« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月30日 (火)

宇治天で走り納め

3ヶ月ぶりの宇治天にて走り納め。
9月のレース以来、練習はその前から走ってないや。
現レイアウトになって初めてだし。

Blog515
年末年始休暇に入ったためか?大賑わいのコース。
タイミングによっては、操縦台に立つ場所すらありません…

マシンはTB-03とT2'007。
セットはタム木津のまま、ハイグリップな路面を考えてスタビを追加したのみ。
事前メンテもろくにできず、ダンパーオイル継ぎ足しとライトチューンモーターのメンテだけ。

早速走行と行きたいところですが、家充してきてないので放電から充電をこなしてるとお昼頃に。
それまでは、この日ご一緒したdoraさんやK氏と雑談で時間を潰します(笑)

ようやく充電完了し、TB-03から。
ボディはガライヤ、タイヤはお古のタミヤA、ライトチューンモーターにギア比5.5。
さすがにグリップ良好、ステア操作に良く付いて来ます。
フル蛇角だと曲がりすぎ、D/Rを徐々に減らし70%程度でイイ感じ。

タム木津で曲がらなかったのがウソみたいに曲がります(と最初は思ってた)。
2パック目位からレイアウトにも慣れてペースアップ。
時折チキチキしつつの走行になると、インフィールドでまったり気味なのが発覚。
やはり初期からグッと曲がる感じはありません。
タム木津で多少なりとも曲がる方向のセットを試行錯誤した成果か?以前の宇治天レース時よりはマシと思いますけど。
Blog514

ボディをSC430にチェンジ。
しかし、大きな変化は無し。
多少クイックになったかな?程度。

う~ん?と唸ってる頃にあやまっくさんが来られました。
同じTB-03なのに、結構イイ感じで曲がってるように見えます。
「試してみます?」と言われましたが、スティックに馴染んだ身にはホイラーはツラいので泣く泣くパス(笑)

あやまっくさんからのアドバイスもあって、リバウンドを減らしたり、リアバネを1段ソフトに変更。
特にリバウンドを3mm弱まで詰めたのは効果ありました。
無駄なロールが減ったのか、かなりクイックな動きに。

もうちょい詰めたいけど夕刻近くになり、T2'007にチェンジ。
タイヤ:タミヤA、ライトチューンギア比5.5はTB-03と同じ。
スタビ追加しただけのセットもそれなりに走ります。
初期の曲がりも良くて、1パックは操縦性の違いに慣れるためひたすら周回。

容量4600のバッテリーにライトチューンだと、どんだけランタイムあるねん!って(笑)
20分は楽に走行できますね(30分近く走れたかも?)。
時間が長すぎて終盤は集中力が切れてくるし、足も痛くなってくる(笑)
Blog516

このコースにライトチューンギア比5.5は適度な印象。
ストレートの伸びもそこそこだし、扱いやすいです。
当てても破損しないレベル。
それと、タム木津でライントレースする練習が身に付いたのか?この日はパイロンに乗って転倒するのが少なかったです。
裏返ったり、走行不能になることも数回しかなかったし。
何度か他車と絡んでしまったのは、視野の狭さとかまだまだの面もありますけどね。

5セル23TのK氏から「23Tでやりましょうよ」と誘われ、手持ちの27Tを載せようかと…
でも、なんかぶつけて壊しそうだったので、ラスト2パックは気弱にGTチューン(笑)
ギア比5.5のままでも、立ち・伸びとも1枚上手。
ライトチューンに慣れた目には、非常に速く感じました。

若干片巻き傾向が見られ、パワーがあるとセットのアラが顕著化してる?
これは撤収時にマシンチェックしてると、ダンパーエンドのピロボールにネジ緩み発見。
ここのガタが原因で挙動不審になってた模様。

朝一から閉店間際まで、TB-03・T2'007とも結構なパック数を走行(と言うか、結構なランタイムだったので)、お腹一杯の走り納めでした。
カツカツ方向だと2台ともまだまだなセットですが、普通に走って楽しむには十分なレベル。
楽しく走行できたし、気分良く新年を迎えられるかな?(笑)

Blog518
この日、ご一緒して頂いた皆さん、ありがとうございました&お疲れさまでした。
特にあやまっくさんとこのお嬢さんには、ウチのチビの相手をして頂き助かりました(笑)
また来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

セルマスター静音化計画、延長編

静音化したセルマスターには、4000rpm・6000rpmファン各1個使用しました。
資金の絡みもあり何個もファンを買って試せなかったので、4000rpm2個、6000rpm2個を2台のセルマスターに割り振り、こうなってます。

実際に組み込んでみて、楽に付けるにはファンを選んだ方が無難です。
具体的には、PC用でよくある回転センサー付きの3ピン端子より、単純な電源のみの2ピン端子をお勧め。
理由はセルマスターに回転センサーなんて必要ないのと、基盤上のファン端子×2の位置が近く、3ピン端子だと大きくて二つ差せません(汗)

見事にハマりました(笑)
ファン付属の3ピン→2ピン変換コネクタを使ったので、取付はできました。
が、今度は長すぎるケーブルや変換コネクタの収納場所に四苦八苦。
セルマスターは筐体のコンパクトさが魅力の一つですが、実際中は狭くて余裕がありません。

ケーブルを短くカットし、2ピン端子に付け替えれば簡単なんですがね(笑)
ずぼらして、無駄に時間掛かったという(笑)



もう一つファンの交換をしたのが、パワーマスター。
こっちは静音化というより故障修理。
ファンから異音を発してて、いつ壊れるか分からない状態。
セルマスターに使ったのと同じ4000rpmファンに交換するも、回りません…?
どうもファンの消費電力が多すぎるみたい。
パワーマスターのファン端子は相当低い電力供給なのかな?

後日、より消費電力の低い3500rpmファンで再挑戦…しかしこいつも回りません(泣)
端子の電圧をテスターで測ると2~4vしか出てません?
パワーマスターのファンには12vと書いてますが?

諦めるか?しかし異音が発生してるのは事実。
迷った結果、12v出力(充電器とかを接続するとこね)に直接ファンのケーブルを接続。
Blog513

同時に完全に保証対象外ですな。
万が一の際、メーカー修理してもらえるだろうか?(笑)

セルマスターは今までのに慣れてると拍子抜けするくらい静かになりました。
どんな感じか表現すると、セルマスターユーザーならみんなそうだと思いますが、充電スタートはファンの騒音で確認って感じですよね(笑)
「グワー!」と音がしたら、「あっ、充電開始したな」って。
ファン交換すると充電スタートしても無音…ってくらいなんで、充電スタートしてるのにボタン押してたり(笑)
まあ全く無音じゃないけど、これなら大満足。
本体の発熱には気を配った方がいいでしょうね、今後の注意点かな。

★お約束★
ファンの交換は自己責任でお願いします。
交換を行ったことによるトラブルに当方は関知いたしません。
また、メーカー保証も受けられないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

多分、走り納め

来週月曜(12/29)に宇治天で走り納めを予定しています。
準備のためマシンのメンテ…と行きたいところですが、全く手付かず。
セルマスターのファン交換がやっとですわ。

年賀状の準備やら印刷作業もありましたが、一番はPC絡み。
現在使ってるPCのパーツ構成を一部変更予定で、あれこれと悩みネットで検索したりとか時間を費やしてました(笑)
大体結論は出たし、週末にサクッとメンテを終えて気持ち良く走り納めに行こう(笑)

年末の忙しい時期でもありますが、休みでヒマが余ってる(笑)って方がおられましたらご一緒しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

セルマスター静音化計画

静音化計画がようやく発動しました。
思えば2年以上に前にセルマスターを購入。
あまりの騒音に壊れてるんじゃないかと疑ったくらい(笑)
買った当日、ファンを交換できるかと筐体をバラしかけたものの上手くバラせず断念。
買っていきなり壊すのもイヤだったし。

それ以来、何度もファンを交換しようかと迷ってました。
買い足したプラチナと合わせて、2台で管理充電やってると五月蠅いのなんのだし。
重い腰を上げる切っ掛けになったのはコレ
エフさんがファン交換して静音化したネタです。
筐体のバラし方も分かったしね。

ファンの入手に手間取り、ようやくゲット。
Blog511

ファンは迷った結果、画像の4000rpmと6000rpmの2種購入。
これは6000rpmで良かったと思います。
早速セルマスターをバラして取り付け…

・・・・・

・・・・

・・・

・・



作業に必死で画像がありません(汗)
エフさんとこを参照してください(笑)

Blog512
交換後は静かなこと…
4000rpmと6000rpmのコンボファンですが、どちらでも風量・騒音ともさして変わりません。
調子が悪く、ガラガラ異音のするパワーマスターのファンの方がよっぽど五月蠅い。
これで深夜やテレビ見ながらでも管理充電ができる(笑)

ファンの風量が減ったため、10A放電時には本体が少し暖かくなります。
特に液晶パネルの前、スイッチ近辺が暖かいです。
夏場の10A放電は避けた方が無難でしょう。
っても、今の環境だとセルマスターで10A放電する機会は無いと思います。
充電は5Aでも全然大丈夫っぽい。

★お約束★
ファンの交換は自己責任でお願いします。
交換を行ったことによるトラブルに当方は関知いたしません。
また、メーカー保証も受けられないと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

ちょっと不安定な部分あり

今使ってるプロポはKO製エスプリⅢ2.4G。
春先に2.4G版発売と同時に購入し約8ヶ月経過。
性能・機能は特に不満無く、持った感触や操作感も気に入ってます。
Blog508

多少不安感があるのは、時折送受信機のペアリングがおかしくなること。
送受信機の電源を入れても無反応なことが希にあります。
まあ、ペアリングを再設定すれば問題ないし、走行中ノーコンになったことはありませんけどね。

先日のタム木津でのこと。
yanaさん、あやまっくさんと合わせましょうと電源入れても無反応。
さっきまで快調だったのに?
またペアリングかと、再設定しますが全くダメ。
何度やってもダメで、もしかして受信機がNG?

T2'007の受信機を載せ替えと考えつつ、載せ替えるくらいならならT2'007にチェンジした方が早い。
しかし、T2'007も無反応&ペアリングもNG。
こりゃプロポ側がNGっぽい。

良くプロポを見れば2.4GモジュールのLEDが、電源オン時は点灯するものの、即消灯してます。
(正常時は常時点灯)
モジュールを外し、裏蓋開けて中を確認。
目に見える断線とかは無し。
つか、ワンチップ化されててとてもシンプルな作りでした。
Blog509

もしかして、コネクタの接触不良か?
以前、電池Boxのコネクタが接触不良で、電源が入らないトラブルがあったのを思い出しました。
クリーナースプレーでコネクタを清掃。
しかし、LEDは点灯せず…
Blog510

もしかして今日はここまで?
焦りもあって、変な汁が出てきました(笑)
何度もモジュールを付けたり外したり、電源のオンオフを繰り返してるといきなり復活。
不安な気持ちのまま走行するも1パックは正常に走れました。
電源切ったら、次はNGじゃないかとも思いましたが、以後は問題なく1日過ごせました。

しかし、いつ再発するかと思うと若干不安ですね。
初期ロット製品なのもあるのかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

またもやタム木津へ(笑)

閉店日の14日、お昼から急遽行ってました。
といっても、RCのためじゃなく(走行はドリフトですし)チビのクリスマス用プレゼントを探しに。
チビ要望の(サンタさんにお願いする)ガンダム商品が近隣のショップでは見つからず、タムなら品数豊富だしもしかしてと。

さすがに品数豊富で、どれにするかチビは迷いまくり(笑)
あれもイイ、これもイイと中々決まらず。
ようやく決まって、コソッとレジへ。
見つからないよう、クルマに放り込んでね。
後はクリスマスにサンタさんが届けてくれるでしょう(笑)

昨年もガンダムのフィギュア?(ガンプラじゃなくて、関節がフル稼働するフィギュアが正確なのかな?)でしたが、サンタさんに貰ったのはとても印象が強いようで。
今でも、「それ誰に貰った?」と聞くと、「サンタさん」と即答。
貰った翌日には、「次のクリスマスにはアレ貰う」と。
「早く次のクリスマスが来ないかな~?」とも(笑)

早いもので、来年春にはピカピカの小学1年生、古い?(笑)
読み書きなんてまるで出来ないのに、ホンマに小学校行けるんかな?と心配も。
まあ、極端な早生まれなので仕方ない面もありますね(3/31生まれ)。
あと数日遅かったとしたら、来年は幼稚園の年長さんだったはずだし。
ま、なるようになるでしょう(笑)

タム木津まで行って、自分はタイヤやホイールなど消耗品を少し買って帰りましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

Ener-G4600を使ってみた

Ener-G4600は充放電時の発熱が低めな気がします。
IB系は結構温度上がりますから。
ただ、完全に起きてないのか?0.9vまで放電しても4300ちょいでピーク検出されて充電が終了。
何度か使った結果、4400~4500入るようになってきました。
今後、もうちょい入るようになるか?

それでもランタイムは十分、4000未満で充電終了してしまうWCセルに比べ持ちが良いです。
ライトチューンモーターだとランタイムが長すぎて、人間の集中力が持ちません(笑)
パンチも十分で、ストレートも良く伸びます。
特に後半、多少タレ気味で立ちのパンチが鈍ってきても、ストレートの伸びは落ちませんでした。

Blog507

H-Energy4300マッチドとの比較でも、パンチ・伸びともEner-G4600の勝ち。
まあ、最高級マッチドのH-Energy4300も1年以上経過して自己放電の激しいセルがありますし、本来の性能ではありませんけど。

WCセルは厳しい感じ。
購入当初のパンチは見る影もなく、ランタイムも短い。
しばらくは騙し騙し使えるかも?

Ener-G4600の1パックは、使用後放電し、再度充電。
使い回しを試したところ、特に問題はない様子。
放電せず、追い充電での使用も試したいとこ。
もちろん、こんな使い方をしてはライフが短くなる可能性もあります。

今後の主力バッテリーとして、走行性能的には十分満足。
後は自己放電とか、管理性ですね。
追々レポしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

ラストランのはずが…(笑)

タム木津での走行は終了のハズだったんですが、急遽数時間ですが走行してきました。
本来はチビと他の予定があったのに、気分が乗らないのかボツに。
んじゃ、どっかで走行するか、近い宇治天が良いか?
でも同じ走行するなら、ホントに最後だしタム木津でと思い行ってきました。

画像無の殺風景な記事が続きます(笑)
デジカメ出してる余裕無し、加えてチビ連れでちょっと集中を欠いたかな?
なにせ、走行するから「見てるか?」、「見る」と言いつつ、5分と経たずどっかへ行っちまう(笑)
まさかとは思いつつ、やはり気になりますからね。

前回走行から全くメンテできておらず、バッテリーもそのまま。
時間も短いし、T2'007のみ。
到着したら、ちょうど韋駄天さんが撤収作業中。
ラストランを堪能したとか。
路面が上がって来てるんで、これから良いんじゃないですか?と挨拶だけでしたが、どこかでご一緒できたらいいですね。

走行開始、さすがグリップ初日は路面ができてません。
前の感覚で走行してると、ストレート後の高速コーナーで外壁に吸い寄せられます。
リアは流れ気味だし、フロントは逃げるし、インに付いて回るのに一苦労。

簡単に調整できる部分だけを弄り、何とかグリップしないかと試行錯誤。
T2'007で初めてアッカーマンを変更してみたり。
これは違いを実感できたような気が?…気のせいじゃないと思うけど(笑)

終盤は車高を少し上げてロールを多目方向に、ボディもLX-250に変えたら随分と操作が楽になりました。
ダッジMK3と比べて、動きがマイルドなのか?ラインに乗せやすい気がします。

3セットほどタイム測定しましたが、路面の影響か12秒台は出ません。
前回の0.5秒落ち。
アベレージで13秒台なのでコンディション考えたらまあまあかと。

撤収作業し始めたら、チビがどっかに飛んでいって行方不明(笑)
店内にもおらんし、困ったもんだ。
探し回ってようやく発見、一安心。
帰路は寝るかと思いきや、ガンダムのオープニング歌いながら元気なもんでした(笑)

これでホントにタム木津は終了!
短期間でしたが、結構居心地良かったな。
店員さん、利用者の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

上手くなってる?

先日のタム木津は久しぶりにyanaさんとご一緒しました。
GW頃から諸般の事情でRCから離れてて、半年ぶりくらいの復活。
ピットで同席しながらあれこれ雑談とかしてる中、yanaさんが、この半年で(RCから離れてる間に)随分と差を付けられたと。
「上手くなってますね」、とお褒めの言葉を頂きました。
「タム木津での走行に慣れてることと、セットが合ってるからそう見えるんじゃ?」
「いや、ライン取りとか、安定感とか全然違いますよ」とも。
う~ん、自分自身では上手くなったとか思えないんですけどね?

思い起こせば、yanaさんとネットで知り合いコースでご一緒するようになった頃は、プロポをスティックにチェンジしたばかり。
当初は操縦が荒く、安定感にも欠けてました。
一時的にレベルダウンしてたのは確かです。
けど、春先くらいにエスプリⅢにチェンジした頃にはスティックにも馴染み、ホイラープロポと同レベルにはなってたかと思います。
そこからの半年で(yanaさんがRC休止中に)特別お手々のレベルが上がったとは…

色々考えを巡らせてみると、タム木津での走行が良い経験になってる気がします。
お手々のレベルが上がったって意味ではありませんけど。

コースで良いタイムを出すにはライン取りが非常に重要。
タイムの出るであろうラインを想定し、そこに乗せるために減速ポイントや曲がるタイミング、スロットルを開けるタイミングを構築していく。
EXPなドライバーなら当たり前の事と思います。

当然、行き当たりばったりの操作ではラインに乗せられませんから、先先を見越して操作することが必要。
自分なりにやってたつもりなんですが、読みの深さが足りてなかった様に感じます。

例えですが、とあるコーナーでインのクリップに付くラインを通したいとします。
その為の減速ポイントや進入ラインを確認(これは今までもやってました)。
でもそれだけじゃダメですよね。
その進入ラインに乗せるためには、前のコーナーのラインとか速度もコントロールしないと。
要するに一つ前より、更に前から考えて走行しないとコース1周を良いラインで繋げられない。

頭では分かってても中々実践できてなかったことが、低グリップのタム木津で走行して次第にできるようになってるのかなと思います。
小手先のステア修正で対処できませんからね、あの路面は(笑)

ですからyanaさんに言われた「上手くなってる」は、純粋にお手々のレベルが上がったというより、より考えて走行してる結果かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

ラストラン:T2'007

夕刻もいい時間になって、T2'007にチェンジ(ボディはダッジMK3)。
こちらはNewバッテリーのテストがメインディッシュ?
WCセルの状態も確認したかったけど時間が押してるため、いきなりEner-G4600で。

ストレートパックに重いTB-03と比較して、同じモーターとは思えないほどパワフル。
立ちからストレートの伸びまで気持ちイイです(笑)
同じタイヤでもTB-03よりグリグリ曲がるし。

セットは前回同様ですが、この日の路面にはちょっと敏感でした。
リアの流れが無視できるレベルではなく、コーナーの入りで気を遣います。

TB-03との特性差もあり、パック半ばまでは安定感に欠ける走行。
どこがどう違うか細かに説明できません(笑)
けど、TB-03は曲げる切っ掛けのため、スロットルを積極的に操作してるようです(無意識に)。
同じ操作をT2'007で行うと挙動変化が激しく、ふらつき安定感に欠けます。

Blog528

T2'007の操作に慣れてきたところでボディをLX-250にチェンジ。
どちらかといえば安定系のボディでしょうか?
曲げたいこのコースには不向きかと思ってたけど、この日の状況にはマッチしてた様子。
操作が幾分か楽になりました。

と、ここで、例のMNホイールのタイヤを再テスト。
懲りてません(笑)
走り始めると、やはりケツを振りまくって不安定。
M2タイヤとは思えん。

思い付きでキャンバーを増やしてみたら、かなりグリップ感向上。
たった、0.5度程度なんですが?
これでもリアが流れるのには変わりありません。
でも、スケートリンクから、雨に濡れたタイル歩道程度になりましたよ?
何とか走れるレベルだし、頑張って走行を続けてたらどんどんグリップUP!
一皮剥けて化けました(笑)
(結局最後までこのタイヤを使用)

Blog529
夕刻、数時間ですが来てくれたあやまっくさんピット。
ここんとこ毎週末RCってるので無理かと思ったんですけどね。
しかし、フードコートから監視されてて、携帯に「時間やけど帰らんのか?」と連絡入ったのは怖いです(笑)
短時間ですがありがとうございました。
(ピットスペース狭くてごめんなさい、この時満席だったので)

ラストの数パックは、タム木津で初めてのラップ計測を。
もちろん、マイポンダーなんて無いのでLapViewで計測です。
(タム木津はAMBシステムが稼働してるので、マイポンがあれば常時計測可能)

8分レース設定で計測。
8分に特に意味はありません。
計測器に設定されてたので変更しなかっただけ。
それと、バッテリー容量を考えたら1パックで8分2セット走れそうだったので。

3セット計測し、ベストラップは12:68。
ベストアベレージは13:32。
12秒台は何度も出てましたので、マグレではないかと(笑)
ただ、11秒台には入る気がしませんでしたけどね。

ベストアベが出た時は、ほぼ単独走行状態で条件が良かったです。
バッテリー1パックの後半セットは、さすがにパンチに欠けてたためタイムは期待できなそうでしたが、12秒台が複数回出てましたし自分的には納得できる走行でした。

これでタムチャレに参戦したかったな…

この日の盛況さを考えると閉鎖は残念でなりません。
もしかして…というウワサも聞きましたが、はたして?
短い期間ながら、ここで得たモノは大きいと思ってます。
ここで知り合えた方もいますし、どこかで再会したいなと。
ラスト、気持ち良く走行できたのは何よりと思います…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ラストラン:TB-03

寒波がやってきて朝の寒いこと。
荷物を載せて、クルマの水滴を拭おうとしたら凍ってました…
グリップの走行はこの週末が実質的なラストだからか、朝からピット満席状態。
走行が始まると、常時10台近くが走ってます。

Blog525
この混雑をかき分けて走行するのは、ある意味テクニックがいりますね(笑)

TB-03で走行開始。
セットは前回と変わらず、我来也ボディで。
朝一からグリップはまずまず、前回同様の走り。
イマイチ曲がらないのも。

次にボディをSC430にチェンジ。
ボディでどれだけ変わるか?…ん?
めっちゃ曲がります!
これまで曲がらないと文句垂れてた原因の半分は、ボディにあったみたいです。
かなり楽に走れる様になりました。

Blog526
この日、1日ご一緒したyanaさんピット。
特殊な路面に苦労されてたようですが、後半は動きも良くなってましたね。
ただ、モーターの不調?に足を引っ張られ気味でした。

お次は、ミディアムナロー(MN)ホイールにM2タイヤを組んだものをテスト。
この仕様だと、サス等とホイールの干渉を気にせず使えるため、問題なければデフォにする予定でした。
っても、使う機会がほぼ無くなりましたけど(苦笑)

タイヤ・インナー共同じでホイールがMNかナロー(N)だけの違い。
にも関わらずグリップが薄く、まるでスケートリンクみたい。
ストレートで大きめの修正を入れるとリアが流れるし、高速コーナーではリアが出まくり。
スロットルオフ時の巻きも酷くて、とても走行してられないレベル。

ボディを我来也に変えたら安定するかも?
いやいや何か根本的におかしい予感。
グリップを上げるため、リアのバネをソフトにしてみますが多少マシになった程度。
あれこれ弄って無駄な時間を過ごしてしまい、結局元のタイヤに戻しました。
最初からスパッと諦めるべきだったかも
この日は走行台数が多かったので、出走タイミングを計ったり、ダベッてたりと時間が経つのが早かったですし。

Blog527
この後、フロントのロッカー部を弄ったりもしましたが、これといって曲がるセットは見いだせずじまい。
最後まで納得いくセット・走行とはなりませんでした。

途中、doraさんが(走行ではありませんが)立ち寄ってくれました。
閉店後、どこで走行するか…
せっかくRCが楽しくなってきた頃合いなのに、ホント残念でなりませんね。
どこかでご一緒できたらチキチキ楽しみましょう。

T2'007編へ続く…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

ラストラン

明日はタム木津のラストランに行く予定。
一昨年(正確には今年1月)にも温泉でラストランを経験してます。
行きつけのショップ・コースが無くなるのは何とも寂しい気持ちになりますね。
新品M2を買ったばかりで、予定されてたレースに合わせてチェックするつもりだったのに…

特殊なローグリップ路面のためか当初は利用者も少な目でした。
でも、M2でそこそこグリップするのが知れたからか?、ここんとこ週末は盛況だっただけに尚更残念です。

自分的にはこのローグリップ路面は良い経験になってます。
これまで、温泉や宇治天とカーペットの比較的ハイグリップな路面で走行してたため、タイヤグリップに頼った走り癖がついてました。
でも喰わない路面だと、グリップを探りながらデリケートな操作が要求されます。
強引にステア操作でライン修正とかできませんし。
コーナーへの入り方(ライン・スピード含め)を、より考えるようになりましたからね(笑)

今週はのんびりメンテと考えてましたが、チビ・嫁さんから回ってきた風邪でフラフラ(笑)
モーターのチェックとバッテリーメンテするのがやっとの状態。
マシンには手を付けられませんでした。
ほとんどノーメンテで週末大丈夫かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

モーターの調子は?

ボディは何とか完成し、週末に間に合いました。
続いてモーターのメンテを。
しかし、ライトチューンをメインで使う予定のコースがね…
選択肢が減るのはツラいです。


1個追加したため、双方でどの程度の差があるかも気になります。

TB-03に積んでる初代の#1
走行パックがそれほど多くなかったためか、落ち込みも少な目。
Blog514

T2'007に積んだ新規の#2
似たような数値です。
Blog515

コミュのクリーンニングをした結果は…?

#1
Blog517

#2
Blog516

メンテ後も似たり寄ったり。
殆ど誤差の範疇かと。
初代はブラシ交換もしてませんし、若干減ってます。
それでもこの差ですからね。
540に比べ、差は少ないのかな?
たった2個のチェックでは良く分かりませんけど。

ライトチューンを使い始めてから導入してるこのメンテ方法。
コミュ研と違い、コミュを削るワケではないのでキズが消えてピカピカとはなりません。
それでもコミュ表面の汚れや焼けの除去にはそれなり の効果はある様子。
メンテ後は微妙に消費電流が下がってるんで、通電効率は良くなってるはず。
これで持ちが良くなってるなら有難いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ラジ天南茨木

仕事がお昼頃までだったこともあり、夕刻から数時間ですがRCってきました。
ラジ天南茨木は自宅から一番近いRCショップ。
なこともあって、パーツ買ったりとか一番通ってるショップです。
ところが、ここのコースで今まで走行したことがありませんでした。

屋上にはGPも走行可能なコースがあります。
けど、コンクリに目地の継ぎ目といった特殊な路面や、痛そうな極太角材のフェンス。
何よりGP天国なこともあって、EPで走行するのはと…

当初3Fにあったショップが4Fに移転。
さらに店舗やコースが拡張され、小さいながらも屋内にEPグリップコースが。
軽く感触を確かめる程度の走行にはちょうどイイ感じかと、行く機会を狙ってました。
チビの練習場所としても良さそうで。

いざ行くとなったら、タム木津のトラウマか「行かない」「やらない」とだだこねるチビ。
けど準備してたら俄然やる気になったのか?自宅を出る前からネックストラップを首に掛けて今すぐやりたいと抜かす(笑)

Blog518
到着すると、早速走行。
なんかそれなりに走ってますよ?
ふと思ったのは、タム木津のコースなんかだと広すぎるのかも?
ここは1/10用というより、ミニや1/16、1/18用程度の広さなので、遠近感が掴みやすいのかもしれません。

Blog519
モーターは540で十分。
コーナーがキツいので曲がるマシンじゃないとストレス溜まります。
TA05は特にセットなんて施してませんが、クイックに良く走ってました。

Blog520
こちらはM-03Mでまったりのつもり。
が、グリップが薄くて全く走りません。
ストレートでライン修正するだけでケツが流れる。
Aタイヤでもあんまり変わらず。
思わずグリップ剤で誤魔化そうとしますが、ここはグリップ剤禁止なんですね(笑)

ハイグリップの宇治天でもケツが流れまくりでしたし、根本的に何か間違いがありそうな予感。
一度じっくりチェックしようと思います。

Blog521
ピットエリアは宇治天と同程度?

Blog522
Blog523
ミニッツコースはカーペット・ウレタンと路面違いの2面。

Blog524
そしていつも盛況なドリフト用コース。

屋内に4面のコース、ある意味贅沢ですね。
雰囲気はカツカツとはほど遠く、セルマスター2連でバラセルなんぞを充電してたら浮きまくりですよ(笑)
グリップのコースはフェンスの固定が甘く、当たれば即コースが変形しますし。

数時間から半日程度、まったりするには良いかと。
チビの練習を兼ねて、ちょくちょくお邪魔しようかと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »