« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008年11月30日 (日)

ボディ完成

2台同時進行でしたが、結果的には効率よく作業できたかも?
やはりカツカツ系ツーリングボディは、タミヤ製と比べて凹凸が少なくマスキングが楽でした。
何とかこの週末に仕上がり、来週末の走行に使用できます。
シャシーのメンテや、バッテリー管理、モーターの調整等は、平日夜にも作業できます。
が、塗装だけは外でしかできず、必然的に週末しかできないんですよね。
塗装に合わせて、マスキングを頑張るしかないと(笑)

しかし、仕上がりは…失敗気味。
同じカラーリングで3台目、4台目なのに仕上がりが悪くなってるのは正直めげます。

Blog513
遠目からは何とか見れるレベルかと。
特にSC430はMobil1のステッカーを使用したため、カラーリング的にもマッチしてるんじゃないかと思います。

失敗箇所はなんと言ってもマスキング。
凹部でことごとく塗料が染みてしまいました。
特に急ぐとか、慌てて作業したつもりはないんやけど?
柔軟性のあるマスキングテープで、谷間にもしっかり貼れてると勘違いしたみたい。

ま、これも次回の糧になればと(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

マスキング

ってことで塗装の為のマスキングを開始。
今回マスキングテープに、ある程度曲げられる柔軟性のあるものを使ってます。
ボディの凹凸への密着度も良く少しは楽に作業できてます。
さすがに高いだけある?(笑)
逆に直線を貼るのが難しく、微妙にぶれます。

Blog512
ライト回りとかは裏貼りで。
肝心な部分は終了。
週末に塗装完了できるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

Newボディ作成開始

TB-03の我来也ボディも結構痛んできて、そろそろ次を…
T2'007の方も補修はしたけど…なので新たなボディの塗装準備を始めました。

T2'007用のボディは昨年(笑)買って放置してたLX-250。
ライトウェイトボディは温泉で良い感触だったんですが、さすがに耐久性は低くて随分前に廃棄済み。
買い置きしてたのは標準タイプの方。
LX-250は安定系だと思うので、タム木津にはどうやろか?
ま、手持ちのを使ってから考えます(笑)

TB-03用のもあれこれ迷いました。
エブロが曲がるとの評判だし、新しいGT-Rも気になったり。
こちらも死蔵されてるのがあるのを思い出しました。
確か?昨年(といっても1年以上前)の西北走行会で頂いたんじゃないかと。
SC430の補修用ボディ。

SC430って曲がる?安定系?サッパリわかりません。
これも取りあえず使ってみます。

カラーリングは例の如く、コブラ・フォードGTのパクり風の予定。
マスキングがしんどいのが難点ですが…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

セットアップ用ホイール

こんなのを買ってみました。
Blog508

目的はもちろんセットの精度を上げること。
ただ実際に走行するタイヤ(ホイール)とは径が違うし、中古タイヤだと摩耗によって左右で微妙に径が違うこともあり得ます。
なので、セットアップ用ホイールだけでアライメントを調整するのは無理があるでしょう。

セットアップ用ホイールならキャンバー・車高・リバウンドを正確に見れますから、これでキチッと合わせた後に走行するタイヤを装着して再度微調整…こんな感じで使ってみる予定です。

Blog506
装着すると、細いスポークのホイールが何だか軽くて速そうに見えます。
実走行は無理ですがね(笑)

Blog507
トー角とか見易そうな気がするのは気のせい?(笑)

取りあえず、前回タムで走行したT2'007・TB-03のセットを再確認する意味で装着。
キャンバーは正確に測れますね。
つか、樹脂ホイールで測定したのは結構いい加減なのが発覚します(笑)
左右で微妙に違ってるのはもちろん、0.5度と1度の中間だったり。
現地でどっちに合わせようとしてたのか分からん?とか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

Ener-G4600を組み立て

急いで新規購入しなくとも手持ちバラセルがゼロなワケじゃないし、次の走行予定も決まってません。
ダメっぽいIBにしても(VR-1Xは除いて)、眠り気味な可能性もあります。
実走しつつ完全にダメなのか検証したいし。

そんなことを考え、今買わなくてもと悩んでいました。
でもバッテリーって出荷が安定してないのか?、一度品切れになると中々入荷しなかったりしますよね。
ホントに必要なとき、欲しいときに無いのも困るし、在庫のあるチャンスにと思い切りました。

バラセル組み立て治具も久しぶりの出番。
Blog509

セコく、シャンテやヨーロピアンは中古を使い回しました。
これら細かいパーツもバカになりません。
Blog510

そして3パック完成。
Blog511

プチセレブな気分を味わいますが、既に今年のボーナスは終了…チーン!(笑)

当面、走行予定はないので、充放電での起こし作業や補完充電後の自己放電状況をチェックする予定です。
マッチドではないし当然でしょうけど、1パック内に1セルは電圧低目、残容量少な目のがありました。
もちろん0vに近いとかの異常なセルではないですよ。
他と比べればという範囲。
これらのセルが実際に使い始めてどう変化するかもチェックポイントと思ってます。

実走レポは12月に入ってからになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

Ener-G4600

IBのVR-1XやWCは逝っちゃってますし、思い切って新規セルを購入しました。

最近色んなセルが販売されてる中で迷いつつ選んだのがEner-G4600、コスモエナジーブランドです。
単なるバラセルでマッチドではありません。
これにしたのはちょっと安めだったから(笑)
購入後知りましたが、Extremeからマッチドが販売されるそうで、性能的にもそれなりに良いんじゃないかと予想。
(Extremeはレースユースブランドですから、高性能セルしか扱わないでしょう)
まあ性能面より、自己放電とか取り扱い易さが気になるところですけどね。

Blog503
バッテリーのパッケージでこんなの初めて見ました。
ちょっとビックリ。

Blog504
FMの様なカーボン柄にグリーンのポイントが入ったシュリンク。

Blog505
コスモエナジーのラベルが貼ってありますよ(笑)
一応ブランドものです。
マッチドじゃないけど、X-GRADEとか名前付いてます。

久しぶりの、バラセル組み立てです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

Newサーキット

ヤエン師さんのブログで紹介されてたコースがオープンしてます。
http://www.nanatanigawa-circuit.com/
GPもOKな、かなり広いコース。

西北同様GPがメインになりそうな雰囲気ですが、EPも走行可。
世界戦仕様でかっ飛べるか?(笑)

場所を確認すると、意外と近いことが判明。
1時間コースでしょうか。
週末にドライブがてら一度見学に行こうかと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

やっぱりベルトなのかな?その2

先日のタム木津練習の中で気の付いたことなどをつらつらと。

TB-03の問題点として、フロントの食いが悪いこと。
コーナーへのアプローチでインに向きません。
これがシャフトの特性なのか、TB-03のマシン特性なのかは不明です…
リアの安定度は良いので、リアはそのままフロントがインに入ってくれたらベストなのでしょうけど、そこに持ってく方法が煮詰まり気味。

無理矢理曲がる、向きの変わる方向に持って行くと、リアがスライド気味になって安定感に欠けるし。
05を含め、ベルト車の走行を見てるとコーナーで円を描いて旋回してる。
TB-03は向きは変わっても前に出てない感じ。

今回、ベルトのT2'007も走行したため、シャフトの特性であるスロットルに対するピックアップの良さは改めて感じました。
けどこれがメリットになってないと。
逆にプッシュアンダーを誘発してる気も。
シャシーのセットだけでなく、ニュートラルブレーキを使うとか違う方向からアプローチするのも検討中。

Blog498

T2'007は適当に脳内セットを決めただけで、良く走ってました。
何となくグリップ不足で滑りまくりを予想してただけに、良い意味で裏切られました(笑)
バラセルの不調で走行開始直後はバタバタしましたけどね。

なもんで、特にセット云々を書くネタもありません(笑)
取説準拠のセット(前後スタビ無し)に、センターワンウェイを装着。
ヤエン師さん(415)のセンターリジッド、フロントスプールとは真逆な方向性ですけど。
1周のラップはほとんど差が無かったと思います。

ダンパーは前:#45、後:#40
バネがAHので、前:ブラック、後:グレー
至って普通かな。

ラスト近く、あやまっくさんとチキチキしてるときに、面白い現象が。
急に操縦性がおかしくなり、慌てて回収。
サスが骨折してるかと思いきや何ともない。
コーナーの入りが悪い上に、急にリアが巻いたり。
プッシュアンダーも酷いし。

もしかして、ワンウェイカップが脱落とかユニバのトラブルで3駆になってんじゃ?
再度回収してチェックするも問題なし。
が、なんだかリアが空回りしてますよ?

