« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月26日 (木)

ギアボックス

毎晩少しずつメンテを進め、一通り終了。
最後は前日にダンパーメンテで締めって感じでしょうか(笑)

長い間スルーしてたデフをメンテ。
ゴリってたワケじゃないんですが多少スムーズさに欠ける感じでしたし、あまりにスルーし過ぎで何時からメンテしてないか不明。
さすがにそろそろと(笑)

デフを含めたリアの駆動系は信頼感があってイイです。
これまではほぼトラブルフリー。
同じ構造のフロントは何度かギア欠けしてるため気を置けませんがね(笑)
Blog588

デフはデフルーブが完全に飛び、スラストのグリスもヤバい状態。
それでもスムーズだったのは、密閉型ギアボックスのメリット大です。
セラ玉やOPアルミデフジョイントの精度の高さもあると思います。
(もうちょいメンテが遅かったら、グリス切れでスラストベアリングが逝ってたかも?)

メンテしたデフは極めてスムーズな動きに!
ここまでスムーズ&滑らかなデフは初めてかもってくらい。
走りの差が出るんでしょうかね?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

メンテとセットと

週末はレース?それともまったり走行?
と考えた末、レースってテンションじゃないのもあってまったり走行が決定的。
土曜はKizuでのんびりの予定。

まったりでも走行が決まれば最低限のメンテは必要ですし、少しずつメンテしつつ、セットのブレークスルーポイントでもないかと眺め回したり(笑)
セットは地道に詰めてくしかないですよね。
いきなりタイムが上がる魔法のセットなんかあればいいけど(笑)

それでもシャシーを見てて、フロントサスの前開きは標準に戻しました。
もう1点、気になってるのがIFSのリンク関連。
正直、どの状態が良いのかさっぱりなんすけど、基本はサスアームの動きに対してリンク(やダンパー)が効率良く動く方が良いのかな?とか。

メンテしてて、こんなの発見。
Blog587

アルミサスマウントが見事に変形してます。
既に外してパーツボックスに入れてた一つですけどね。
外す時にも全く気が付いてなかった。
416・TB-03用の新しいドットマウントはより軽量化されてる反面、弱いと聞きましたが…
補充しとかないと。

それから、ギアボックス(ベベル&リングギア)へのグリスアップ。
シャフト車のベベル&リングギアへのグリスは塗る派・塗らない派と宗派があるようです(笑)
シャフト全盛の時代にRCってなかったこともあって、どちらがどうとか全く知りません。
先日、シャフト時代は定番だった?と聞いたこともあって、試してみました。

画像はありませんが、ボールデフルーブを塗ると良いらしい。
考えてみれば、デフルーブも滑りと潤滑の微妙な特性を併せ持ったグリスですし、ベベル&リングギアには良いのかも?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

小物で小細工その2

小細工その2はセルマスター。
こっちはホントに小細工というか、拘る必要があるのかって内容(笑)

セルマスターのファンを交換し静音化を施してます。
これまでの使用では特に不具合はありません。
ただ、3端子のファンに交換したこともあって、基盤の2ピンに接続するため2ピン端子への変換ケーブルを使ってます。
結果、総ケーブル長が長すぎ、セルマスターの筐体内でとぐろ巻いてます(笑)
筐体を閉じるのに抑え付けてる感じがどうもイヤで。

簡単にファンのケーブルをカットして、同じく変換用の2ピン端子もカットして半田付けすりゃ解決なんすけどね。
でも変なとこで拘りが出ちゃって、同じ2ピン端子にするなら素の2ピン端子で処理したいと。
PCパーツ屋だと、2ピン端子の変換・延長ケーブルはあっても端子単独では売ってません。
バナナジャック同様、日本橋の電子パーツ屋でゲットしてきました。

Blog586
ホントに気分的なことですが、スマートに接続できて私的には満足(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

小物で小細工

先週、日本橋まで足を伸ばし電子パーツ屋で小物をゲット。
こんなのです。
Blog583

何をしたいかというと…
完成画像。
Blog584

ABCのEX/DS放電器の使い勝手を良くしたいなと。
本体にバナナジャックを仕込んで、コネクタを交換できるように。
元はクリップ端子が直付けになってます。
これは汎用性を考えた結果でしょうね。
でも、ストレートパック(タミコネクタ)メインだと、接続が面倒。
時折逆接しちゃったり。

なもんで、クリップをカットしてタミコネクタに変更を考えましたが、クリップを使いたいこともありそう。
その際、タミコネクタで変換してクリップ付けるのもスマートじゃないし。
できるなら、本体部に何かしらのコネクタを設置したかったため、バナナのメス端子を探してました。
使用時はこんな感じに。
Blog585

ABC EX/DS放電器について、追ってレポの予定がスルーしちゃってますね(笑)
電源不要で満充電状態からの放電も可能と、使い勝手は良好。
欠点は、筐体のデカさと放電が浅いことでしょうか?

放電の設定は、放電開始電流(MAX10A)と放電終了電圧が設定可能。
放電終了時の電流値は放電器の判断でオートカット。
1.2A~1.4A程度で放電終了しますから、良くある1A放電器より抜けは浅いかもしれません。

放電電圧5.4vだとGP3700が定格入るか入らないか微妙。
少し深めの放電となるよう、最近は5.0v設定にしてます。
これだとGP3700で定格より少し入る感じ。
放電後は即充電するなら、過放電の心配もないと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

TB-03リセッティングの成果

セットの迷宮にハマった感のあったTB-03ですが、取説準拠に近いところからセッティングし直し良さげな方向に向いたみたいです。
更なるタイムアップを狙うにはまだまだと感じますが、現状の状態がこれ。

先日のKizuでの最終的なセット。
モーター:GTチューン
ギア比:5.1~5.3
タイヤ:ソレックス32R、インナー:ExtremeミディアムVer.2、ホイール:Extremeディッシュ
グリップ剤:マイティグリッパー2、フロント7分~8分塗り、リア全塗り
ボディ:タミヤSC430標準、OPウイング

フロント周り
ワンウェイ仕様
サスブロック1C-1XA:2度前開き
バネ:タミヤ青
ダンパーオイル:#40
スタビ:黄(ミディアム)
ロッカーアームスペーサー:2mm
ホイールハブ6mm:片側1mm、トータルで2mmトレッドプラス
リバウンド3mm
車高4.5mm
キャンバー1.5度
アッカーマン:ナックル内側

リア周り
センターワンウェイ仕様
サスブロック1XA-1D:リアトー2.5度
バネ:タミヤ黄
ダンパーオイル:#35
スタビ:赤(ソフト)
ダンパー位置内側から2番目:標準より一段寝かせ
リバウンド2mm
車高4.5mm
キャンバー1度
アッパーアームアップライト部に1.5mmスペーサー

その他は取説準拠(のはず)

あくまで、私個人の感覚でセットしたものであり、コピーされて走らなくても責任は負いません(笑)

シャフト車ではリアを固める方向が定番的に語られることも多いようですが、このセットはベルト車の定番的な方向だと思います。
TB-03を買った当初からセットを詰めてて、スロットルオンオフに対するリアの動きが気になり、リアをよりハード方向にセットしてました。
スロットルに対するリアの反応が良く感じたのも一因です。

ここから一旦リセットし、コーナーで素直に曲がる方向を模索し現状がこうですよ、と。
以前に比べ、ドライブの仕方も変化してるのかな?
リアがソフト傾向でも動きが気になりません。

マシンの特性なりにドライブした結果が、ベスト11秒半ば、アベレージ12秒前半ですが、もう一歩タイムを詰めるにはセットの改善が必要ですね。
もっと曲がる方向に、且つ失速せずコーナーを抜けられるように。
無論、お手々の改善も含めて(笑)

当面の目標はベスト10秒台、アベレージを11秒台に持って行くこと。
相当高い壁と感じてます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

常識?

TB-03のサス周りは、標準パーツだと樹脂がソフトで破損率が低いメリットがあります。
反面、ソフトなのが災いしてネジ山が舐めやすいデメリットも。
ダンパーポストは強化樹脂に交換して対策。
サスアームやアップライトも同じく交換するか迷いますね。

ネジ山が舐めてしまって交換を余儀なくされたアップライト。
サスアームもダンパーピボットが舐めてて、本来なら要交換。
しかし、セコい根性が発揮され延命処置を施しました(笑)

Blog579
サスアームのダンパーピボットやアップライトのアッパーアーム取付部は、ネジ付きのピロボールを使います(取説通りなら)。
でもシムを入れたりすると、ネジ込み量が減るため舐める率がグッと高くなります。
そこで、ホーロービスを使ってピロボールを固定する方法に変更。
シムを入れる前提ならこっちがデフォで、最初からこう組んでるよと指摘されるかも。
ネジ山を舐めてたサスアームもホーロービスで奥までネジ込んだらKizuで1日大丈夫でした。


ここんとこ毎週ペースでRCってましたけど、暫しお休み。
この間、じっくりメンテに専念します。
走行中の異音(とういうかギア鳴り?)が大きめなのが気になるので、駆動系のバックラッシュとか再確認しないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

やっぱり青くなるのか

タミヤ車は(特にミドルクラスのは)、OPを入れだしたらキリがないしお金も掛かる。
なもんで適材適所を心がけ、過度なOP投入は控えてます。
しかし、結局コレを入れちゃいました(笑)
Blog581

ノーマルのガタの多さに参り、ステア系のOPを心待ちにしてた時期も(笑)
カーボンリンクのみで大凡のガタは取れてたし、こっちはあんまり入れる気はありませんでした。
しかし、今回お値打ち価格でしたのでつい…

組み込みは取説無視で(笑)
だってガタを最小に調整しようとすると、取説のやり方では無理というか難しい。
0.1mmや0.2mmのシムを入れ替えつつ、結構時間掛かりましたよ。
最終的に、よりガタは減ったかと。
さすが高価なパーツだけのことはあるか(笑)

ぱすたんさんのブログで、日本橋のスーパーキッズランドにてTB-03の一部パーツが限定特価なのを知りました。
半額なら欲しいと思いつつ、足代考えたら微妙だしやっぱりスルーかな?
でも行く予定してた関西ラジコン市は堺筋本町。
日本橋まで近いよな?
電子パーツ屋を覗きたいのもあって行ってきましたと(笑)

しかも先月配ってた10%オフチケットを適用できるため、実売は半値を少し下回ります。
それも手伝って、これらも(笑)

Blog580
カーボンダンパーステー(リア)は、強化樹脂を入れたばかりなのに…
組み込みは新規ボディ製作時になりそう。
アルミスパーギアホルダーなんて、センターワンウェイを入れてる限り不要。
それでも実質約300円ですからね、思わず…
半額は破壊度ありますわ(笑)

他にも中々見つからなかった、カスタマ扱いのウレタンバンパーを発見。
まだバンパーとしては機能してるけど、見た目的に痛々しいし交換したかったパーツ。

Blog582
やれたバンパーを交換すると気分的にもNewシャシーぽくってイイですな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

関西ラジコン市

Blog576
毎年この時期に開催されてるのは知ってたけど、これまで行ったこと無し。
初めて行ってみました。
規模とかまあ想像通り。
でも結構人が多くてビックリ。
もっと閑散としてるかと(笑)

チビはデモのRCバギーを操縦したり。
戦車のRCを操縦したかったようで、ブースの兄ちゃんに操縦したい光線をバリバリ発してました(笑)
操縦できませんでしたがね(つか操縦デモはやってないみたいで)。

パーツやキットもバーゲンされてて、デカい荷物を抱えた人多数。
丹念に探せば掘り出し物があったかもですが、人の多さやチビの腹減りモードもあって早々に退散。

地下鉄への道すがらパシャリ!
特に意味はないです(笑)
Blog577

携帯のデジカメでも光量が十分ならそれなりに写りますね。
Blog578

この後は久しぶりに日本橋へ。
通天閣までぶらぶらして。
「だるま」は有名になりすぎ?行列ができてました。

でも目的は電気屋街なのでそそくさと移動(笑)
電子パーツ屋を覗いて前から欲しかった小物をゲット。

そして、ジョーシンのスーパーキッズランドへも。
ウワサには聞いてたけど初めてです。
RCフロアはヘタなRCショップより品揃えがイイかも?
価格は別にして、こんなショップが身近にあったらと思います。
某所で知ったパーツをゲット。

日本橋まで足を伸ばした甲斐がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

タイムを詰めるのは難しい…

先週に引き続きPRO SPEED Kizuにて走行してきました。
この週末はインテックスでタミグラが開催されているためか?エラく人が少な目。
夕刻からの走行タイムまでグリップは一桁、ドリフトもちらほら程度でした。

Blog575
窓から見える景色はまったり…

前回から微修正した(つもりの)セットで走行開始。
おニューのGTチューンはまずまずの調子で立ち・伸びとも十分。
チェックの1パックを走り、2パックめ以降は常にラップ計測しながら走行しました。
操縦してる感覚とタイムが一致しないことは多々ありますから、いい目安になります。

ネットで情報を拾ってると、相当ハイグリップ路面になってるらしい。
けどこの日は?
先週と変わらんような…
滑るワケじゃないけど、ちょっと拍子抜け。

早い段階でベスト11秒後半、アベレージ12秒半ばが出ましたがここからのタイムアップが中々思うように行かず。
あれこれセット変更しつつも、11秒後半が数回程度。
空いてるのもあって、ほとんどクリアラップなんすけどね(笑)

タイヤは終日ソレックス32R、前半はインナーソフト(先週使ってたの)、後半はミディアム。
ミディアムインナーでもグリップに差は感じませんが、コーナーをスムーズに抜けられる気が?
ベスト11秒半ば、アベレージも12秒前半と若干タイムアップ。

しかし手詰まり感もあるため、気分転換にフロントサスをIFSから一般的なダンパーステー式に変更。
どれだけ違うか…
走ってみると、プラシーボ効果か?フロントの入りが良く感じます。
こりゃイイ、と思ったもののタイムはIFSと差異無し…(苦笑)
バネ等、サス形式以外は全く同じなので、詰めれば違ってくるかも?

ちょっと考えた末1パックでIFSに戻し、こちらでセットを詰めることに。
詰めた結果は、ほぼこの日の朝一セットに戻ってます(笑)
リアアッパーアーム、アップライト側に1.5mmのスペーサーを入れたのが違うくらい。
Blog574

ラストパックはピニオンを1枚上げて、伸び重視に。
実際、トップは伸びてました。
けど、タイムアップを狙って焦りすぎか、操縦が荒くなってしまって意味なし。

本日のベストは11秒44、ベストアベレージは12秒10でした。
高速コーナー後のヘアピンはクリップに付けられる回数が少ないし、中速S字もスムーズに繋げられずグキ曲がりが多いので、お手々であと0.2か0.3は詰められそうな気がします。
ただ、大幅なタイムアップ(ベスト10秒台とか)は根本的なセットを見直さないと難しい感じ。


夕刻からおんせんIFS-Rさん、クロアプさんのお二人(で合ってますよね?)がピット訪問、doraさんが走行に来られ、雑談含めて有意義な時間が過ごせました。
次回は一緒にチキチキやりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

不具合箇所のメンテ

この週末もKizuに出撃を予定してまして、TB-03やモーターのメンテなぞ。

Blog572
全く回らずお亡くなりになった模様のGTチューンをチェック。
画像では分かりずらいですが、ブラシには帯状のスジが。
コミュも同様で、深めのキズになってます。
コミュのクリーニングや、低電圧で30分程度慣らしても状態は変化無し。

モーマスで測定すると17000rpm程度。
ライトチューンの例もあるし、実走してもダメかも…

ここは年初の洛西バーゲンで買った新規のGTチューンを投入します。
軽く30分の慣らし後測定すると約19000rpm。
まあ、普通ですね(笑)

Blog573
TB-03の方は、現地にて急いで組み込んだセンターワンウェイ周りをキチンと調整。
ギアのバックラッシュが多目だったため、シムの調整で合わせます。
それと、あやまっくさんから指摘のあったワンウェイ部のガタ調整。
センターシャフトにOPのアルミユニバを入れてると、本来はカップ部のスポンジでガタ調整は不要なんですが…
センターワンウェイの構造上、センターシャフト後部(カップ部の短いシャフト:スパー側)が前後に動くためスポンジを入れて規制する必要があります。
現地では赤スポンジ1個入れましたが足りない様なので、適当にカットしたスポンジを追加。

さらに…
サスアームのダンパーピロ部、半分抜けてますね(笑)
ここもサス側のネジ山が潰れてます。
瞬着処理では持ちませんわ。
手持ちにノーマルサスアームがあるので、取り敢えず交換かな。
ここも強化樹脂、というか普通のショートリバサスを入れた方が良さげです。

その他、駆動系は触診しつつ各部をグリスアップ。
ダンパーは前日にメンテで準備完了かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

久しぶりにバタバタ

先日のPRO-SPEED Kizuでの走行は、細かいトラブルもあって結構ピット作業が忙しかったです。
記事にもあるように、GTチューンの不調とか。
他にも、現地で組み込んだセンターワンウェイ。

当初はサクッと交換して違いを確認するつもりが、意外や交換に手間取りました。
ベアリングやシムなどリアシャフトから外して移植しないといけなかったので。

加えて久しぶりに各部が破損…
ネジ山の潰れを、瞬着流して応急処置してたリアアップライトのピロ部。
瞬着処理だと持たなかったみたいで(当然か)、軽いクラッシュ後に抜けました。
結局左右とも破損し、手持ちの標準パーツと交換。
ネジ山の潰れを考えると、強化樹脂パーツに換えた方がいいかも。
Blog571

最後はシャフト定番のフロントベベルギア。
走行しようと、動作確認のためスロットルを軽く入れたら「ガリガリ」と異音。
余ってたというか、もう使わないからと、ヤエン師さんから1個譲って頂きました。
ありがとうございます。


さて、センターワンウェイの効果は…?
フロントの入りは多少良くなった気が。
プラシーボ効果かもしれませんけど(笑)
逆に入れたから安定感がイマイチとかはありませんでしたので、当面フロント・センターワンウェイをデフォの予定です。

それよか、一番に気になるのはタイヤやインナーの選択・使いこなしですね。
今回、タイム的に伸びなかったのは、セットとタイヤ・インナーがマッチしてなかったのが一因と考えてます。
対策は脳内妄想・検討中なので、実際どうなのかは走行して試してみないことには…
ここらの課題を対策できれば、セットの理解も進むと思うんですけどね…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

PRO-SPEED Kizuにて走行2回目

土曜はPRO-SPEED Kizuにお邪魔し、丸1日がっつり走行。
走行はお腹一杯ですが、結果はなんだかな~って感じ。
TB-03に掛かりきり、T2'007の出番はありませんでした。

マシンの動き的にはそこそこセット対応できて、曲がりも良くなってる感触だったのに、タイム的には全く向上せず横ばい状態で1日が終了。
タイム計測しなかったら、気持ち良く走行して楽しめました!で終わってたかも(笑)

先週、短時間ながら走行してざっくりセットは出てるので、その続きのつもりで走行を開始。
フロント周りを主にセットを微調整し、コーナーもそれなりに走れてるんじゃないかと。
タイムはどの程度?と計測してみます。

GTチューン仕様で、12秒3,4位のベストラップ。
タイヤを交換したり調整を進め、11秒7,8程度までアップ。
まだギア比も詰められるし、11秒前半が目標!と意気込んでたら…
タイムアップを狙ってアトランティスを投入するも、もっさり?
充電失敗?

暫し間をおき、再度出走。
ヤエン師さんと合わせる予定が、動きません。
マシンを持ち上げるとタイヤは回るんですがね?
置くと動かない。

少し押してやると走り始めたので走行しますが、タレたバッテリーの様にスピードが乗りませんよ?
ほぼ同仕様のヤエン師さんに、ストレートであっさりパスされます。
ものの数周でどんどんスピードダウン…
こりゃダメ。

回収してチェックすると、どうもGTチューンがお亡くなり寸前の様子。
コミュやブラシの状態が悪く、その場で復活は無理と判断。
やむなく、ライトチューンに載せ替え。
載せ替えたら、GTチューンよりパンチありますわ(笑)

ここからライトチューンでのタイムアタックとなりましたが12秒の壁は厚かった…
走行毎にタイム計測するものの、ベストは毎度12秒2とか3。
セット変更で若干曲がりは良くなってるはずなのに、コーナーで失速してる、もしくはトラクション不足で前に出てない状態に陥ってたみたいですね。
コース左側では丸く回れずカクカク気味でしたし(これはお手々の問題もあり)。

タイム的には目標に届かなかったけど、TB-03で曲がる方向に持って行けたのは初めてかも。
05IFSのヤエン師さんをインフィールドで追っかけられたし。
この日ご一緒した、ヤエン師さん、yanaさん、お疲れさまでした。
また一緒にチキチキやりましょう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

週末に備える

週末土曜はPRO-SPEED KIZUに出撃予定。
TB-03とT2'007のメンテをボチボチと。
シャシーだけでなく、モーターやらの様子も見ないとね。

T2'007は5セル仕様とする予定で、モーターも23Tを搭載…と行きたいんですが、配線の関係でヨコモMAXエンドベルの23Tが載せられない。
ケーブル長を詰めすぎた…
交換して引き直せばいいんですが、時間の関係もあり今回はパス。
通常エンドベルの23Tモーターはカワダのしかないや。
他は27TとかGT・ライトチューン。
当日は適当に載せてみます(笑)
Blog568

TB-03はセンターワンウェイを搭載するか悩み、取り敢えず現状維持で。
現地で交換して違いを確かめたいと思います。
特に重メンテは必要ないけど、ダンパーだけは全バラしてオイルも交換。
オイルの番手に悩みますが…
Blog569

TB-03のメンテというか、準備で時間を取られたのがLapViewの赤外線ポンダーのステー。
TB-03に赤外線ポンダーを搭載したことがなく、当然LapViewでのタイム計測も未経験。
今回はタイム計測したいのでステーの設置位置を探しますが、使えそうな既設のネジ穴が無くて。

Blog570
結局、バスタブに穴開け。
穴開け自体は樹脂だし簡単なものの、裏面の皿加工が。
昔に買ってたはずの皿加工用治具を探し回るも見つからず…
適当な工具で代用し、何とか加工。
ま、強度や精度が必要な部位でもなく、外れない限りOKでしょう(笑)

後は路面状態が気になるところ。
手持ちのタイヤで合ってくれれば良いけど、これからのホームと考えると最適なタイヤやインナーを探らないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

TB-03メンテ

週末の走行に備え、メンテを開始。
消耗パーツなど必要なのをショップで調達してきました。
一番はコレ
Blog564

少しでも曲げたい方向のTB-03なので有難いパーツ。
効果の程は?
リアシャフトとスパーホルダーが一体で成形され、精度も良さそうに見えます。
コレが出ると知ってたんで、OPのアルミスパーホルダーはスルーしました。
使えないアルミリアシャフトが惜しい…でも破損パーツの代替えでもあったし仕方ない。

それとカーボン強化樹脂製のダンパーポスト。
Blog566

ダンパーの取付角度は結構頻繁に変更します。
ノーマル樹脂だとピロのネジ山がバカになってしまって。
硬い強化樹脂に交換。

本来ならカーボン製ダンパーステーがベストと思います。
でもボディポスト位置が変わるのが難点。
ボディに穴開け直さないと…ボディの見た目もだしね。
価格も重要してますし、何より強化樹脂版はフロントのダンパーポストも同梱。
キット付属の未使用パーツと組み合わせると…

Blog565_2 
仮付け状態。
あんまり使いたくはない(使用ボディが制限されるため)けど、IFSと比較してみたい気はありますね。

見た目重視のコレ
Blog567

ノーマルの樹脂製がよく見れば変形してグニョグニョだったので(笑)
厚みはありますが、バンパー部なので破損しそうな気も。

何だか新規購入パーツの紹介になってしまいましたが、消耗パーツも無事買えてメンテに入れます。
セットは前回のままのつもり。
けどかなり路面が上がってる様子なので、どうしようか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

TB-03リセッティング

昨夏にTB-03を購入後、タム木津や宇治天で走行してセットを詰めてましたが、行き詰まり…
セットの迷宮にハマった感がありました。
宇治天のラストラン時に、温泉の常連だったNさんからT2'007のセットに関してアドバイスを頂き、セットの考え方や実際のクルマの動きを再確認できたこともあって、TB-03も改めてやり直そうと。

基本は取説準拠に戻してます。
異なるのはフロントワンウェイ、フロントサス2度前開き、前後ミディアムスタビ。
(後日確認すると、リアトーも2度)
これを出発点に、前後のバランスを見つつ変更予定。

ボディはガライヤ、タイヤはカーペットインナーのソレックス28R(中古)。
グリップ剤を塗り、自然乾燥(ウォーマー無し)後拭き取りのみで。

Blog562
またこのコースで走行するとは思いもしませんでした…
レイアウトは妙に凝ってないし、適度な縁石でマシンにも優しいです。
場所によっては鉄板フェンスが痛いですがね(笑)
旧タムコース時代と比べ、グリップ剤の効果もあって路面グリップは上々。
最初から気持ち良く走行できます。

キット標準の銀バネでスタートし、コーナーの初期を得るためにリアを黄バネに変更。
さらにフロントを青バネに変更、握り過ぎは別としてイイ感じで曲がります。
セット的にも操作的にも、コーナーを丸くスムーズに失速せず回るのが目標。
そこに少しでも近付けるように…

リアのダンパーを寝かせたり立てたり、前後のロールバランスを探りつつ。
リアスタビをソフト(赤)に変更したり。
短時間にバタバタとセット変更した割には良いんじゃないでしょうか?
リアの安定感はコーナーの入りから出まで十分あり、巻く感触は全くありません。

最終パック近く、もうちょい曲がりが良くなるかとボディをSC430に交換。
安定感のあるガライヤと比べて曲がる気はします。
けど、重心が高いからか?ロールが過大に…
ガライヤと比べてコーナーの姿勢が全然違ってます。

ボディが変わればセットも変わってきますね。
この日はタイムアップでここまで。
でも、セットへのアプローチを変えた効果はありました。
以前のセットとは違う方向に行きそうです。

前のは…スロットル操作に対して動きすぎるリアを嫌って、リアをガンガンに固めてました。
タイヤグリップに依存した、スイートスポットの狭いセットに陥ってた様に(今思えば)感じます。

Blog563
旧タムタム店舗スペースにはミニッツ・ドリフト?のカーペットコースが。
新たなテナントが入るまでの期間限定コースだそうですが、少しでもお客さんを呼べればショップとしては有難いですよね。

セットの違いを実感できてることや、方向性が決まってきたこともあってテンション上がり目(笑)
2月は何度か行ける範囲で走行して、セット・お手々双方のレベルアップに努めたいと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

PRO-SPEED木津

旧タムタム木津川跡地に新規?オープンしたサーキットショップ、PRO-SPEED木津に行ってきました。
当面サーキットのみオープンと聞いてましたが、実際にはショップとしてもオープンしてると言って良い状態。
ただし、商品は全然揃ってませんが。
ラジ○より安価に商品を提供するそうで、ここは期待できるかな?

ショップは、旧タムタムの在庫品倉庫だった位置。
ですので、コース寄り(フードコート寄り)が出入り口になってます。
旧タムタム店舗部分は他のテナントになるみたいです。

Blog560
ピットエリアのカーテンが取り払われ窓から明かりが差してるんで、妙に明るい雰囲気に変貌(笑)

オープン初日、どうしようかと考えた末、夕刻から。
走行できそうなら夕刻からの料金で走れますしね。
4時過ぎに到着し様子見。
顔見知りが何名か走行されてます。
ソレックスにグリップ剤で十分なグリップとか。
ピットエリアも拡張されてて、空きもあるため夕刻から走行決定。

Blog561
旧ミニッツコース部にピットが。
家充バッテリーのみの軽装仕様でサクッと準備。

TB-03はセットを一からやり直そうと、ほぼ取説セットに戻してます。
この基本セットの感触を南茨木で確かめようとしてたのに出来ずじまい。
さてどんなもんか?

ソレックス28R(インナーはカーペット用)にマイティを塗り、走行開始。
旧タムコースとは全然違い、普通にグリップします。
宇治天のカーペットみたいにフルグリップ、引っ掛かる程とは違いますが、十分グリップが良い路面と言えるのでは?

まだ以前の痕跡?M2タイヤのカスが走行後ベッタリ。
これは走り込むに連れ減ってくるんじゃないかと?
後グリップも更に良くなるでしょうね。

気持ち良く走行できるため、ひたすらグルグル回るか、セットを確かめるか、迷いながら3時間ほど楽しみました。
タイヤは28Rのみ、インナーがソフト・ミディアムと違うのを試しましたが、さして変わりませんでした。
当面は28R・32Rで十分走行できるでしょう。

初日から想像以上のグリップ路面。
良い意味で裏切られました。
安定した運営を期待しつつ、新たなホームとして利用したいと思ってます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »