« タムチャレ決勝編 | トップページ | 比較するのもアリかな »

2008年10月23日 (木)

TB-03のセット方向を考える

7月のシェイクダウンから、練習にレースにと一番走行機会の多いマシンです。
その割にセッティングが進んでおらず、レースの度に悩むハメに。
ここらでじっくりセットを考えないとダメですね。
なんだか、ネタが被ってる感もありますけど(笑)

・現状の洗い出し
基本は取説セット。
アッパーアームは前後共取説のまま。

ロアはサスマウントをOPのアルミにし、リアはトーイン3度、フロントは1度前開き。
(サスブロック前から、1C・1A・1XA・1E、全てTB-03・416用のドットタイプ)
マウント下に1mmスペーサーも同じ。

フロントロアサスはM2スリックタイヤとステフナーの干渉を避けるため、1mm前方へ。
(ホイールベースが1mm伸びたことになります)

ステアリンケージをナックル内側から取ってます>切れ角確保のため
フロントワンウェイ
前後ユニバーサル(セットには関係ないか)

こんなとこくらいですかね?

このセット状態で、ハイグリップな宇治天、ローグリップなタム木津とも普通に走ります(笑)
もちろんタイヤは路面に合ったのを使用してですよ。
リアの安定性も良く、余程ラフなステア&スロットル操作をしない限り、巻きもありません。
反面、フロントからグイッとインに入って曲がり込むことはなく、コーナーがまったり。
これが最大のネックとなってます。
セットの目標はリアの安定性はそのまま、フロントから曲がるクルマに仕上げること>そんなん可能かな?(笑)

・試したこと
フロントバンパー上にウェイト設置
30g載せてみました…
以前、宇治天であやまっくさんのをお借りして試したときは効果有りと感じたんですが、今回のタム木津では気休め程度でした。
Blog478

フロントアッパーアームバルク側ピボットを外側へ
アッパーアームが短くなり、サスストロークに伴うキャンバー変化が多くなります。
だからどうなるかはともかく、やってみたって感じ(笑)
結果はグリップが低下傾向でフロントのスライドが増え、慌てて戻すハメになりました。

(ここからはレース終了後のフリー走行で試してます)
フロントアッパーアームバルク側ピボットのスペーサー増量
上記を踏まえ、動的なキャンバー変化増大がダメなら少な目にと(笑)
効果を分かりやすくするため、5mmというあり得ない量のスペーサーにしてます。
これはフロントの逃げが減った感じで良い感触。
Blog479

フロントサスにスキッド
フロント側スペーサー無し、リア側1mmとし、逆スキッドに。
これはフロントの踏ん張りが増した感じ。
アッパーアームへのスペーサー増量を相まって、一番曲がり込めてる気がしました。
右手前のヘアピンでも、大幅にはらむことが減ったし。
ステア操作に対するツキがイイ感じですね。

リアサスにスキッド
フロント側1mm、リア側無しの正スキッド。
これの効果は???良く分かりません。
全体の動きとしては悪くなった気がしました。

このスキッドに関しては、あやまっくさん情報から参考にさせて頂きました。


・今後のセットポイントは
まず、比較的簡単かつ効果を確認しやすい、フロントの前開き&リアトーの違いを試してみようかなと思ってます。
フロントは現状1度ですが、2度との違いを見てみたいし、リアトーも標準の2.5度から3度に変更してます。
ここも一度標準(2.5度)に戻ってみるのもどうかと。

次に、アッパーアームバルク側のスペーサー。
動的キャンバー変化の最適値がわかれば…

そして、上記とのバランスで前後ロールセンターを。
順番がどうだとかあるでしょうけど、半分思い付きなので(笑)

|

« タムチャレ決勝編 | トップページ | 比較するのもアリかな »

コメント

どもです。
リアのスキッドは細かいギャップの走破性を良くする効果と、コーナー出口でスロットルをあけた時に、リアが沈み込むのを阻止する為です。

一応効果があるのは確認していますが、
丁寧にスロットルをあけている限りでは、実践する必要性は無いのかも知れません(笑
現にリアはスキッド無しの方が多いですし・・・

動きが悪くなったということなので、
私ももう少し見てみます。ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: あやまっく | 2008年10月23日 (木) 12:49

ご無沙汰してます~

タム木津どっぷりですね(笑)
でも、そんな近くはないですよね?
私も一度立ち寄っただけでやはり距離がネックになって行けてません・・・
レース参戦はともかく、落ち着いたら走行させに行きたいな~と思ってます。

>M2
タム木津ではスタンダードなんですねぇ~
タミグラFFP決戦に向け、ナローAやBと併せボチボチテストを始めようかと思ってます。
会場と同じ路面じゃないので、ナローサイズ&初めてのM2系のフィーリングを試してる感じですけどね。

また近いうちにご一緒したいですね!

投稿: NABE | 2008年10月23日 (木) 14:27

>あやまっくさん
動きが悪くなったとは表現が悪かったかも。
タム木津でのTB-03はローグリップの割に巻くことはなく、フロントが逃げる状態。
その為もあって、スロットルでリズムを取るというか、きっかけにして曲がってる部分があります。

リアスキッドを入れたところ、良くいえばスロットル操作に対してマイルド、悪くいえば反応が鈍い、感じを受けました。
上記の操縦クセもあって、動きが悪くなった気がしたということです。

スキッドはこれからも検証が必要そうです。


>NABEさん
ご無沙汰です。
タム木津にどっぷりといいますか、ここか宇治天くらいしか走行場所がないもんで(笑)
時間にして1時間半コース(下道のみ)なのでギリギリ許容範囲内ですかね。

西北にも行ってみたいけど、GP混走ってのが怖い(笑)
チビの走行は無理っぽいですし。

>>ナロー
M2に限らずナロータイヤ(ホイール)は足まわりとの干渉対策が必要ですね。
タミ慣れしてるNABEさんならご承知・対策済みでしょうけど。
タム木津では現地で初めて装着して「うわっ」て唸ってる人も(笑)

ご一緒できましたら揉んでやってください(笑)

投稿: たけ丸 | 2008年10月23日 (木) 16:26

M2タム木津では最近定番化してきてますね。
周りでもM2多いし店でもポップ張ってました。
私も今週試しましたがソレ24と比べてもいいですね。
8パックGTチューンで走りましたがタイヤが鳴いてました。
定番化するのが分かりました、すでに編磨耗気味ですがね。
タムは在庫少ないので直ぐ売り切れになるので帰りに予備買ってきました。

投稿: dora | 2008年10月27日 (月) 23:21

どのコースでもそこに合った、いわゆる定番タイヤがあります。
初めて行くコースならショップや常連さんに聞くのが一番ですけど、タム木津は新規だけにそういったデータがありませんでしたからね。
当ブログの記事が少しでも役立っていれば嬉しいです。

編摩耗は仕方ないかもしれません。
ソフトなインナーもあってタイヤの変形が多いですし、そもそもミディアムナローより幅が広い分変形し易いですし。

これで心置きなく練習して次回のタミチャレ頑張ってください。

投稿: たけ丸 | 2008年10月28日 (火) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/42871368

この記事へのトラックバック一覧です: TB-03のセット方向を考える:

« タムチャレ決勝編 | トップページ | 比較するのもアリかな »