« モーターのメンテ環境を整える | トップページ | ホビーショー2008ネタ »

2008年10月17日 (金)

モーターメンテナンス

先日のアイテムを使ってGTチューン・ライトチューンモーターのメンテ。
パワーマスターミニと相まって、デスク上でサクッと作業できるのはイイです。

メンテ対象のモーターは540で回します。
セットするとこんな感じ。
Blog468

こうやって研磨スティックを差し込み、軽く指で押さえます。
Blog469

コミュ表面の汚れは取れました。
Blog470

遠目にはキレイに見えますが、寄ると表面がガタガタ。
これまでノーメンテで使ってましたからね(笑)
そのダメージが蓄積されてます。
このGTチューンは限界かな?

メンテ後のチェックでは17600rpm。
16000rpm台から多少は回復。
コミュ表面の汚れを取った効果はあるようです。
ブラシはかなり減ったのをそのままですし、新品に交換すればもう少し回るでしょう。

お次はライトチューン。
まだコミュの汚れも酷くないし、事前チェックでも17600rpmとまずまず。
Blog471

クリーニングするとコミュ表面の輝きが良いです(笑)
寄った画像だとキズが目立ってイマイチな感じもありますが。
Blog472

ブラシ治具も活躍しつつ調整。
Blog473

結果はこちら。
Blog474

何度も測定しましたが、安定して18000rpm回ります。
ただ消費電流が少な目で、実走ではイマイチな可能性も。

初めてのメンテ方法でしたので、
研磨スティックを押さえる力加減とか、研磨する時間とか、良く分かりませんでした。
これらは慣れが必要ですね。
酷い汚れ、キズになる前に適時クリーニングしてやるのが大事そうに感じます。
追々、追加レポもしようと思います。

|

« モーターのメンテ環境を整える | トップページ | ホビーショー2008ネタ »

コメント

それいいですねぇ~。
私もカシメタイプのエンドベルのモーターはメンテしてませんから。
逝ってみようかな~。

投稿: ヤエン師 | 2008年10月17日 (金) 10:27

コミュ研と違ってキズまで取れませんけどね。
こまめに汚れ取りすれば、性能低下を少しでも防げるかと。

投稿: たけ丸 | 2008年10月17日 (金) 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/42781636

この記事へのトラックバック一覧です: モーターメンテナンス:

« モーターのメンテ環境を整える | トップページ | ホビーショー2008ネタ »