« iCharger 208B | トップページ | T2'007走行編 »

2009年11月 2日 (月)

ブラシレスデビュー

セイキで走行、ブラシレス+Li-Feの感触を確かめてきました。
T2'007の走行特性やセッティングに関してはイマイチだったものの、パワーソース系は大満足。
出費は痛かったけど、それだけの価値はありました。

Blog762
最近お馴染みのセイキ。
とうとう会員になっちゃいました。
細かいけど計算をすると、5回走行したらトントン。
年間、5回は間違いなく来るでしょうってことで。

久しぶりのT2'007なこともあり、トリム合わせしつつそろっと走行開始。
驚くようなパワーでもなく、扱いやすくて良い感じ。
バッテリーがLi-Feで電圧が低めなこと、モーターも13.5Tとストッククラス相当。
レースではライトチューン仕様と混走ですから、ライトチューンを使った事のある人であれば、速度域やパワー感はだいたい想像できると思います。

厳密にはライトチューン相当といっても、バラセル搭載車との比較ですんで、ストレートパック仕様のライトチューンと比べるとパワフル。


走行後の発熱はESC・モーターともに低め。
ブラシモーターより効率の良さを感じます。
さらに、走行後のコミュやブラシのチェックなんて不要ですからね。

Li-Feも充電時、走行後ともに発熱を殆ど感じません。
Ni-MHの熱さとエラい違い。
こちらも効率が良いんでしょう、エネルギーが無駄に熱として逃げてないってこと。

直前に入手した充電器208B。
これもあって、丸1日猿ラジ状態で楽しめました。

Blog764
セルマスターの充電ラックは分解。

一度12A充電した以外は、10Aのバランス充電をメインに使用。
T2'007のセット合わせのため、数周感触を見る程度で走行を止めた場合だと、10分掛かることなく充電終了。
15分ほど走行した後で、20分程度の充電時間だったかな?
ALF3300は3300mAhの容量なので、ランタイムがどの程度か気にしてたけど、ブラシレスの効率の良さもあり想像以上にイイみたい。
この日の走行ではバッテリーがタレるまで走行しませんでした。

ちと長くなりましたので、T2'007の走行編は次回に。
荷物も減るし、猿ラジできるしと、パワーソースはとても魅力的。
これに慣れたらブラシモーターやNi-MHに戻れませんね(笑)

|

« iCharger 208B | トップページ | T2'007走行編 »

コメント

おつかれさまでした。
3300のリフェを使い倒そうと思ったら、やっぱり10Aぐらいの充電が必要ですね。
ブラシレスのパンチはどんな感じでした?
ストレートパック+23Tストックと比べると、やっぱりパンチが弱い気がしたので気になってます。
荷物はかなり軽減できそうですよね。
ウチも見直してみます。(笑)

投稿: yana | 2009年11月 3日 (火) 01:36

お疲れさまでした。
パンチは…ドカンと来るパワー感(立ち上がり)はありませんけど、トップは伸びる感じです。
荷物は、他の仕様も走行となると変わらないでしょうけど、Li-Feのみであればバッテリー1本、充電器も1台ですみますからね。

投稿: たけ丸 | 2009年11月 3日 (火) 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/46656589

この記事へのトラックバック一覧です: ブラシレスデビュー:

« iCharger 208B | トップページ | T2'007走行編 »