ピットに戻り原因探索。
リアが空回りするって、どこが?
センターシャフトに固定されてるはずのリアプーリーが、イモネジの緩みでフリーになってました。
なので、加速時はFF、減速は0駆(フロント側にはワンウェイが入ってるので)の状態(笑)
疑似FFってあんな動きするんですね。


後、タイヤに関してはM2をミディアムナローホイールに装着するのもありみたいです。
これは、自分でも試しに装着してみたことがあります。
しかし、ガバガバ気味でタイヤの変形が大きく、ダメっぽいので実際に使用(接着)はしてません。
この日、良いラップで走ってたEXPな人はこの仕様だそう。
次は試してみようか?
スペーサーを入れなくてもサス周りとの干渉を防げるメリットがありますし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

バッテリーの選択

ストレートパックは別にして、バラセルはここ1年ほど新規で購入してません。
当然?管理充電してても状態は悪化してるわけで、そろそろ次を考えないとと思ってました。
FMや、IBでも古いSHVは自己放電も酷くなく、そう神経質になることもありませんが…
WCセルやVR-1Xセルの自己放電のスゴいことといったら(笑)

先日のタム木津には久しぶりにT2'007を投入。
もちろんバラセルも一緒に。
ところが、VR-1Xセルのが2パックとも逝ってました。

1パックは放電後充電開始するとハイボルテージという見たこともないエラーでストップ。
どうも1セルもしくは数セルが異常な様子で、充電を開始するといきなり10v以上の数値に。

もう1パックは充電終了して走行開始するも異様な低パワー。
タレたバッテリーの様にスピードが出ません。
放電器に掛けてみると、充電終了直後なのに各セル共0.9v近辺…

VR-1Xセルは完全に終わってますわ(悲)
WCセルの中には妙にモケモケなのもあったし、これらIBセルは無理して使わない方が良さげ。
それというのも、爆発事故の印象が強くて…

Blog501
新品のIB3800VR-1Xセルだそうですが…
ピット作業してたら後のヤエン師さんのピットでドカンと爆発音!!
思わず腰が浮きましたよ。

こうしてネタにできるのも、幸いに人的被害がなかったからですが…
消失した1セルの破片が運良くコース方向へ飛散したのは不幸中の幸いというべきでしょう。
飛んだ破片は燃えてましたしね。

Blog502
残骸の掃除中。
宇治天でも爆発を見ましたけど…あんま笑えない体験です。

マッチドのE-Energy4300もさすがに1年以上経過すると2セルほど自己放電が酷くなってますし、手持ちのバラセルで初期性能を維持できてるのはありません。
1年以上新規購入してない上に、ここんとこ使用頻度が低いから当然といえば当然かも。
いくら管理充電してても、実走してないとやっぱダメですね。

バラセルの整理(処分)を考えると同時に、次のバッテリーを何にするかも悩ましいです。
最近人気のFM、一部で評判の良いアトランティス。
VP(VigorPower)やEner-Gも扱いやすいと聞きますね。
オリオンやマッチモアのはどうなんでしょう?

それとセルの銘柄だけでなく、販売元も重要じゃないかと最近は思ってます。
上記の充電直後なのに0.9v程度のVR-1Xにしても、以前リペアのために1セルだけとりおん製のが入ってます
とりおん製のセルだけ電圧は正常だったんですよね…

多少高価でも有名ブランドのが安心して使用できるかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

やっぱりベルトなのかな?

土曜はタム木津で一月ぶりに走行してきました。
先月のタムチャレ以来となります。
ヤエン師さん、あやまっくさんとご一緒。
お二人とも初タム木津ですが、結構楽しんでおられたようです。

Blog497
相変わらず雑然としたマイピット(笑)
ここは照明が暗めなこともあって、今回は温泉を思い出してデスクスタンドを用意しました。
手元が明るいのはイイです。

・TB-03
フロントサスを2度の前開きに変更してるため、スキッドやアッパーアームのスペーサーは標準に戻してます。
グリップ2日目なこともあり、朝一は滑りまくり。
久しぶりなんで、2パックほど慣熟走行に当てます。

この日は朝からピットが満席状態の大入り。
それもあってか、お昼過ぎには路面コンディションも急速に上がってきました。
フロントに再度スキッドを付けたり、キャンバーやリバウンドを見直し、だいぶ曲がる感じにはなってますが…

ヤエン師さんの05を見てると、若干滑り気味ではあるもののキレイに弧を描いて曲がってます。
それに比べるとTB-03はやはり曲がらない。
インフィールドでは付いてくのもしんどいほど。
バネやスタビなどもうちょいな気持ちを抑え、T2'007もあるんでマシンチェンジ。

・T2'007
適当セットで走るのか不安を感じつつコースイン。
メッチャ曲がりますよ?
グリップ感、特にフロントの食い付き感がTB-03と全然違います。
リアもTB-03同様安定してるし。
ラフなスロットル・ステア操作だとさすがにリアが流れる場面もありますけど。
Blog499

あれこれセットを弄る必要も無い位の快走?(笑)
TB-03で苦労してるのは何なのか?
あやまっくさんも久しぶりに05を走らせ、ろくなセットも出てないのに楽に走ってビックリとか。

それでもキャンバーやリバウンドを微調整し、ロールが深い感じなのでバネを前後共一段ハードに。
切り返しのキレが良くなりイイ感じ。
TB-03だと曲がるのを待つ感じで、スロットルもじわりと入れないとプッシュアンダーが酷いんですが、ガンガン握れます>若干誇張あり(笑)

これだけ走るとチキチキやってても楽しいです(笑)
TB-03・T2'007の比較ですんで、やはりハイエンドは良いって思いがち。
でもヤエン師さんの05や、あやまっくさんの05も良く曲がって走ってましたし、タム木津コースにはベルトが合ってるのかもしれません。

Blog500
T2'007で唯一不満というか不安なのが、タイヤの編摩耗。
TB-03でも同様の編摩耗はありましたが、前後キャンバーを0.5度まで減らし、外側を積極的に使う方向に持って行ったら均等な摩耗状態に。
T2'007は0.5度でも編摩耗が進むばかりなので、アッパーの位置とかも調整する必要がありそうです。

注:ショッキーからのマイナスコードは切れてます。半田付けが面倒だったので放置してました(笑)



久しぶりに朝一から閉店まで1日堪能しました(笑)
2台掛け持ちだったこともあるし、楽しかったのもあって時間が経つのが早かったです。
この日は走行台数が多くて賑わってた反面、そこかしこで接触クラッシュが。
こちらも極力接触を避けるべく努力はしましたけど、何度となく接触してしまって迷惑をおかけしました、すいません。
もっと広い視野が必要ですね…

次回の走行がいつになるのか?
使用マシンは?と悩みは尽きません。
今回ご一緒してくださった皆さんお疲れさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

最後の追い込み

ダンパーのメンテ。
2台分一気となるとさすがに(笑)
Blog494

Oリングはこれ。
TNレーシングの今年バージョン。
Blog495

以前のバージョン(ピンク)も使ってましたが、あんまり印象なし。
その後、X断面リングとかも使いつつ、少し前からこれに。
比較的オイル漏れが少ない気がします。

集中して作業して、計8本のダンパーを組み直しました。
同時メンテしたこともあり、セット出しの助けになればと#5単位でオイル粘度を変えてみました。
Blog496

後は荷造りだけかな?
おっと、プロポのバッテリー充電を忘れちゃいかん(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

出撃準備(ほぼ)完了!

メカ搭載を終えて、ESCの設定やステア系の調整は完了。

Blog492
センターワンウェイ(アルミプーリー)、見栄えは良いけど(笑)

Blog493
フロントユニバは組み直し。
ワンウェイへの注油やベアリングもチェック。

残りはダンパーメンテくらいかな?
この週末は久しぶりにタム木津で走行予定。
先月のタムチャレ以来全く走ってません。

ナローサイズのタイヤ&ホイールの干渉が気になってましたが、フロントは2mm、リアは1mmのスペーサーで対処出来そうです。
セットが悩みドコですが…
ロールセンターは標準位置、前後スタビレスから始めるつもり。
ダンパーは#40位か?
フェンダー部がぱっくり裂けてたボディはアクリサンデーとポリカの切れ端で修復。
見栄えは悪いけど走れればOK(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

メカ搭載開始

中々進んでいないT2'007のメンテですが、ぼちぼちメカ搭載を始めました。
T2'007の復帰を決めてから、思い切ってタムタムで特売されてるESCをもう一つ。
さらに同じく特売の9551サーボも。

これで手持ちマシンにサーボとESCが行き渡り、マシンチェンジも楽になります。
さすがに2.4Gの受信機は載せ替えが必要ですが、ステアリンケージやワイヤーはそのまま行けますんで手間は大違いです。

Blog490
シャシーに仮置きして搭載位置のチェック。
あれこれ試したけど、これが一番スッキリします。

Blog491
ESCのワイヤーを半田付け。
ちょっとモーター+側のワイヤーが短かったかな?
半田作業に疲れて今日はここまで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

ステア系再チェック

OPのカーボンステアリンクを組み込んだTB-03。
ステアリンクを組む時からガタに注意してたつもりですが、イマイチ納得いかない出来。
もうちょっと何とかなるだろうと、再度組み直しました。

カーボンのステアリンクは軸受けにベアリングが使用されていることもあり、横方向へのガタは最小限です。
(標準のプラリンク+ブッシュはここのガタが酷かった)
ただ、縦方向はガタをシムで調整するよう説明書に記載されています。
縦方向へのガタが多いと捻れ方向のガタを生み、結果として横方向へのガタが増加することに。

Blog489
シム調整をシビアに行い、またシムの配置も説明書とは変えています。
0.1mm単位じゃなく、0.05mm単位のシムが欲しいとこでしたね(笑)
ガタが無いと動きが渋くなるし、微妙な調整が必要でした。

最終的には納得いく感じになったかな?
ガタを抑えることを優先したため、ステアワイパーの動きはカタンカタンじゃありません。
もちろん、渋いこともないですが。

ステアイン側のブレも減りました。
これ以上はワイパー系のガタが原因というより、ピロやナックル・Cハブ部のガタを抑えることが必要と思われます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

TB-03も次に備えて

神戸へ行った際、途中タム尼へ寄り道。

TB-03用のOPパーツとか物色。
気になるOPはあるものの、全て購入ともいかず今回はカーボンステアリンクのみ。
他にはセッティング用にアルミサスマウントを。

早速組み込んでみました。
Blog487

ガタは多少マシになったかな?
元が酷かったので、普通になった感じ(笑)
後は足まわりの樹脂パーツが全て標準だし、416の強化タイプに交換すれば全体的にガタを減らせるかも?

ここまでバラすならついでと、サスマウントも交換。
フロントリア側をXAとして、前開きを2度にしました。
Blog488

次の走行ではバネやスタビを含め再チェックできたらと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

T2'007のメンテ

パーツの組み込みやメカ搭載を開始。

T2'007を引っ張り出したのは思い付きというか、急にこれでやる気になったと(笑)
前にも書いたように使わないのも勿体ない、使わないうちにどんどん型遅れになるし。
同様にバラセルを放ったらかしなのもね。
1,2週おきの管理充電で何とか延命してますけど、そう長くなさそうだし。

バラセルはTB-03で使うことも考えました。
が、ヨーロピアンコネクタがバスタブに干渉してウマく載らない…
使うにはハイエンドシャシーしかないと。

Blog484
上:OPアッパー
下:ノーマル

ノーマルの左右に張り出した部分にはアルミポストを装着することで、シャシーのロール剛性を上げられます。
ただ、T2'007デフォのセットはポスト無し。
ポスト未装着が多いらしく、それならばとナローなOPが標準的に使われてるみたい。
実際、T2'008ではデフォでナローなアッパーに変更されてます。

もう一つの高価なOP、センターワンウェイ。
買って組み込んだならそれなりの効果を期待したいとこ。
でも、アルミプーリーの消耗が激しいとのウワサも。
どうもプーリー単体がパーツで売ってないとか。
BDのプーリーを加工して組み込んだりしてる例もあるらしいですが、ワンウェイが入ったプーリーだけはどうしようもないらしく…
消耗したらお終いか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

久しぶりの神戸方面

この週末は、いつ以来だろ?
かなりご無沙汰だったクルマ仲間の集まりに参加してきました。
お昼頃に自宅を出て、あちこち立ち寄りながらサンシャインワーフ神戸へ。

Blog485

ここで集まるようになってから7年経つんですね。
早いもんだ。

早めに到着したことや、チビのお腹の具合から夕食も早かったり、
ちょっとみんなとタイミングが合ってなかったな。
これで今年の夜会は終了?
来年も都合がつけば参加します(笑)

Blog486

チビがダウンしたのと翌日の予定もあり、早めに撤収しました。
ご挨拶もできずにすんません。
この時点で10台ほど集まってたのかな?
今後ともよろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »