« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月27日 (日)

シェイクダウン?

yanaさん、doraさん、N村さん、他、お疲れさまでした。

B041

丸1日の走行で、たいぶEXZESに慣れることができました。
入手してから、夜な夜な手に取って馴染むようにしてましたが、実際に走行してみると違和感バリバリ。
上手く手に収まらない感じで、スムーズにスティック操作できるポジションが掴めない。
何度も指先からスティックが離れて妙な汗かきまくり(笑)
それでも、午後からは違和感も減ってきて…

ウワサのレスポンスや追従性は…イイんじゃないでしょうか。
エスプリIIIと大きな違いは無い、でも確実に違いはある。
これが第一印象。

超速だとか従来の3倍と聞くと、シャアしか使えない?なんて思っちゃいます(笑)
速い=ピクピク感がある、とイメージしがちですがちょっと違いました。
微少な操作にも的確に追従する感じ。
doraさんだったか?10分割から30分割に増加みたいな表現。
これに近いですね。

B042

と、プロポ(EXZES X)は好印象なものの、それがタイムアップには結びつかず。
マシンセットの進捗はよろしくありません。

この日はサスアライメントは殆ど弄らず、バネやダンパー角度メインの調整に終始。
+キャンバーを若干変更程度で。

路面が低めなこともあり、ハイサイドは無いけどイマイチ曲がらない。
タイムもベスト11秒6とか7がやっと。
もうちょい巻き入れて頑張らないと、レースでdoraさんやN村さんに負けるな(笑)
次はこの辺りの調整をと、課題が見つかっただけでも良しとします。

B043

1日、安心して走行できたのは大きいです。
大きなトラブル無くお疲れさん。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

メンテとメカ搭載

画像無しの手抜き(笑)

416XLはベルトの入れ替えと同時進行でメンテも。
更にEXZES Xの受信機を搭載。

ベルト位置が変わったことで、メカ搭載は楽になりました。
ベルトとの干渉にあまり気を遣わなくてイイ。
受信機もKOに比べ大きくなってるけど、キャパシターと並べて搭載可。

ステアサーボは内寄り用のネジ穴を使って固定。
416XLコンバで特徴的だったカーボンのサーボステーは不要となりました。
スッキリしてイイかも。

唯一、コンバ付属のカーボン製ステー(バッテリーのセンター位置決め用)がベルトと干渉してNG。
ここは鉛のウェイトを貼り付け。
バッテリーのズレ防止と、ウェイト積みの兼用。

後はダンパーのメンテ位かな?
これは当日でもいいや。

早めにほぼメンテ終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

EXZES Xがやって来た

プロポの乗り換えを決め、発注した後もあまりテンション上がらず。
でも、現金なもんです。
モノが手元に届いたら、ちょっとウキウキ感あります(笑)
RCアイテムの中でもプロポは大物ですからね。
使用感もガラッと変わるし。

B039

受信機は451。
451Rと迷ったけど、どこも売り切れでした。

B040
さすがにKOの受信機を見慣れてると少々大きめ。
設置面積が倍まではないけど。


早速動作確認を兼ねて接続し、初期設定を始める。
が、サンワってクセが強い?
メニュー項目の移動や設定方法に戸惑う。
バインド設定もメニュー内にある。
こりゃ面倒。

モードやバインドの設定を済ませて動作確認するも、以外な処に地雷が…
何かというと、受信機のコネクタ。

知ってる人は知ってますよね、KOやフタバのコネクタは誤挿入を避けるための出っ張りがあります。
サンワは無し。
なので、汎用コネクタをサンワの受信機に差す場合は出っ張りをカットします。

当然カットして受信機に差すんですが、妙に渋い。
奥まで差したら簡単には抜けない…
とても指先でどうこう出来るレベルじゃない。
やむなく、コネクタの当たる部分を紙ヤスリで削る(笑)

ここで不思議に思ったのが、サンワ純正のコネクタでも渋いのかって事。
サンワ製のサーボを引っ張り出してきて差してみると…
普通です?
サンワ純正コネクタと他とは、微妙にサイズが違うみたいですね。



ってことで、サンワコネクタを買ってきて交換。
しかし、サンワ純正は高いからと、互換コネクタを買ったら見事に失敗。
こいつも渋くて、結局紙ヤスリのお世話に(笑)
次買う時は青いサンワ純正を買います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

ベルト入れ替え

数日前の話ですが、プロポのトラブルで凹み気味な中、発注してたパーツが届きました。
417用のフロントワンウェイ。
416Xのコンバージョンキット付属と同じモノだそうです。
ってことは、416WEにも使える。

B038

都合の良いことに416XLのロアデッキは、ベルトが左右どちらでも取り回せるよう穴開け加工されています。
加えて2.3mm厚の新ロアデッキは、ステアサーボの内寄り搭載が可能なネジ穴もあり。
まあ、メカ類をセンターに寄せて搭載したからといって、即タイムに繋がるとも思えませんがね。
半分勢いです(笑)

ただ、トラブルからプロポの乗り換えを決定したため、資金的に苦しい。
トラブルが分かってたら買ってなかったな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

エスプリ3その後

色々思案の結果、他メーカーへ乗り換えることにしました。

その理由とかを最初ダラダラ書いてたんですけど、読み返して全削除。
なんか、KOのネガティブキャンペーンみたいに取られるのイヤだし。
もとよりそんな気ないし。
KOのサポートは良い対応をしてくれたと思うし、メンテ費も予想以上に安価でした。

自分自身の気分的問題が一番の理由。
メカへの信頼感が無いとRCを楽しめませんからね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

ノーコン

どうも最近プロポの調子が最悪です。
KOさんのエスプリⅢが。
無反応になったりして…

先日の走行中、見事なノーコンが発生しクルマが勝手にインフィールドを走り回りました(汗)
コース脇で見てたチビもどうしたらいいのか分からず右往左往…
ガンガン、フェンスに当たりまくり、普通の走行(クラッシュ)とは様子が違う、とピットから飛び出して来てくれた人も…
最後は裏返った隙に回収できました。

無反応とかあって、メカに対する信頼感が薄れ気味だったところに決定打って感じ?
旧バンドプロポでも滅多に見ないノーコンでしたよ(苦笑)

B035

このトラブル時は不幸中の幸いか、自分1人で走行中だったので他の人に迷惑を掛けずにすみました。
また、マシンの損傷がCハブのみだったのもラッキーか。

この後は走行を継続するか迷いつつ、ノーコンが再現するのか確認したい意味もあって続けました。
結果的には再発せず。
しかし、走行中常にヒヤヒヤで、とても安心して操縦してられません。
当然楽しくもないし。
リアが滑ったり、急な挙動変化があると「ノーコンか?」とビクッとなります(汗)

そんなこんなで、取り敢えずプロポ一式KOでチェックしてもらう予定。
RCを安心して楽しめる状況ではないので、今月の月例レースはキャンセル。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

ヨコモ RシリーズZERO

手持ちの17.5TモーターはKizuオリジナル1個だけでして、何かあったらアウトな状態。
以前から予備的な意味も含め、もう一個手当てしようと思ってました。
今年のレギュが、17.5Tなら何でもOKに変更されたため、同じ買うなら別のをと。

進角調整が無段階で、車載状態で簡単に調整できること、が第一希望。
中々良いのが見つからなく…
気になってたヨコモRシリーズZEROをショップ店頭で発見。
現物を見るのは初めて。

進角はエンドベル側から出来ます。
ハイエンドと較べて価格も少し安価。
そのためかエンドベルは樹脂製です。
結局注文して、走行日に受け取りました。

トルク型の特性でKV値がやけに低い。
加えてコギングがスゴい…
ブラシレスモーターを複数使ったことがあるけど、ここまでコギングが重いブラシレスは初めて。
まるでブラシモーターみたいです。

早速走行してみると…
う~ん、立ち上がりはイイかな?
ストレート後半が伸びないってワケでもない。

B036

この日走行してたマスタークラス他車と比べ、特に遅くもなく速くもなく。
神風17.5Tとの比較では、立ち上がりが明らかにイイ、ってこともないけど、多少前に出る感じ?
元気がイイって表現はこの辺りの印象からです。

タイム的な違いは無かったけど、使用感は随分異なります。
素のKV値が低い分、ESC設定そのままだと3000に届きません。
ESCの進角を進めて合わせました。
またコギングの重さから予想してたけど、ニュートラルブレーキが強い。
ここもESCの設定で程よい転がり感に調整。

走行後のモーターも結構発熱してます。
神風17.5Tだとぬるい程度でした。
っても、ヒートシンクやファンが必要なほどではないかと。
KV値の上昇も殆ど無かったし。
LRP X12+ストスペ2?のクルマと併走しても遜色ありませんでしたから、悪くはないと思います。

B037

KV値やESCの設定含めもうちょい詰めたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

3連休

なので、1日位はとKizuへ。
しかし、大丈夫やろ?と行って、無事に帰って来れたから良いけど、この日の天候で無理は禁物だったと反省。
一昔前、マイカーでスキー場へ頻繁に行ってた頃は装備万全でしたが、今はノーマルタイヤにチェーンも無し、ですから。
天気予報を信じて当たったのはラッキーでした。

B031

注:滑ったとかスピンしたとか、危険な状況になったわけではありません。


さてNewアイテムの期待感もあり、
まずは足りないパーツを買って、Techのビックボアダンパーを組みます。
実は前回ダンパーオイルを買おうと思ってて忘れたため、組むに組めない状態だったんです(笑)
他にも注文していたNewアイテムを受け取り、準備のためハンダ付け作業。
こちらのアイテムは後ほど。

B033

イイんじゃないですか?
ビッグボアダンパーの効果なのか、動きに安定感がある気が。
殆どプラシーボ効果ですかね(笑)

B032

この日は路面があまりよろしくなく、12秒すら切れません。
夕刻から走行台数が増えると改善し、この後はコンスタントに11秒台で走行できました。
ベストは11秒5ですが…

セットの方向性を模索するべく、思いつく範囲でセット変更。
過去に悪い結果だったのは採用し辛いですが、ともかく試してみたり。
また中古と(ほぼ)新品タイヤの比較も並行して。
ひたすらチェック走行。
結果は芳しくないですね(苦笑)

夕刻前からもう一つのNewアイテムを投入しテスト。
これです。

B034
ヨコモ Rシリーズ ZERO
ようやく、2個目のブラシレス17.5T。

何でも相当トルク型に振った仕様らしく、ここがどうなのかちょっと不安。
神風17.5Tと同じESC設定では、KV3000に届きませんでした。
実走した感じは、結構普通かも?(笑)
神風17.5Tより全体的に元気がある?みたいな感触です。

レースに向けて手応えあり、なんてとても言える状況じゃないですな。
で、今月の月例はキャンセルほぼ確定です。
っても、タイムが出ないからじゃないですよ。
別途掲載しま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

ビッグボア

Kizuで流行りつつあるのが、Tech製のビッグボアオイルダンパー。
従来のダンパーよりシリンダーボア径が大きく、オイル容量が増加しています。
基本的にオイル容量が増加して悪い方向にはならないはず。

先日の走行時に使用してる人のを見せてもらい、Oリングを選べばオイル漏れも殆ど無いとか。
調べるとTRFダンパーより安価。
ピストン以外の消耗パーツはTRFダンパーのものを流用できるため、維持費も低め且つ入手が容易。
なこともあり、思い切って導入。

付属のピストンは3穴1.1mmらしく、ピンバイスで1.2mmに広げた方が良いとアドバイスを頂きました。
けど、4個のピストンを均等に加工する自信がなかったため、OPの3穴1.2mmピストンを同時購入。

B029
取り敢えず仮組(オイル未充填)。
手持ちであると思ってた消耗パーツが実は無くて、一部中古パーツ使って組んであります(笑)

TRFダンパーと較べてみると、内径が10mm→11mmと1mmUP。
当然、その分外径もUPしています。

ビッグボア化の弊害もあって、使えないバネがあります。
タミヤバネは×、Tech製でもロングは×、ミドルは○。
バネ内径が14mm以下のはNG。
Techロングが×なのは痛い、これでセットを合わせてたので。

さらにダンパーステーによっては入らない場合もあるとか…

B030
3RACINGのには無事入りました(笑)

バネのこともあるし、セッティングは一度リセットしてやり直しです。
まあ、行き詰まり感もあったので良い機会かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

ギアデフ

416WE(416XL)には3RACING製のギアデフを入れてます。
安いし、オイル漏れも殆ど無く、お気に入りの一品。
ギアやパッキンがパーツ単位で売ってるのも○な点。

とはいえ、ここ最近の走行で気になる部分がありました。
特に記事中では書いてないことなんですが。

加速時、右や左に持って行かれることが時折あります。
巻くほどではなく、ステア残りの酷い症状みたいな。
1パック中数回発生し、一度出ると怖くて思い切って加速できなくなります。
慎重に握ってると出ないので、そのまま走行してると急に再発したり。

最初はクルマの左右の重量バランスやセットかと疑いましたが、常に出るワケじゃないので?
あれこれ悩んだ挙げ句、もしかしてデフの動作が不安定なのかな?と。

それを解決するためじゃないですけど、もうちょいソフトな動作にしたかったので、タイミング良く発売されたX-GEARのギアデフオイルを導入。
粘度はDOT2を選択。

B027_2

これは当たりでした。
クルマの動きが安定して、加速時の不安定さも解消。
右や左に持って行かれることが無くなりました。
やっぱ、デフの動作が原因だったかと、1人納得(笑)



しかし、これだけでは終わりませんでした。
実は現地でギアデフオイルを購入しオイルの入れ替え作業中、大量に黒い粉のような異物が出てきました。
オイル入れ替え時は気にせずにいたんですが(笑)
まあ、この時点で気付けよって話しなんですが、これは内部のベベルギアの削りカス。

この日の走行終盤、デフの動作にゴリゴリ感があるのを発見。
不思議と走行中はおかしな挙動は無かったけど、デフ内部のベベルギアが摩耗しバックラッシュが過大になってました。
慌ててギアの予備を購入しましたけど、そのまま走行して1日終了。

帰宅後、デフギアを開けてみると…

B028

下側の白っぽく見えるのがすり減ったベベルギア。
ギア欠けまでは行ってませんが、全体的にギアの山が鈍ってました。
減った原因は何なのかな?
バックラッシュが適正ではなかった、そもそもギアの素材がヤワ、等々考えられますけど。
シムを再調整して当面は様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

準備不足も…

ロクなメンテも出来ないまま、Kizuで走行してきました。
なので、朝からダンパー組んだりメンテから。

B025

まず、前回レース時のセットで走行開始。
タイヤはレース時に痛い目にあったヤツ。
とはいえ、レース後に走り込んで適度な中古に変身してますけどね(笑)

路面も普通で、走りも普通。
お昼頃まで空いてたため、単独走行でタイム計測するとベスト11秒5にアベも11秒台。
ギリですが26Lに入ってます。
現状のセットだと安定走行に徹して26Lがやっとの感じ。

ここからはNewタイヤを投入し、お古との比較メインで。
今日組んだ新品タイヤは、至って普通?
変な巻きやハイサイドも無い。
レース時より路面が下がってるからか?
やはりレース時のタイヤは外れだったのか?

この後もセット変更してお古と新品で比較しますが、転がり感は異なるものの妙な動きは出ませんでした。
タイム的には、どちらもベスト11秒半ばと変わらず。

B026

夕刻からは走行台数も増え出したため、お古タイヤでチキチキモードにチェンジ。
ラスト近くは楽しく走行できました。
でもタイムを詰めるにはあと一歩足りない感じ。

特にヘアピンの曲がり込みがイマイチなため、早めに減速しないといけないし、コーナーの通過速度自体も遅い。
ここを改善できればベスト10秒台も見えると思うけど…それが中々(笑)

まあ、新品タイヤに対する不安も拭えたし、まずまずの1日。
もっと細かく詰める必要がありますが、次回以降の課題ってことで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

RCもやってます(笑)

まあ、PS3(FF13)に時間取られてたのは事実ですが…

今年初戦の結果を踏まえて解決しないといけないのは、Newタイヤの使い方。
おNewのグリップを生かせず、巻いたり転けたりでは話しになりませんよね。
少し使い込んだタイヤだと安定して走れるってのは情けない。
上手くセットを纏めたいけど、これといって良い案は無く…

時間もなくて、結局最低限のチェックのみの簡易メンテ。
セット変更しようかと思ったらパーツが足りないし(苦笑)

Newタイヤを投入し、様子見がてらの走行になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

ファイナルファンタジー

はい、夜な夜なゲームに勤しんでました(笑)

B024

ファイナルファンタジー13(FF13)です。
PS3のハード性能を出し切った?美麗なグラフィックが売りのRPG。
ドラゴンクエスト(ドラクエ)と並んで日本を代表するRPGですね。

実のところ、PS3を買ったもののRPGをプレイする気はあんまり無かったんです。
理由は、外してつまらなかったらテンション駄々下がりだし(お金が)勿体ない。
逆に面白くてハマっても睡眠時間が減ってつらいから(笑)

正月休みにフラッと覗いたショップで、中古(2000円程度)のFF13を見つけ何となく…
美麗なグラフィックを見たいなってのもあったし、ゲーム好きのクセしてFF・ドラクエの2大RPGシリーズは未プレイ。
これは自分のゲーム環境がPCメインだったからでもあります。



完全に1年遅れではありますが、正月休みからプレイ開始したのですが…
確かにグラフィックは美麗。
流石はPS3といった感じ。

しかし、ムズいのか簡単なのか良く分からん?
冒頭から意味不明な単語連発、自分(主役の操作キャラ)が置かれてる立場とか目的、何をしたらいいのかが全く…?

序盤適当に進みつつ、攻略サイトやレビューサイトをググってみた。
なんせ何も事前知識無しでプレイ始めたので。
すると評価がエラく両極端なRPGであることが判明(笑)
本編クリア後の自分の感想も、合う合わないがハッキリするゲームだな、と。

良いところと悪いところが極端で、均すと平均点なゲーム評価になると思います。
(自分の評価も平均点)
でも、全体的にそつなくまとまってるって意味じゃないんですよ(笑)

バトルシステムは個人的に楽しめました。
戦略性も高いし。
まず、ここが楽しめるかで評価が大きく違ってくるでしょう。

FF13のバトルはコマンド入力式。
が、普通のターン制と違い、リアルタイムバトルです。
コマンド入力にまごついたり、入力ミスしたりすると、あっさり全滅とか普通にあります。
これを助長してるのがやたらと雑魚敵が強いこと。
ヒーヒーいいながら雑魚を倒して、ボス戦まで行くとあっさりボスには勝てたり?
バトルシステムは結構イイと思うけど、バランスが…

興味ある方はググってみてください。
今はクリア後、メンバーの強化をして裏ボス(本編のラスボスより強い)倒すために頑張ってます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »