« Kizu月例レース第6戦レポ | トップページ | ブースト機能は必要か? »

2010年6月26日 (土)

ブラシレス混走レースは?

前回のKizu月例レースに参加しての印象とか。

30Tクラスでブラシレスが解禁され、混走の初レースでした。
混走といっても、ブラシレス使用が8割くらいと圧倒的にブラシレスが多かったです。
メンテフリーに近く、ブラシほどコンディションによる差がありません。
楽に、あるレベルの速さが手に入りますからね、みんなこっちを選択します(笑)

気になったのは、レギュのKV値に合わせるためにはブースト機能付きのESCじゃないと厳しいこと。
少なくともESC側に進角調整機能がないと話しにならない感じ。
この機能があるSpeedPassion GT2.0でもKV値の上限は3200~3400ですから調整の余裕はありません。
よくよく考えたら17.5Tの素のKV値は2200から2400程度ですんで、レギュの3600ってのはかなり高目ですよね。

で、自分の使ってるTEAMWAVE製のRB-50はどうかというと、モーター側の進角を最大にすると軽く4000を超えます。
これはブースト機能(TEAMWAVEの呼称はTurbo機能)が付いてるから。

ただ、このTurbo機能はオマケ的なもので、LRP SXX StockSpecみたいに細かな調整はできません。
Turbo機能はオンかオフの二者択一、しかも効くポイントはフルスロットル時のみ。
モーターを空回しすれば良く分かりますが、スロットルを開けていって、ハイポイントになるとスイッチが入った様にキュイーンと回転が上がります。
実走すると、トップスピードはそれなりに伸びてますが、インフィールではまったり。
あんまり速さ(タイム)には貢献してなさそう(笑)


予選・決勝と走行してみて、KV値の差が大きいのかどうか…何とも判断が難しい。
確実に差があるのは事実、でもその差は数値(KV値)の印象ほど大きくない、って感じですかね。

|

« Kizu月例レース第6戦レポ | トップページ | ブースト機能は必要か? »

コメント

こんにちは。
TEAMWAVE製のRB-50、懐かしのどっかんTurboですね。


KVの差は同感ですね、KVよりもブースト効かせてどんと下のトルクでタイム稼いだ方が速いみたいですね。
とうとうブースト無しのレース参加者はYくんのGT2.0と私のTCスペックだけに...

投稿: dora | 2010年6月27日 (日) 08:24

>doraさん
亀レス、すいません。

ブースト機能を、上を伸ばすんじゃなく、トルクを厚くする方向でセットするイメージなのかな?
何かと難しいですね(笑)

投稿: たけ丸 | 2010年6月28日 (月) 02:19

たぶんdoraさんが言いたいのは、太いローター(12.5mmや13.0mm)でトルクを稼いで落ちた回転数をブースト機能で補うということだと思います、もちろん弊害も出ますがね・・・たとえばスタート時のホイールスピンやコーナー出口のプッシュアンダー、発熱とか、使い切れないと意味ありませんしねぇ・・・私の感覚だとブーストなしESCでも27周フラット辺りは出そうですね。。。
ブーストでトルクは稼げませんよ!!doraさん┐(´д`)┌

投稿: おんせん | 2010年6月28日 (月) 10:27

そっかぁ素のKV値から考えると約1.5倍まで引っ張ってる事になるんですね。
下手すると燃えちゃう可能性もあるしESCの設定にも骨が折れそうですね。

投稿: yana | 2010年6月28日 (月) 15:12

>おんせんさん
>yanaさん
レスありがとうございます。
事情により暫く更新できなさそうです。
携帯で長文はきついので(笑)

投稿: たけ丸 | 2010年6月29日 (火) 12:17

超亀レス、すいません。

おんせんさんの解説通りです。

12.0mmの高回転型ローターも出てさらに選択肢が増えましたね。

投稿: dora | 2010年7月 2日 (金) 08:14

>doraさん
もうちょい簡単でもイイと思うんですですけどね(笑)

投稿: たけ丸 | 2010年7月 2日 (金) 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/48634018

この記事へのトラックバック一覧です: ブラシレス混走レースは?:

« Kizu月例レース第6戦レポ | トップページ | ブースト機能は必要か? »