを組み直すべきだった…
ダンパーにしろサス周りにしろ、スムーズに動くのが基本なのに。

因みに原因はダンパーのOリングで、おんせん情報だとTechビックボアダンパー付属のはNGだそうです。
微妙にサイズが大きく、組むと渋くなるんだとか。
Techビッグボアダンパーを2年近く使ってますが、こんなのは覚えがない。
今回、T3 2012用にダンパーを新調して、付属のを使ったら渋かったってオチ。
付属のOリングなんて最初の1回しか使いませんからね(笑)

たまたま指摘されて発覚しましたけど、知らなければそのまま走行して、ダンパーメンテした時点でOリング交換、メンテしたら動きが良くなったな、てことになってた可能性大。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

シェイクダウン

この週末はKIZUでT3 2012のシェイクダウン。
前日にはメカ搭載まで完了していたものの、レギュに合わせたウェイト調整やボディマウントの穴を開け直したりの微調整に手間取りました。

当日はチビが体調不良で不参加。
一人RCは随分と久しぶりな感じ、昨夏以来か?
一人マイペースで調整できて、1日まったりと過ごせました。

T3 2012は、OPのフロントワンウェイ、ダンパーはTechビックボアと、KIZUで標準的な仕様。
セットは基本取説通り。
タイヤは当然SWEEP OGに、ボディはTA06のお古NSX05でコースイン。



う~ん、普通に走りますね(笑)
TA06とは動きが違って慣れないこともあり、毎ラップ同じラインをトレースとはいきません。
それでも、転倒する気配がないんで、安心して走行できます。
妙な巻きや左右で特性が違うようなこともなく、シェイクダウンとしては上々。
タイムもベスト11秒3がポンと出てます。
TA06でここまで辿り着くのにどれだけ時間を費やしたか…

B235

ユーザーの多いT3 2012はセットの参考が周りに一杯。

韋駄天さんにあれこれ、セットのポイントを教えてもらいます。
一気に変更してもワケが分かんなくなるので、1個所ずつ変更して動きのチェック。
T3 2012というか、ハイエンドらしく、細かい調整で動きの違いが分かります。

M田さんには握ってもらってマシンチェックを。
ダンパーの動作が渋いのか、フロントサスの動きが悪いとの指摘。

その指摘からダンパーオイルの番手を下げて対処しつつ、更にセットを変更を進めます。
自分のフィールに合って気持ち良く走行できたり、グダグダだったり、一進一退。

そんな中、速いラップで走れることがあり、10秒9が出た。
ようやく11秒の壁を越えました…この日この1ラップだけでしたけどね(笑)
このパック中は数ラップ11秒0Xが出てたんで、マグレではないと思います(思いたい)。
ただ、この時のセットはややトリッキーな動きでアベレージが低く、安定感に欠けてます。
一発は出るけど、みたいなセットでした。

B236

その後、ダンパーの渋さを解消して試したいと思い、ダンパー全バラでOリングの交換。
作業中、おんせんさんが来られて原因は使用してるOリングと判明。
Oリング交換、シムを入れてクリアランスの調整、オイルも元に戻します。
スムーズなダンパーになりました。

その効果は?
特定のコーナーでどうこうじゃなく、コース全域で動きが素直になりドライブが楽。
それまで時折出てた、トリッキーな動きが無くなりました。
タイム的にはベストが11秒1か2と少し落ちたものの、そのまま5分走行したら27L。
TA06じゃ、集中してミスしないようにと必死に走行して、27L入るかどうかでしたから楽にドライブして27Lできるってのは…

B237

今後はアベレージの底上げができるセットを見つけることが重要ですね。
シェイクダウン当日、色んなアドバイスを頂いたみなさん、ありがとうございました。
みっちり走り込んで疲れましたが、収穫の多い1日となりました。
次回は月例レース本番になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

チームオレンジ

あれこれ悩みつつもチームオレンジの一員に(笑)
今更感ありありなので、製作記は省略。
他のブログ等を参照してください。

B233
B234

この時期のハイエンド投入には一月ほど悩み(迷い)ました。
過去を振り返っても、TA06の前は416で、その前はTA05 Ver.II、さらにTA05MSやらTB-03にT2'007とか…ミドルとハイエンドが交互。
ミドルやってるとハイエンドが欲しくなり、ハイエンドやってるとミドルの気楽さが良くて。
無いものねだりな部分も(笑)


組み立ては、T2'007の経験もあって特に戸惑う部分もなく。
サーボセイバーやピロボールの固さに難儀しつつも、相変わらずの精度の良さに感心。



さてシェイクダウンは…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »