« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月30日 (火)

宇治天月例レース9月:決勝編

路面が上がってることもあって、予選2ラウンド目は転倒多発。
マーシャルやってると、目の前で転がる転がる。
大忙しで汗かきましたよ(笑)
それを見てるのもあって決勝は安定走行で行ければ、と思ってたんですが…

Blog448
F1のAメイン決勝をローアングルで。
遅延行為のペナルティ?(笑)で最後尾グリッドからスタートのT橋さんが盛り上げますが、終盤乱れて残念でした。
見てても面白いレース展開でしたね。

>決勝
トーンと同時にスタート!
ストレート後のコーナーで上位陣が転倒クラッシュ。
漁夫の利で順位を上げます。
加えてトップのクルマが転げて飛んでます。
気が付けばトップはヤエン師さん、次いで2番手が自分。
予想通りの展開、とほくそ笑んだのは1ラップ目だけでした(悲)

2ラップ目には自分が転がりポジションダウン。
前を走ってたヤエン師さんも転がり、ショートカットならぬコースを戻ることになり自分の後方に。
ラップペースの違うヤエン師さんはあっと言う間に追いついてきます。
そしてストレートへのコーナーであっさり抜かれました。
ちょっとパンチの差が有りすぎじゃ…(笑)

加えてミスって転がった先がフェンスの上。
亀の子になって動けずタイムロス。
一気に最下位。
この後も何度となく転がりました。
パイロン踏んでですからお手々の問題です。
(タイムを詰めようと焦ってインに寄りすぎですな)

終盤にかけてギア欠けの様な異音が、同時にパワーダウンして速度が伸びません。
1ラップ程度で復帰し走行できましたが、辺りには異臭が漂ってます。
モーターがヤバそうなマシンが…
一瞬自分かと思いました。

結局ブービーでゴール。
安定走行とは程遠かったです。
ベストラップも11秒後半と良いとこ無し。

異音の原因はこれでした。
Blog449
度重なる転倒やクラッシュでヒートシンクがずれてセンターシャフトカップを噛んでました。
致命的な破損にならず良かったというべきでしょうか。

自身のサイクロンのタイムにも及ばず残念な結果。
TB-03はまだまだセットを詰める必要がありますね。

宇治天レースは次回からツーリングクラスのレギュが変更になります。
5セルはそのまま継続ですが、6セルは廃止。
変わってタミヤシャシークラスが。
モーターやバッテリーといった詳細は不明ですが、追々決まるでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

宇治天月例レース9月に参加

9月は2回目の開催、前回は不参加ですので先月以来となります。
マシンはTB-03にストレートパック仕様で、どこまで走れるのか?
結果は、イマイチでした。
TB-03だからより、お手々とセッティングの問題ですね。

Blog447
今回ミニクラスは不成立となり、
F1:12台
ツーリング5セル:7台
ツーリング6セル:6台
でした。
ツーリングは5セル・6セル混走ではなく単独で。

Blog445
バッテリー上に妙なものが付いてますが、ポンダーステーです(笑)
取り敢えず脱落等のトラブルはありませんでした。

レースはお昼からスタートですんで、午前は練習に当てられます。
感触をチェックするとまずまず。
先週と同じくイイ感じ…と思ったのは単独で走行してのこと。
他のツーリングが一緒だと立ちからトップの伸びにも差があり、インフィールドがモッサリと遅いのなんの。

ツーリングクラスはハイエンドばかりで、バスタブなんて自分のTB-03だけっすよ。
だから遅いのは言い訳でして、実際先月のレースではMさんがTA05で上位を走ってましたしね。

急遽、ソレックス32RにエクストリームMSインナーの新品タイヤを組みます。
確かにグリップは良いんですが、ストレートエンドのコーナーで喰いすぎて転倒します。
ステアもややシビアで扱いが難しい…
悩んだ末、予選は中古32Rで。

>予選1ラウンド
リアスタビをハードに変更し、より曲がるようにはなったものの…
安定感に欠けてフラフラ。

>予選2ラウンド
ともかくしっかりラインキープして走行することを心がけ、多少タイムはアップしましたがブービー位置。

ベストが11秒半ばとイマイチな上にアベレージもダメダメ。
絶対的な速さが足りないことに焦ってるのかな?

Blog446
一緒に参加したヤエン師さんのピット。
415MSXXは先週から一転して転倒しまくり。
練習では焦っておられましたが、上手く対策できたのかレースではイイ感じ。
ベストも11秒フラット近くでしたし、後はミスを減らしてアベレージを、ですかね。

さて予選結果はブービーの5位。
決勝に向けてできることは?
路面が上がってきてることもあって、予選2ラウンド目は転倒車続出でした。
タイム的にも上げてる人は少なかったようです。

決勝は荒れるんじゃないかな?
ラップペースが遅くともアベレージを上げれたら自然と順位も上がるか?
それでも他のマシンと比べてインフィールドでもっさりとしてて、グイグイ曲がる感じがありません。
バッテリーの差は埋めようがないし。

決勝までの合間に練習で試した新品32Rを再度チェック。
やはりグリップは中古より良く、多少は曲がり込めます。
う~ん、悩みドコ(笑)
結局、グリップ剤無しで投入することに。
これでも中古より良いですし、転倒も抑えられるかと。

決勝は…次回に続く…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

レースに向けてのメンテ

デフは取り敢えず終了。
他にもサス周りとか色々ありますが、モーターのチェックをしとかないとね。
エクストリーム27Tを使いっぱのまま、モーターマスターで計測しところ、ギリギリ24000rpm。
思ったほど落ちてませんでした。

このままで良いか?と迷いつつ、できることはやっとこうとコミュ研。
Blog440

軽く慣らして計測すると23300rpm程度…落ちてますよ。
ちょっと焦りつつ、再度慣らしてこの結果。
少し成長してますかね?
Blog441

TB-03はダンパーのメンテ。
これも継ぎ足しで良いか?とか思ったり(笑)
でもオイルを変更したいこともあって、フルメンテしました。
Oリングも新品に。
Blog442

これまでずっと、フロント>リアのオイルバランスでやってましたが、
一度フロント<リアのバランスを試してみようと。
Blog443

メンテはほぼ終了。
忘れてたポンダーステーは現地でポンダーサイズを確認して取り付け予定。
後はバッテリー。
練習用を忘れずに充電しておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

デフのメンテ

レースに向けてTB-03のメンテをボチボチと。
まずリアのデフから。
実はデフカップに懸念事項がありまして…

Blog436
デフカップのピンとの接触部分が摩耗してます。
樹脂カップなのでそんなもんとも思えますが、TA05では全く摩耗しなかっただけにTB-03になって素材が違うのかな?とも。
もしかしたら、駆動系に遊びが無くショックがダイレクトに伝わってる(シャフト特有の)のが原因かもしれませんね。

手配してるセラミックデフボールと同時にアルミ製デフカップの導入を予定してました。
けど先日予定外のユニバセンターシャフトを買って資金不足のため先送りに。
今度のレースはこれで持たせたいと思います。

Blog437
ギアボックスのベアリングが若干ゴリってたため、シールドを外して清浄・グリスアップ。

Blog438
セラミック製デフボール。
黒っぽいのが特徴です。
スルスル感の持続性がいい気がして好んで使ってます。
こちらのだと安価ですし

Blog439
完成(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

宇治天のチキチキ動画

ヤエン師さんとのチキチキ動画です。
そこらじゅうでパイロンに乗るわ、フェンスに当たるわ、転がるわ、果てはショートカットするわで(笑)
ラインも甘いというか毎ラップ安定してませんし、あんまり見せられたものではありませんがこんな感じで楽しんでましたと。
モーターはレース指定の27T、ギア比は5.7近辺。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

宇治天で走行

先月、先々月と宇治天のレースに参加しましたが、普通に走行するのは2ヶ月ぶり。
今月のレースに参加を考えつつ、またぶっつけだと結果が見えてるのでこの日の感じで参加を決めようかと。
マシンはTB-03。
サイクロンというか、バラセルの相手するのに疲れてるもんで(笑)

セットはタム木津のまま、タイヤのみソレックス28R(エクストリーム MSインナー)で走行開始。
久しぶりのグリップ感を味わいつつ2パック走行。
28Rではちょっと食い付きが良すぎます。

Blog433
朝一は少なかったものの、午後からは結構な人。
タイミングによっては操縦台一杯。

タイヤをソレックス32R(カーペット用インナー)にチェンジ。
グリップ剤は塗って10分放置し拭き取りのみ、ウォーマーは未使用。
これで十分なグリップでした。

モーターはレース指定の27T。
やっぱ速い(笑)
目が付いて行きません。
グリップも良くてステアの反応が良いため、タム木津のアバウトなステア操作に慣れてるとややシビア。
半日は慣熟走行みたいな感じでしたね。

Blog434
慣れてきたところでシャフト車定番?のリアを固める方向のセットを試します。
リアにスタビ(ミディアム)装着。
これでインフィールドのライン取りがグッと楽になりました。

午後からはヤエン師さんも来られ、時折チキチキしつつ楽しみます。
27Tモーターの在庫が無いらしく、カワダ27Tをレンタル。
415に搭載して走行すると…「速っ!!」って(笑)

少しでもセットを詰めようとリアのリバウンドを5mmから3mmへ。
ちょっとステア操作がシビアな気もしますが、フロントに対してリアが良く追従してる感じ。
ストレートエンドのコーナーはもっとクイックにインを向いて欲しいけど、他のコーナーではまずまず。
リアを固めた結果かピックアップの良さを感じたような?(気だけ?)

終盤近くの走行時に時折ギア鳴りのような異音が…
もしかしてギア欠け?と思いつつ、クラッシュした際に回収してチェックするとフロントタイヤが回りません。
ギアではなく、シャフトのフロントカップ(樹脂パーツ)が破損してました。
リアに続いて破損

でこうなりました(笑)
Blog435
樹脂パーツが欠品だったため悩んだんですが、良い感触だったし後数パックこなしたかったこともあり購入して修理。
予定外の出費は痛いです。
これでセンターシャフト周りは金属化されたし破損は無いでしょう。
でも、前後のギアに負荷が掛かる可能性はありますね。
人によってギア破損する場合もあるようで、もしかしてセンターにOP入れてるからでしょうか?

チキチキも楽しくTB-03も良い感触でした。
多少の不利はあるけど次回のレースはTB-03で参加予定。
不利の一番はバッテリー。
ヤエン師さんと合わせてると、バラセルとの差は歴然です。
立ちからトップまで全然違います。
モーター・ギア比は殆ど同じなのに。

う~ん、TB-03にバラセル仕様でやろうか(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

ミニ再生ほぼ終了

ワイヤーも届いて、配線作業。
どう取り回すかしばし検討しますが、ESCの位置(端子位置)を考えたら上から出す以外にないかと。
そしてサクッと完成。

Blog428
上にメカが無いとスマートな感じですね。
走りそうに見えるのは気だけかも(笑)

Blog429
ここのところ配線の余裕がなくギリギリなのが多かったのもあり、ちょっと余裕を持たせました。
間延びしてる気もしますが…

折角メカ積みしたし走行したいですね。
週末に時間取れるかな?場所も問題ですが。
最近、レース方向のテンションが下がり目なので、まったり走行できそうなとこで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ミニ再生中

春先の走行会のために準備し、宇治天で数周しただけのM-03M(笑)
その後、メカを剥がされ走行不能状態でしたがボチボチ再生中です。
載せるESCも確保できたし、いつでも走行可の状態にできそう。

メカ(プロポ)はフタバ3GR。
3GRはオクで売却して、その資金でKO2.4G受信機をと考えたこともあります。
せっかくのエスプリⅢだしね。
でも、プロポセットとしてあった方が良いこともあるかな?と当面は保有することにしました。

ミニシャシーへメカ搭載する度に迷いつつもスルーしてたのが、フレーム内へのESC・受信機の搭載。
今回、当面メカ移動もないだろうと挑戦することに。

問題なのはフレーム内がフラットではなく両面テープで簡単に貼り付けとはいかない点。
シューグーで直接固定も考えましたが…
まずポリカの切れ端をシューグーで固定。
ここへメカを載せる方法をとりました。

Blog425
フレームの底へピッタリとはいかず若干浮きます。
それでも上部へ搭載するよりは低重心化できるはず。

受信機はこちら。
フタバ製2.4Gだと幅がカツカツです。
これより後方には載りません(その必要もないけど)。
Blog426

ESCはこんな感じで。
Blog427

とここまで搭載作業が進んだ時点で、一旦お休み。
ワイヤーの手持ちが切れてて、配線ができません(笑)

そういえば皆さん、ワイヤーってどんなの使ってます?
太さ(ゲージ=G)とか、メーカーに拘りはありますか?

昨年、温泉で23T中心の時は12Gの太いヤツで配線してました。
メーカーに拘りはありませんでしたが、価格見合いで適当なのを。
何となく太い方がロスの少ない気がしますよね(笑)

今年になってストレートパックバッテリー中心となり、タミヤコネクタに12Gなんて意味ある?
と、細めのを好んで使っています。
といっても、14Gではちょっと細いなと感じるのも確か。
中間の(13G)は?と思ってたらKOさんから出てるんですね(探せば他にもあるかもしれません)。

ブラックはともかく、ピンクやイエローの蛍光色なので引く人もいるかも(笑)
私的にはブラック&ピンクが好みで使ってました。
これの手持ちが無くなってしまって。
方々のショップに行く度チェックしてたんですがどこも品切れ。

既に手配済みなので入手でき次第、ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ESCとモーター

バーゲンで運良くゲットできたフタバMC850C。
さすがにお値打ちだったのか、1週間後には完売してましたね。
これ狙いで木津まで出掛け、空ブッて失意のまま帰った人もいるようですが(笑)

先日の走行はESCをMC850Cに載せ替え、初めてのタミヤライトチューンを使用。
最初の数パックはGTチューンで。
ESCの違いを感じられるか?と期待もあったんですが…
良く分かりません(笑)
若干パンチがあるような気もしましたけど、滑りまくる路面のせいかも。

Blog423
(画像は借り物)
発売以来何度か買いかけた一品です。
KO製より若干実売が安いこともあって、気になってました。

ここんとこバーゲンに出されてることも多く、Newモデルの登場か?ともウワサされてますね。
さてどうなんでしょう?
フタバもKOと同じく、ブラシレスESCを出すようです。
プロトがレースに投入されてるみたいで。
もしかしたらブラシ用ハイエンドはこれで終わりなのかもしれません。


ライトチューンは…意外や良く走りますね。
GTチューンと比べて、もっとまったり感のあるモーターかと思ってました。
グリップが十分でないタム木津コースだと、ライトチューンで楽しめます。
バッテリーの持ちも良いですし。

Blog424
(画像は借り物)
ギア比はGTチューンに対してピニオンを1枚上げての走行。
出足も良いし、ストレートもGTチューンと遜色なく伸びてました。
あ、もしかしてここらにMC850Cの効果が出てたのかな?

タムチャレ指定モーターでもあるし、このコースでのメインモーターに決定。
もうちょいグリップが良ければ23Tでズドーンと走りたいんですが(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

クリーナースプレー類に関して

エフさんとこでもタイヤクリーナー?の話題が出てますが…

みなさん、普段使ってるクリーナーって何ですか?
私はRC復帰してからずっと、ホームセンターで売ってるパーツクリーナー(ブレーキクリーナー)を愛用してます。
タイヤのクリーニングから、メンテ時のパーツ清掃、モーターのクーリングまでこれでまかなってます。
単価が安いから納得いくまでぶっかけられるのが一番のメリットかと(笑)

ただ、ヨコモのタイヤクリーナーとかオリオンのモータークリーナーも気になるのは確かで。
これら専用品は安価なパーツクリーナーとの差はあるんでしょうか?
実際使用されてる方のインプレを聞きたいなと。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

飲食OK?

昨日までの記事で書き忘れてました。
飲食禁止とキツめのルールがあったタム木津コースですが、どうも飲食OKとなったみたい。
ま、飲食OKとは書いてませんが(笑)、そこらにベタベタ貼ってあった飲食禁止の文字は無くなってます。
コース利用案内からも。

そして、コース奥にはジュースの自動販売機が(笑)
少なくとも飲はOKってことですね。
食はともかく、飲くらいはって感じてたので正直助かります。

まあ、ここのフードコートはファーストフード系がなくて、TAKEOUTできるのはたこ焼きくらいですけど(笑)
他はスーパーで弁当系かな。
ガッツリ食事しないにしても、軽く軽食やおやつを食べられるだけでも有難いですね。

後は路面がなぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

コースコンディションとか…

何これ?ってくらい低かった路面も、夕刻くらいから多少マシになりタイヤカスの付着も増加。
M2スリックでこのコースを走行すると、ギュギュギュッとゴムが擦れるような音がするんですが、この日は全然。
(カーペット路面でスポンジインナーを使ってる時のキュッキュッという音とも違います)
それが夜に入るくらいからズリズリ音復活。
夜になってようやく、前回レベルの路面に上がったみたいです。

ここからセットをやり直す時間も気力もなく終了(笑)
最初からこれならもうちょっと違ってたと思うんですが…

前回投入したM2スリックは前回1日走り回って、かなり減ってます(それも編摩耗)。
ソフトスポンジインナーだとタイヤが変形し過ぎてるのかも。
この路面は滑る割にタイヤも減るし、特殊な感じ。
Blog421

んで今回、新品M2スリックを。
インナーはタミヤのナロー用ソフトモールド。
これは独特の感触です、スポンジに近いというかスポンジケーキ?(笑)
減り具合は良好かな?グリップはスポンジと変わんないです。
Blog422

サスマウント下のスペーサーや、アッパーアームは取説セットのまま。
キャンバーの設定で走行フィールが変わることから、アッパーアームの位置や高さを調整するのも手かな?
良い方向へ行くかは別ですが。

ナロータイヤに0オフセットのホイールを使ってることもあって、サス周りとの干渉も悩みの種。
+2オフセットホイールを使うのが無難だと思います。

ステフナーとタイヤの干渉は、サスアームを前にずらすしかないでしょう。
これはタイヤ径が大きいためでホイールオフセットとは無関係。

Blog420
ナックルを含めたサス周りとホイールの干渉は、プッシュロッドやアッパーアームのピロにも。
+1mmスペーサーを入れただけではこんな感じ。
2mmを入れたいとこなんですが、ホイールロックナットの締め込みが不足気味になることから、1.5mmが限界でした。

この程度の接触なら影響は少ないと思いますけどね。
クラッシュ時に接触してる可能性が高いですし。
でもステア系にガタが多いので、走行時も軽く接触してるのかな?

ステア系といえば、11月にOPが出ますね。
アルミレーシングステアと、カーボンステアリンク。
ガタに直接関係するのはリンクの方でしょうか。
例のフランジを撤去できますよ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

タム木津走行3回目

土曜はタム木津で走行、3回目になります。
前回はM2スリックタイヤでそこそこグリップが得られたこともあり、今回はセットを弄って詰められたらと思ってました。
が、結果は玉砕に近いですわ(笑)
路面が過去2回と比べて悪く、とてもローグリップでした。

なんせM2スリック履いても、初回のソレ28R同様のドリフト大会状態…
1パック走行時点でどうしたものかと途方に暮れましたよ(笑)

どうも前日がドリフトデーだったのも影響してる様です。
カレンダーを再確認したら前日はグリップでした。
周りでそんな話しが出てたので、そう思い込んでました。

実車でいうところの、ラバーが乗った状態じゃないみたい。
走行後のタイヤカスの付着が妙に少なく、シャシーはキレイだし。

Blog417
それでも本日のお題であるリアを固める方向でのセットを試します。
前回走行時点でフロント:赤、リア:銀のバネからリアを青に。
リアの滑りは若干増加傾向。
でもスロットルワークに対するマシンの動きは安定感があって、操作はし易く感じます。
結局、この日はリア:青で通しました。

問題はフロントの食い付き。
ひたすらアウトに滑って逃げるんで、全然曲がり込めません。

Blog419
左周りだと、終盤の右側にあたるこの部分。
左上のシケインから、ダブルヘアピン的に抜けて外周の高速コーナーへ至るんですが、ここで止まるほスピードを落とさないとラインキープができません。
人によっては、パワードリフトかブレーキングドリフトか分かりませんけど無理矢理リアを流して曲がってます。
自分がこれをやると、ラインが安定せずフラフラに(笑)
似たようなラップレベルの人について走ると、コース左では詰められるのに右に行くと離されるパターン。

リアのバネを青に固定してから、デリケートな調整をしたのが前後キャンバー角。
前回は前後1度でした。
このコースではグリップレベルが最大になるよう、トレッド面が均一に接地する方向が良いように思えます。
それが丁度1度近辺みたいな感じ。
前後1.5度や前だけ1.5度とかあれこれ試し、前1度、後1.5度に落ちつきました。
僅かの差で微妙に前後のスライド感が変わってきます。

Blog418
それでもフロントの食い付きが悪くて逃げるのは変わらず。
フロントのバネを変更してみます。
赤から黄、銀へとハード方向に振った方が良い感触。
路面が滑る割にハードな方が良いのも?
リアとのバランスの問題でしょうか。
ところが、最終パックで赤に戻したところ一番回頭性が良かったみたいでさっぱり???

実のところ、1日の中で時間が経つにつれ路面コンディションが変化してる影響もあります。
さらに1パックの走行でもタイヤのグリップ変化が大きいように感じますし。
正直、結構ストレス溜まりました(笑)
細かい部分は次回にでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

New ESC搭載

フタバMC850Cを早速TB-03へ搭載。
ケーブル類はそのまま使い回し。
端子位置も同じでサクサクと作業が進み…ませんね(笑)
納得できる半田付けとならず、何度かやり直し。
Blog415

これまで使ってたKO VFS-2と比べ、若干ですが大きめ。
ほんの僅かの差なんですが、従来ESC横バスタブに平積みできてたショッキーの行き場がなくなり、 キャパシター上へ移動。
それ以外メカ搭載レイアウトは変わらず、ESCを入れ替えただけですね。
ESCの違いを感じられるのか?(笑)
Blog416

他にも週末の走行に向けて、メンテが必要な箇所もありますしボチボチ手を付けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

R33 GT-R

チビのハードな走行でボディはボロボロ。
540モーターでスロットル開度を60%に絞ってるにも関わらずです。
F430・メルセデスとも全損は近そうな(笑)

タミ製ボディで壊れにくそうなのは何かな?
それよりカツカツ系のアコードやダッジの方が、壊れないかも?
とボディを物色してて見つけたのが、タムタムオリジナルボディ。
1000円ですよ(笑)
スープラやシルビア、NSX等ありましたが、チビが選んだのはR33 GT-R。

安いだけあって、ウインドウのマスキングシールが付属してないとかあります。
結構手間が掛かりつつ塗装完了。

Blog412
嫁さんが、目立った方がエエからとピンクに(笑)

Blog413
単色では締まりがない気がして、下部はガンメタで。

Blog414
余り物のカンスプレーですがね(笑)


しかし投入は先になりそうです。
この1000円ボディ、軽量タイプ?のように薄くてぺらぺら。
一撃で破損しそうなイヤな予感が(笑)
もうちょっと腕を上げてもらわないと。
今のボディは全損まで頑張ってもらいましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »