« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月29日 (水)

デカッ!!!(かったらしい…)

この夏、最大の話題(大袈裟)なのがお台場ガンダム。
ってことで行ってきました、見てきました。

Blog717

嫁さんとチビが、ですけど(泣)
休暇や旅費のからみもあり、夏休みの予定はこれだけじゃないので親父は泣く泣く断念。
行きも帰りも新幹線に乗って、それもN700系と500系指定で(笑)
チビには良い夏休みの思い出になったかな?
なってるといいけどね。

Blog718

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

またボディ作成

Blog714
今更?な感じのスープラGT(笑)
SC430の痛みが進んでるため、次のをと考えて3ヶ月ほど前に購入してました。
ダラダラと塗らずに今に至るわけですが(笑)
デザインはいつものパターン。

このデザインにも随分と慣れました。
最初のガライヤ・NSX2007の頃はフリーハンドでマスキングカットしてたため、時間が掛かりました。
SC430・LX-250の頃からマスキングテープや塗装順を変更し、だいぶ楽に。
先日のインプレッサGT、今回のスープラGTは慣れもあって、マスキング時間がかなり短縮されてます。
マスキングはボディの凹凸度合いで掛かる時間が変わってきます。
このスープラはタミヤボディの割には平坦で楽でしたね(古いボディだけにモールドが甘いとかあるのかも)。

もうちょい早く完成してれば今日走行できたのに残念…

Blog715
全体の形状はSC430似かな?
特性も似た感じだとありがたい。
もしスープラで外したら、次はSC430を買います(笑)

端に写ってるのはNSX2007。
標準ウイングを付けましたので、こいつも次回テスト予定です。


Blog716
ダンパーはフルバラメンテ。
チタンコートが剥げてたピストンロッドを交換。
コートが剥げるとスムーズさに欠け、オイル漏れも酷くなりますね。
オイルを入れて組むのは走行の前日にでも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

メンテの続き

アルミサスマウントを組み込みつつ、先日のチェックでメンテ要だった部分にも着手。
画像はありませんが、デフやフロントワンウェイを組み直し。
ここは、南茨木の走行(カーペット路面)の影響で汚れが酷く、やらざるを得なかった(苦笑)

Blog712
カスタマパーツを入れたモーターマウントも取付。
外した際に、バスタブフレームを一部削ったりしてます。
仕上げはキレイじゃないですが、ピニオンの脱着や、モーター固定ネジの取付は楽になるでしょう。

ダンパーも全バラ要なのでメンテ終了まではまだまだ…
ボディも週末に間に合うかは微妙な雰囲気だし。


Blog713
それとモーターも久しぶりにメンテ。
でも調子を崩したまま戻って来ません。
モーターメンテはどうも苦手。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

早速、組み込んでみる

分割アルミサスマウントは、1D(1XD両用)と標準の樹脂と同じ1A(1XA両用)の2種を購入。
1Dはフロントトレッド拡幅目的。
1Aは標準の樹脂と同じサイズなので、純粋にOPとしてリアの前側に使用(トー角に変化無し)。

Blog710
見づらいけど、フロント。

Blog711
こちらリア側。
ここがアルミになると何となく締まりのある気がする?(笑)

マウントの交換はバルク類を外す必要がないため、楽になってます。
メンテ性は良好と言ってイイかと。
また当然というか、そうじゃないと困るんですが、精度も上々。
特にサスボール穴の精度が良く出てる様子で、サスの横方向へのガタが標準の樹脂と比べハッキリと減りました。


先日購入したサス周りのパーツ、実は初めて購入したのがあります。
それら含めて組んだのがコレ。
Blog709

サス周りのアッセンブルって感じ(笑)
全て強化樹脂のショートリバサスです。
ver.IIはキット標準で組んでますから全て柔系。
形状同じで強度(正確には硬度?)差でどこまで走りに違いが出るのか?変わらないのか?

次回走行時にフロントだけ、リアだけ、入れ替えてテストしてみようと思ってます。
実はタミヤ車をTA05、TB-03と使ってきて、サス周りに強化樹脂パーツを入れるのは実質初めて。
(TB-03のフロントにCハブのみ強化を入れたことがあるだけ)
キットを組む時から強化パーツで、って人もいます。
でも、クラッシュに弱いというか、脆い印象が強すぎて今まで手を出せず。
といいつつ、TB-03の時から全交換したら違うのかな?と興味もあったし今回思い切りました。

次回のKizuは8月頭を考えてたけど、何だかレース開催らしいウワサ。
前倒しで今度の土日かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

パーツの買い出し

メインはTA05 ver.II用OPの分割アルミサスマウントですが、他の消耗パーツ等々買いにタム尼まで行ってきました。
しかし、ここに来るといつも散財しちゃいます(苦笑)
っても、何万も使うワケじゃないですよ。
タミヤ・HPIなどパーツが安価なこともあって、つい余分に買い込んじゃってレジでビックリのパターン(笑)

Blog706
メインのマウントは無事ゲット。
しかし、1Dが残り1個でヤバかった…

Blog707
サス関連のパーツとか。

Blog708
メッキの割に安価だったのでつい…
いや、チビがドリフトやってみたい雰囲気なんで、その準備に(笑)
だから散財するってか。
画像に無いパーツも買ってるしね(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

南茨木&カスタマ

朝から半日走行予定 のはずが…
寝坊や諸々あり、家を出たのが昼過ぎ(汗)
ぱすたんさん、yanaさん、急遽来られたあやまっくさん、お疲れさまでした&あまり時間がなくてすみませんでした。

手早くピットを広げ、早速走行。
この日は各自モーター等の仕様がバラバラ。
適当にギア比やハイポイントの設定を合わせてチキチキモードで。

TA05 ver.IIは540モーター仕様ですが、ギア比を6.4までしか落とせなかったのもありストレートが伸びすぎ。
ハイポイントで合わせるとタダでさえアンダーパワーの540、コーナーの立ちも元気がなくて終始タレたバッテリーで走ってる感覚に(笑)
最後にはピニオンを買って、7.1にしたところ良い案配だったかな。
Kizuのハイグリップとは趣が異なりますが(グリップ剤も禁止)、基本クイックな動きで良く曲がる印象です。

半日まったり気味に楽しみました。
また機会があればよろしくお願いします。
画像撮り忘れてテキストオンリー(笑)


そしてコレ。
ぱすたんさんから無事引き取りました。
代理購入ありがとうございました。

Blog704
ブルーアルマイトがパーツによって微妙に色合いが異なるのはご愛敬?

Blog705
バラすついでもあるし、速攻で組み込み。
金属製のシャフトストッパーは必須としても、他は見栄え系かな?
これでver.IIのちょっとな部分を一つ解消できました。
もう一つはバスタブの加工要。
来週末にでもやろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

メンテとチェック

シェイクダウン後、メンテというよりサラッと各部をチェックしました。
必要があればメンテ実施で。

Blog701
ver.IIだからではなく、TA05は簡単にデフ(あるいはワンウェイ)へアクセスできます。
バルクのネジ4本外すだけ。
これがTB-03だとステフナーを外さないとバルクが外れなかったので面倒でした。
05は楽だわ。
何でTB-03はあんな構造だったんだろ?

デフはちょっとスムーズさに欠けてる感じ。
要メンテでした。
バルクが開放されてるのも一因かな?

Blog702
ver.IIで楽になってるのが、スパーやセンタープーリー周りのメンテ。
イモネジ1本緩めるだけでセンターシャフトを抜くことが出来ます。
スパー交換とか楽そうですね。



それから、ステア系のブリッジに関して。
当初TA05用のOPブリッジでOKみたいに書いてました…
が、ネットを徘徊してると、使えるけどver.II標準とは形状が異なるらしい。
確認してみました。

Blog703
本来ならバラしてブリッジ単品で比較すればもっと分かりやすいと思います。
面倒だったので(笑)

パッと見、素TA05に対してver.IIのブリッジは、
ステアリンクの間隔:これは同じです、
ステアリンク軸に対して、タイロッド用のピロボール位置が内寄りで、かつ前進してます。
縦横とも2mm程度かな?
これはアッカーマンが微妙に変わることになります。

ただ、微妙な差なので、走行特性にどれだけ影響するのかは分かりません。
TA05用をわざわざ買って入れる必要はないでしょうね。
ver.II用として出るでしょうし。
手持ちであるなら試しにどうぞ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

インプレッサGT

TA05 ver.II ファーストリリースのボディはクスコ インプレッサ。
GT系ボディってことでいいのかな?
WRCのインプ2008含めて好みのデザイン。
これで走行特性も良ければ文句無し、なんすけどね。
中々ウマくは行きません(苦笑)

Blog700

まずはver.IIのシェイクダウンを、ここ最近の標準ボディであるSC430で。
若干インリフトが激しいためセットを変更し、普通に走行できる状態にしてからインプGTへチェンジ。

う~ん、やはり重心が高いのかロール多目。
抑えたはずのインリフトが復活(笑)
ウイングがボディ付属のだとリアの抑えが不足気味、ストレート後の高速コーナー、計測ライン後のヘアピンでリアが流れます。
安定性が不足してるため、ステア操作がとてもシビア。
明らかにプロポのステア操作量が減りました。

かといってフロンがグッと入る感じもなく、Kizuではあんまりメリットのあるボディとは思えません。
重心の高さとダウンフォースの少ないデメリットばかりが目立つ結果。
それでも次回はOPウイングを装備して再挑戦してみます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

シェイクダウン

TA05 ver.IIをKizuでシェイクダウンしてきました。
お付き合い頂いた方々(省略してすみません)、ありがとうございました&お疲れさまでした。

Blog697
もうちょっと路面が安定してくれると、そこそこドライバーには有難いですね。

結果から書くと、普通に走りましたよ(笑)
ベストは11秒24、TB-03のベスト11秒2と遜色ないタイム。
最初からこのタイムなら文句言えませんね…
ただ、素TA05は11秒08が出てたりします(苦笑)
加えて刻々と変化する路面グリップに対応できず、夕刻頃から夜にかけタイムがじり貧になる悪癖は解消できてません。
自身のスキル不足が原因とはいえ、若干自己嫌悪気味…ふぅ…

Blog698
走行前のキレイなうちにパチリ!
この日はボディの違いを確認したいこともあって、これら以外にガライヤ・NSX2007と4枚のボディを持ち込んでます。

さてver.IIの感触は?
TB-03と比べ、スロットルオフ時の減速感が強めでコーナー初期の入りも良い感じ。
でも曲がるからといってタイトなラインを狙うと転ける…
転けないようなセットを施すとダルで曲がらん…
この辺りのバランスが難しいのはTB-03・T2'007と変わりませんね。

バスタブがナロー化され、バッテリー位置が少し前寄りになった効果は不明(笑)
05IFSオーナーなら違いを感じられるかも?
モデル名は05ver.IIですが、実質的には05IFSのナローバスタブ化ですので。

Blog699
こうして画像を見るとスマートになった印象を受けます。

セット的には、
フロントアッパーアームのバルク側取付位置を一番内側に。
フロントハブを6mmとしてトレッド拡幅。
これでほぼ転倒は回避できました。
トレッドは、ハブじゃなくてサスマウントで拡幅した方が良い感触(経験的に)なので、早くOPのマウントを入れたい。

ボディを取っ替え引っ替え交換してたため、セットを弄る時間が限られてしまいました。
次からはボディを固定してセッティングに集中したいですね。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

ver.II製作記 完成

突貫作業で何とかボディも完成。
週末に間に合うか微妙で慌ててたのもあって、マスキングやステッカーにアラが目立ちます。
もうちょい、じっくり出来れば良かった…

Blog695
デザインはいつものパターン。
サイドのラインは今回シャンパンゴールドアルマイト(タミヤ)。
半値以下でバーゲンしてたので試しに買ってみました。

それにしても夕刻からの雨は予想外。
お隣の、今は空き家のピットスペース(10数台分ある)で塗装(笑)

Blog696
シャシーも気になる部分(モーターマウントネジのサービスホールにビスが通らないとか、バスタブのリブに干渉してピニオンが抜けないとか)はあるけど、加工は時間のある時にでも。

週末のシェイクダウン準備完了。
分割サスマウントの発売がまだなので、フロントトレッドを広げられないのが痛い。
Kizuで普通に走行できるかが唯一の不安…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ver.II製作記その4

メカ搭載も終わり形になりました。
ARCやLapViewのポンダーも搭載したため、受信機周りの配線がいつもの様にグダグダ。
もうちょいキレイにまとめたいとこです(苦笑)
この辺りの処理は性格がでますね(笑)
Blog691

困ったのは、850アンプの受信機へのケーブルが微妙に短く届きません(汗)
モーター上を通してもモーターに当たる…
結局延長ケーブルを使って余裕を持たせました。

Blog692
片持ちセンターシャフトがメカスペースを喰ってるため、パッと見狭い感じがします。
それでもロープロサーボを使えばフタバの受信機でも平置きできる最低限のスペースは確保されてます。


細かい部分では…
TRFダンパーとスタビはTB-03から移植。
ユニバのシャフトも1組だけ46mmの手持ちがあったので、フロントだけ交換しました。
リアは取り敢えず様子見。

完成して全体を見渡すと、バスタブの幅はほぼTB-03と同じ。
正確には2mm程度ver.IIの方が広いか?
素05と比べれば10mmほどナロー化されてます。
バッテリー位置も5mmほど?前寄りに。

Blog694

ナロー化や、バッテリー位置の微調整がどれだけ走行性能に影響してるのかな?
シェイクダウンが楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »