« New Li-Fe導入 | トップページ | Kizuでレース前の練習走行 »

2010年6月10日 (木)

週末の準備

X4000Li-Fe搭載のため、重量バランスの見直し。
ALF3300より約40g重いため、バラストを減らすと同時に左右のバランスをチェック。
使用ボディが決まってないこともあって、最低重量は余裕を見ます。

Blog919

バッテリー搭載位置は外側へ。
端子位置はリア側にするとアッパーデッキと干渉するためフロント側。
ALF3300の時は若干メカ側が重かったんで、こっちの方がバランス取れてるかも?


加えて、セットも若干修正。
ステアのアッカーマンを変更し、サスマウントも。
サスマウントは走行特性云々じゃなくて、少しでもメンテ性を良くするためと対クラッシュ性向上のためFR・RFにセパレートサスマウントを。
フロントは1C、リアは1XAなのでアライメントは変わってません。

Blog915

続いてスタビも変更。
リアは前回走行時からテック製のを入れてます。
今回はフロントにヨコモBD5用。
テックにしろヨコモのにしろ、タミヤ製に比べて性能がどうとかは別にして、線径が細かく選択できるので微妙なセット出しができると期待(笑)

Blog916

Blog917

少し小技。
サイクロンTC用のスタビパーツを流用。
タミヤのとピロボール・ピロアジャスターの位置が逆になってます。
これの何が良いのかというと、ピロボールにドライバーを入れて簡単にスタビリンクの長さ(高さ)を調整できる点。
スタビの左右の効き調整が楽。
タミヤのでも調整できますが、簡単に調整できるもんじゃないですから。

フロントはサスアーム後部からスタビリンクを取りました。
中からだとリンクの角度が窮屈そう、スムーズな動作を妨げてる気が。
BD5用スタビバー・サイクロンTC用スタビエンドの組み合わせは寸法的にピッタリ。

Blog918

ただ、良いことばかりではなく、サスアーム後方のスタビリンクとステアナックルが干渉します。
このため、フルロックまでステアを切るのは無理。
80%程度の切れ角でしょうか?
もし、フルロック近辺まで必要であれば、見直さないといけません。

|

« New Li-Fe導入 | トップページ | Kizuでレース前の練習走行 »

コメント

バッテリー搭載方法、キレイにまとまってますね。
WEに不満は無いんですが、バッテリー搭載方法は羨ましいです。
タミヤもコンバージョン出しますがX用...

投稿: dora | 2010年6月10日 (木) 08:20

かっこいいですなー。

今度のテストで良い結果が出るといいですね。
現在のKIZUのタイムはどのくらいなんでしょうかね。
私は次回のレースでのタイムで、アンプ・バッテリーと入れ替えを検討中です。

投稿: ヤエン師 | 2010年6月10日 (木) 11:21

着々と進んではりますね~。
ウチはこれからです。
とは言うもののある程度の準備を終えてるので多少、マシだとは思いますが…。
たけ丸さんの記事を見てスタビを付け替えるの思い出しましたよ。(笑)

投稿: yana | 2010年6月10日 (木) 16:08

各々を見ると、かなり曲げるセットに振ってますね。

投稿: 韋駄天 | 2010年6月10日 (木) 16:50

>doraさん
このコンバージョンで一番なのが、バッテリー搭載のシッカリ感でしょうか。
融通の利かない面もありますが、今後バッテリーサイズが決まってくれば問題ありませんしね。
タミヤの、どうなんでしょう?

>ヤエン師さん
カッコはともかく、タイムに期待したい(笑)
ESCは別にして、バッテリーはX3800で十分じゃないですかね?
X4000と放電特性差は殆ど一緒らしいし。

>yanaさん
一気にできない量の作業なんで、ボチボチやってます(笑)
スタビはサイクロンTCの取説を見ると、スタビバーの長さによってはカット要みたいです。

>韋駄天さん
曲がりますかね?
シェイクダウンではもう一つ曲がらない印象だったもので。

投稿: たけ丸 | 2010年6月10日 (木) 17:20

後半で曲がる感じに思います。

投稿: 韋駄天 | 2010年6月10日 (木) 17:36

>韋駄天さん
だとイイ感じになるかも?
期待して走行します(笑)

投稿: たけ丸 | 2010年6月10日 (木) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/48580919

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の準備:

« New Li-Fe導入 | トップページ | Kizuでレース前の練習走行 »