« ラストランのはずが…(笑) | トップページ | またもやタム木津へ(笑) »

2008年12月14日 (日)

Ener-G4600を使ってみた

Ener-G4600は充放電時の発熱が低めな気がします。
IB系は結構温度上がりますから。
ただ、完全に起きてないのか?0.9vまで放電しても4300ちょいでピーク検出されて充電が終了。
何度か使った結果、4400~4500入るようになってきました。
今後、もうちょい入るようになるか?

それでもランタイムは十分、4000未満で充電終了してしまうWCセルに比べ持ちが良いです。
ライトチューンモーターだとランタイムが長すぎて、人間の集中力が持ちません(笑)
パンチも十分で、ストレートも良く伸びます。
特に後半、多少タレ気味で立ちのパンチが鈍ってきても、ストレートの伸びは落ちませんでした。

Blog507

H-Energy4300マッチドとの比較でも、パンチ・伸びともEner-G4600の勝ち。
まあ、最高級マッチドのH-Energy4300も1年以上経過して自己放電の激しいセルがありますし、本来の性能ではありませんけど。

WCセルは厳しい感じ。
購入当初のパンチは見る影もなく、ランタイムも短い。
しばらくは騙し騙し使えるかも?

Ener-G4600の1パックは、使用後放電し、再度充電。
使い回しを試したところ、特に問題はない様子。
放電せず、追い充電での使用も試したいとこ。
もちろん、こんな使い方をしてはライフが短くなる可能性もあります。

今後の主力バッテリーとして、走行性能的には十分満足。
後は自己放電とか、管理性ですね。
追々レポしたいと思います。

|

« ラストランのはずが…(笑) | トップページ | またもやタム木津へ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/43363351

この記事へのトラックバック一覧です: Ener-G4600を使ってみた:

« ラストランのはずが…(笑) | トップページ | またもやタム木津へ(笑) »