« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月23日 (土)

シェイクダウン終わって

シェイクダウンから翌週はレースに投入。
まあ、結果はイマイチでした。
この結果ってのは順位より、タイムの意味で。

バッテリー&モーターをシャシー中心軸に置いたレイアウトで、従来タイプと比べ重量バランスが変わってます。
理屈上はバランスが良いはず。
でも、バランスが変わって、セットのポイントと云うか方向性が微妙に違ってるのか、上手く合わせられてません。

シェイクダウン時にタイムが11秒5まで上がった段回では、それなりに手応えがありました。
レース当日はベストが11秒4とコンマ1秒ほどアップ。
ただ、ややピーキーな特性となってしまって、5分間安定して走行できませんでした。

どうもフロントが突っ込み過ぎ?
その割に曲がり足りないし。
前後のロールバランスがよろしくないのは、見てて分かるんですけどね。
その対策となると…
アドバイスも頂いたので、色々試すしかないです。


で、シェイクダウンからレースまでほぼノーメンテだったんで、ボチボチと。
その前に、やっぱ逝ってしまったこいつを組み込み。

B092
OPのアルミステアとブリッジ。
TA06は、標準の樹脂ステアでもガタが非常に少なく、OPの必要性は低いかも。
でもまあ、気分的な部分と、TA06のOPステアは少し安いため(ベアリングが圧入されてない)フラッと(笑)

B093
組み込み中。
青々してるのもイヤなんですが、適度に青い方がメリハリあっていいかも。

引き続き、メンテも開始しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

7月Kizu月例レース

なでしこジャパン、やりました!!
W杯を日本が取るなんて。

完全に出遅れ(笑)

レース終了後、早朝からTV生観戦。
嬉しかったけど、疲れも倍増(笑)

翌日からはネットでなでしこの情報拾ったりで、RCは帰宅後放置状態。
当然ブログも(笑)


ってことで、
参加されたみなさん、お疲れさまでした。
今回はエントリー少な目。
特にマスターは7名と少々寂しく、決勝はAメインのみ。
予選はグリッド決めな感じ。

使用マシンはちょっと悩みつつも、レースを通してセットを詰められたらとTA06をチョイス。
セットの手助けになるかと、OPのTA06用スタビを投入。
従来からあるTA05用スタビと形状は同じですが、線径が中間に設定されてるためセットの幅が広がります。

B088
この様に従来のH・M・Sの間の線径。
非常に太い(固い)上2本のHは使用機会が殆ど無いと思います(笑)


肝心のレースは、予選・決勝ともブービー。
ブービー位置から上がれませんでした。
順位は自分が刻めるタイムから相対的に決まりますから仕方ない。
そのタイムをシェイクダウン時より上乗せ出来なかったのが残念。

フロントのサスマウントを1A・1Aから1C・1Cへと変更した以外は、ほぼシェイクダウン時と同じ。
しかし、レース前の練習時からハイサイドしまくり。
とても走れないので、細かくセットを弄りながらの予選となりました。

B089

・予選
3ラウンド共、ベストは11秒4台が出てます。
(シェイクダウン時とさして変化無し)
しかし、マシンの動きがどうにも安定せず、タイムのバラツキが大きい。
当然ミスも多発。
26Lに入れられず、ブービーに。

・決勝
ほとんどバトルすることもなく、淡々とブービー位置走って終了。
これではあまりにつまらん(苦笑)
しかも決勝ではベストが11秒6台に落ちてるし。

B090

繰り返しになりますけど、順位は相対的なものなので納得してます。
でも、路面状況が違うとは云っても、シェイクダウン時からタイムを詰められなかったのがちょっと悔しいですね。
動き的にダメな部分は分かったけど、対策が見えてこない。

B091_2

一からやり直し、かな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

TA06 PRO、シェイクダウン

組み上がったTA06 PROのシェイクダウンに行ってきました。
ご一緒したみなさん、お疲れさまです。

この日は何故か人少な目。
久しぶりに空いてて、シェイクダウンをじっくり楽しめました。

B085

ボディはエブロで。
タイヤは5パックちょい10パック未満のそこそこ程度のヤツ。
アライメントのチェック後、走行開始。

第一印象はステア操作に対する動きの反応がイイ。
既に各所でレポートされてるように、ロールしてから曲がり出すんじゃなくて、ステアを切ったらスッと向きが変わる感じ。
ドライブ感覚としてロール感は少ないけど、実際には結構ロールしてる。

またスロットル操作に対しても反応が良くて、グッと前に出ます。
シャフトのTB-03に似た感触。
リアがダイレクトなギア駆動なことや、ピッチ方向の剛性が高く駆動力が逃げてないんでしょうね。

ワンパック目、特性の違いに戸惑いつつも、素性は良さげなんで期待感UP!
動き・反応は良いけど、絶対的な曲がりが足りてないので、セット変更を繰り返しつつ走行。

B086

セットの進捗は一進一退の攻防(笑)
前後サスのアライメントやキャンバー、リバウンドの良さげなポイントを探ります。
スタビは前後タミヤソフトでスタートし、フロントをミディアムに換えたら前が突っ張るのか妙な巻きが発生したり。

しかも、知らず知らずのウチに、劣化タイヤのスパイラルにハマります。
セット出しがメインのため、5分間通しで走行せず短めに切り上げてますが、それでも回を重ねるとそこそこ程度だったはずのタイヤも美味しいとこは終了。
12秒台前半から11秒7,8程度までタイムを詰めた段回で諦め。

皮むきした新品タイヤに交換すると…
そこら中で捲れまくり…
セットを巻き戻すことに…

ハイサイドが収まったところで、タイムは11秒6と状態の良いタイヤの割にはイマイチ。
中速から高速コーナーは結構良い感じになったけど、ヘアピンが全然曲がんない。
ヘアピンに合わそうとすると、バランス的にリア荷重が減ってしまい立ち巻き症状が。
ピンポイントで合わせるのは難しい…

B087
少しでも回頭性を上げる、頭の入りを良くするためセンターワンウェイを投入。
(フロントワンウェイ共々、キットと同時に購入、組み立て時はフロントのみ)
若干、ヘアピンの回頭性が良くなったか?
タイムは11秒5と0.1秒アップ。

ここでシェイクダウン終了。
流石に初っぱなから11秒前半は無理でした(笑)
でも、ハイエンドの416XLとさして変わりないタイムが出てるんで、今後に期待。

来週のレースはどうすっかな?
この日は416XLで走行してないし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

TA06 PRO 完成

05Ver.IIからサス周りを移植したため、マシンそのものは早く完成しました。
が、予想通りと云いますか、メカ搭載・配線で四苦八苦。

ESCの向きをこっち・あっちと試行錯誤。
すぐ横のベルトとギリギリの位置ですし。
一度決めて配線を始めたら無理があって、やり直し。
センサーケーブルも手持ちのじゃ長さが足りない…

バッテリーへの配線はベルトの上から。
ベルト間を通した方が見栄え的には良さげなんですけど、バッテリーへのコネクタ抜き差しを考えたら上からが楽だし、周りとも干渉しません。

B084
完成画像、キレイなうちに(笑)

既にシェイクダウンは済ませてますので、次回にでも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

TA06 PRO、組み立て

既に多数報告があるので、詳細は割愛します。
かなり手抜きしてるし(笑)

手抜きとは?
OP投入を最小限に抑えるためもあって、サス周りは全て05Ver.IIから移植。
なので前後の駆動系を組んだらほぼ終了。

これで、サスマウントはアルミ、サス部品は全てカーボン混の強化パーツに。
当然ホイールハブもアルミ(取り敢えず5mm厚仕様)です。
ある程度使用した中古なんで、本来なら新品で組みたいところですけどね。
資金と時間の節約ってことで(笑)

フロントサスはOFS仕様。
ダンパーは416XLで使用してたTech製ビックボア。
標準のTRFダンパーは組まずに放置。
ワンウェイはフロント・センターを用意してますが、まずはフロントのみから。
リアは標準のギアデフ。
X-GEARのDOT2オイルに、シールグリスたっぷりで。

B082
B083


一通り完成。
組み上がった印象は…

センタートンネル部と前後バルクをステフナーで接続した構造のため、TA05・TB-03のバスタブと比較し、ピッチ方向の剛性は高め。
バスタブと云うより、モノコックシャシー的です。
ロールもバスタブよりは剛性高めですが、ピッチ・ロールの剛性バランスはハイエンドの417・416同様な感触?、昨今のトレンドなのかな?

ステアリンケージがハイエンドと同様でワイパーやタイロッドの位置が低く、バンプステアが最適化されてる?

気になるのはベルトの張りがキツく、テンショナーで調整する必要性がないこと。
リアのギアボックスは精度も良く軽い仕上がりですが、ベルト部分の抵抗が大きい。
初期伸びがどの程度あるのか。

サスアライメントは適当にKizu仕様と、標準セット無視(笑)
これでどんだけ走りますやら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

買ってしまった…

TA06 PRO

B081

タミヤから久しぶりのALL Newってことで気にはなってたけど…
デザイン的な事や、気になる部分もあり、当面様子見を決めてました。
なのに、衝動的に購入(笑)
今週に入って入手、週末にシェイクダウンしたいため、組立はかなり手抜きを予定してます。

OPはフロントワンウェイ程度。
いや、珍しく、つか初めてチタンビスを奢りました。
単にヘックスビスを揃えるのが面倒なだけだったりしますけど(笑)

タミヤ製のミドルレンジバスタブモデルで、RやPROの付くキットは初。
素のキットとどこが違うのか?、興味もあって取説を眺めて見ると…

サスマウントやホイールハブは樹脂、05 Rだとアルミでしたよね?
意外だったのは、細かい部分までベアリング仕様なこと。
例えばステア周りやロッカーアーム、ベルトテンショナーまで軸は全てベアリング。
価格的にRモデルより、若干安価なPRO、ここらでバランス取ってるのかな?

メカ搭載やケーブルの取り回しを上手く纏めるのが難しそうですが、週末に間に合うか?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »