« たまには | トップページ | 3ヶ月ぶりに »

2011年10月19日 (水)

HD動画ファイル諸々

この1週間、実家のジジから度々ヘルプのTEL。
HD動画ファイルが再生できないとか、編集できないって内容。
少し前に実家で確認した時は再生できてたはず?
先週末は土日の二日とも実家のPCと悪戦苦闘してました(笑)

まず、再生できてたはず?なのはこちらのチェックが甘かっただけ。
よく見れば画質は悪いし、時折コマ落ちしてスムーズさに欠けてました。

自宅PCでの経験(Win7環境の)から、再生ソフトやコーデックをあれこれ試します。
プレーヤーソフトは、
Windows Media Player
Quick Time Player
GOM Player
Real Player
AL Player
Splash Light
等々。
どれも微妙に動作が違ったりして、クセというか環境との相性があるみたいです。

エラーメッセージが出て再生不可、再生できてもカクカクコマ落ちする、画像は真っ黒なまま音声だけ再生、最初の一コマ目の画像で止まり(静止画のまま)音声のみ再生、とかプレーヤーソフトやコーデックの組み合わせで状況がコロコロ変化します。

「根本的な解決方法は適切なコーデックを使用する」ということのようです。
各種コーデックがパックになった、ffdshowWin7codecsあたりのインストール。
ググれば使用方法含め、対処法が見つかるかと。
動画ファイルの再生でお悩みの方は参考にしてください。

自宅のPCはチップセット内蔵ビデオから、別途ビデオカードを導入してHD動画ファイルやBDディスクの再生が可能になりました。
ただ、一部の動画ファイルのアイコンがサムネイル表示できない症状が。
これも、Win7codecsのインストールで表示可能に。

結局、実家のPCもWin7codecsのインストールで動画ファイルの再生OK、ムービーメーカーでの編集もOKに。
再生はプレーヤーソフトによってOK・NGがありますが、ここはビデオチップとの相性もありそうです。
自宅PC同様、ビデオカードを入れることで解消できるかも?ですが…
(Windows Media Playerで再生しようとすると、ビデオチップに問題ありのメッセージが出ます)
少なくとも、ジジの要望に添える設定にはなりましたね(笑)


今更ではありますが、Win7のインストールやデジカメの買い換えでHD動画を扱うようになり、それに伴うトラブル?は勉強になりました。
プレーヤーソフトを各種試し、ソフトによって画質やCPU負荷率が大きく違うこと等々。

加えて、ビデオチップのドライバUP DateでBDドライブの書き込みがNGになったり。
読み込み再生はOKなんですけど、書き込みはBD・DVDどちらのメディアでもNG。
古いドライバに戻してOKになりましが、こんなこともあるんですね。

にしてもWin7、WinXPなら普通にできてたことができないって…
まあ、64bit版特有のバグ?もあるみたいですけど。
PDFファイルのサムネイルが表示できないトラブルは残ってますが、ググって解消方法は分かりました。
WinXPはHDDから削除して、完全にWin7環境に移行。

後は使い勝手をWinXPと同様にするか、Win7の流儀に合わせるか?
実際に使用してみて、自分的に快適なのを模索してみます。

|

« たまには | トップページ | 3ヶ月ぶりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/53027443

この記事へのトラックバック一覧です: HD動画ファイル諸々:

« たまには | トップページ | 3ヶ月ぶりに »