« 準備不足も… | トップページ | ビッグボア »

2011年2月 7日 (月)

ギアデフ

416WE(416XL)には3RACING製のギアデフを入れてます。
安いし、オイル漏れも殆ど無く、お気に入りの一品。
ギアやパッキンがパーツ単位で売ってるのも○な点。

とはいえ、ここ最近の走行で気になる部分がありました。
特に記事中では書いてないことなんですが。

加速時、右や左に持って行かれることが時折あります。
巻くほどではなく、ステア残りの酷い症状みたいな。
1パック中数回発生し、一度出ると怖くて思い切って加速できなくなります。
慎重に握ってると出ないので、そのまま走行してると急に再発したり。

最初はクルマの左右の重量バランスやセットかと疑いましたが、常に出るワケじゃないので?
あれこれ悩んだ挙げ句、もしかしてデフの動作が不安定なのかな?と。

それを解決するためじゃないですけど、もうちょいソフトな動作にしたかったので、タイミング良く発売されたX-GEARのギアデフオイルを導入。
粘度はDOT2を選択。

B027_2

これは当たりでした。
クルマの動きが安定して、加速時の不安定さも解消。
右や左に持って行かれることが無くなりました。
やっぱ、デフの動作が原因だったかと、1人納得(笑)



しかし、これだけでは終わりませんでした。
実は現地でギアデフオイルを購入しオイルの入れ替え作業中、大量に黒い粉のような異物が出てきました。
オイル入れ替え時は気にせずにいたんですが(笑)
まあ、この時点で気付けよって話しなんですが、これは内部のベベルギアの削りカス。

この日の走行終盤、デフの動作にゴリゴリ感があるのを発見。
不思議と走行中はおかしな挙動は無かったけど、デフ内部のベベルギアが摩耗しバックラッシュが過大になってました。
慌ててギアの予備を購入しましたけど、そのまま走行して1日終了。

帰宅後、デフギアを開けてみると…

B028

下側の白っぽく見えるのがすり減ったベベルギア。
ギア欠けまでは行ってませんが、全体的にギアの山が鈍ってました。
減った原因は何なのかな?
バックラッシュが適正ではなかった、そもそもギアの素材がヤワ、等々考えられますけど。
シムを再調整して当面は様子見です。

|

« 準備不足も… | トップページ | ビッグボア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/50798137

この記事へのトラックバック一覧です: ギアデフ:

« 準備不足も… | トップページ | ビッグボア »