« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月31日 (日)

バーゲンでお買い物

この週末フラッとタム木津まで行ってました。
ここんとこ毎週行ってますな(笑)
今回はお買い物というか、様子見だけなのでRC荷物は無し。

タムが全店で夏期バーゲンらしく、もしかして掘り出し物が?
てか、これにはあんまり期待してないっすよ(オープニングも大したことなかったし)。
それより週末のコース利用がどんなだか、確認したいなと。
特定の日の、特定の時間だけ見ても参考になるか分からないですがね。
ちなみに、ドリフト利用が多いのか?9月のコース予定カレンダーではドリフト走行日が大幅に増えてました。

Blog409
目に付くモノは少ないながらもこんなのをゲット。
青エイっす。
380円の投げ売り(笑)

他には予備パーツだとかを。
その中でようやくって感じでこいつを買いました。
Blog410

これはバーゲンじゃないです。
前回売ってるのを確認してたんで、ちょっと迷いつつ。
リビルダブル用の治具は持ってますが、ブラシホルダーだけの治具は持ってませんでした。
なので、これまでGTチューンは治具で調整してません(笑)
ライトチューンにも手を出したし、やっぱあるべきだろうと。

そして、さり気なく置かれててスルーしそうになったのがこれ。
もう一つアンプがあればシャシーに行き渡るのに…と最近も某オクでウォッチしてたのですが良い巡り会いがありませんで。
半値以下っすよ、中級アンプ買うのと変わらない。
予算組んでなかったけど、なんとか購入しました。
Blog411

9551サーボもバーゲン価格ってほど安価ではありませんが、8000円切ってましたね。
こちらにも手が伸びかけつつ、さすがに予算が許してくれませんでした(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

ストレートパック作成

容量が少ないとか、パンチがないとかで、バラセルとしてここ最近使っていなかったパックをストレートに組み直しました。
ストレートパックの数が足りてないのが一番の理由ですが、使えるのに使わないのも勿体ないし。

各社からストレートパックキット?が出てます。
でも付属のセル接続シャンテ(と言っていいのか?)で繋ぐと、セル間に微妙な隙間ができて完成したストレートパックはやたら長くなったりします。
このためストレートパック化を躊躇ってました。

Blog399
で、こいつを導入。
セル間を直接半田付けできる、ハンマーヘッドです。
ストレートパック化するときにしか使いませんし、コスト的にどうかと迷いつつ…
新規にストレートパックを購入するよりは安価かなと。

しかし、上手く組むのは想像以上に難しいですわ。
コテを抜いた後、素早くセル同士をくっつけないと、半田付けされませんし、できても微妙に歪んだりと。
デッドセルで練習しましたが中々…

Blog398
ようやく1パック分接続。
これでも少し歪んでます。

因みにストレートパックキットは各社で内容が異なります。
今回使ったのはイーグル製。
理由は、収縮チューブ内側にもう一つチューブがあって2本のセルをしっかり固定できるから。
無い方が少しでも軽いしコンパクトになって良いんでしょうけど、セルの保護とキッチリ形にできる点からコレを選択しました。
(細かい部分ではタミヤコネクタが金メッキなのもあります)
市販のストレートパックを見ても、内側のチューブは有ったり無かったりですね。
コストの問題もあると思います。

Blog401
エンド部は、ちょっと拘ってバラセル用のシャンテで接続。

Blog400
3パック完成。
結構時間掛かりました。
出来映えはまずまずでしょうか。

先日のタム木津で使用しました。
セルの半田付けが外れるとかのトラブルはありませんでしたが、 元々あまり調子の良くないバッテリーだったこともあり、特にGP4300など4000までにピーク検出して充電終了してしまいます。
実走行時間も妙に短いし。
数は揃っても状態の良いのが少ないのが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

タム木津でチキチキ

この日走行されてた人とチキチキ中。
タミグラ・タミチャレに参加されてるそうで、Aメイン経験もあるEXPな人。
四国へも遠征するそうです。

マシンは415MSX?にストレートパック用シャシー仕様。
タイヤが全然喰わずに悩んでM2ラジアルを使ってみたそうですが、あまり芳しくなかったようです。

チキチキはGTチューン同士(こちらはギア比5.7でした)で合わせてますが、タイヤのグリップレベルに違いがあってイコールコンディションとは言えない状況ですね。
タイヤが同等なら簡単に置いて行かれてるかと(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タム木津のタイヤ

タム木津コースは特殊塗装路面。
アスファルトやコンクリとも違う独特の感触です。
M2スリックが、ソレックスやCSよりグリップするのはちょっと不思議ですね。
前者と後者ではゴムの質感が全然違います。
前者の方が特殊塗装路面に合ってるんでしょう、理由は分かりませんけど。

M2スリックを使うにあたり、心配な面も。
ナロータイヤは初めてで、ホイールとサス周りの干渉具合が不明。
+2オフセットでボディと干渉・ハミ出たりも嫌なので0オフセットを使いました。
リアは問題ありませんでしたが、フロントはナックルやアッパーと干渉。
結局前後共1mmスペーサーを入れることで対処しました。

Blog405
M2スリックで1パック走行すると、ボディ裏に盛大なゴムカスが。
当然シャシーにも。
セットが進んでグリップ感が上がるに従い、カスの量も増加。

Blog406
1パック走行後は、ボディ・シャシーともコンプレッサーで汚れを飛ばさないと触れたものではありません。
これが全てタイヤが削れて(減って)付着したものとは言えませんけどね。
路面から拾ってるのもあるでしょうし。
でも、ソレックスやCSではここまで酷い汚れは付着しませんでした。

セットは宇治天とほぼ同様からスタート。
違いはステア切れ角を増やし、前後スタビレス程度。

まず、ステア切れ角が問題に。
IFSの持病みたいですが、ステフナーとタイヤが干渉します。
特にM2は直径がデカいんで尚更です。
ステア切れ角を減らして対処しましたが、足りずに曲がりません。
ここはサスマウント前後のスペーサーを調整し、サスアームを前に出しました。
これだけで、急な挙動変化も無くなりコーナー入りでグイッと曲がり込めるように。

次はキャンバー
カーペットのハイグリップ路面の経験が長いこともあって、キャンバーはやや多目で引っ掛かりに対処するクセが付いてました。
タム木津路面にM2スリックだと、トレッド面を目一杯使ってグリップを稼ぐ方向が良いようです。
最初前後1.5度だったのを最終的には前後1度に。
Blog407

グリップが上がりだすと明らかにロールが増加し、高速コーナー後の切り返しでは動きが大きくなりがち。
取り敢えず、前後バネを一段ハード方向に振って、前:イエロー、後:シルバーに。
これで動きにシャープさが出たように感じました。
Blog408

コーナー入りでグイッと曲がる、とか言ってもあくまで前回の全くグリップせずフロントが逃げてる状態と比較してのこと。
まだまだフルグリップ、タイヤが喰ってる状態ではないです。
セットの詰めも必要として…
タイヤに関しては他にも情報があります。

そもそも、M2スリックもこれがグリップします、と直接聞いたんじゃなくて700円タイヤが良いとの話しから、700円だとM2スリックかなと。
その後、900円だったかも?とかも聞きまして、スーパースリックの可能性も(笑)
その他、店員情報だとXBキット付属のスリックが良いとか。
常連さんに評判らしいですが、カスタマー扱いのタイヤですかね?
500円のレーシングスリックとは違うのか、そこまでは分からず。
何れも全てナロータイヤです。

もしタム木津に行かれるなら、タイヤ情報をお待ちしてます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

再挑戦してきました

遅めの夏休みを単発で取ってる感じ?、先週に引き続き平日にタム木津まで行ってきました。
今回も前回同様、平日の人の少なそうなのを狙ってチビに走行機会をってのが本音。
先週はまだお盆休みを引き摺ってたのか、そこそこ利用者がいました。
けど、この日はさすがに少なかったです。

タム木津は結構短時間利用が多い感じで、入れ替わりで人が来ます。
常時は5,6人程度でしょうか?
1時間利用や、バッテリー1パックで帰ったり(そもそも充電器を持ってきてない)。
ベッタリ朝から晩まで居るのはウチだけですわ(笑)

Blog402
折角、人が少なくて自由に走れるのに今イチノリが悪いチビ。
嫁さんが暇つぶしのためにガンプラを製作してることもあって、こっちに気が行って(笑)
作るの手伝う、完成したガンプラで遊ぶと…

走行しても、前回同様フェンスヒットばかりで上達感がないのも一因でしょう。
何度か当たると走行中止でお休みモード。
自由に走ればいいと、放置プレー状態なのもいけないですね。
マンツーマンで一緒に走行して教えた方が良かったと反省してます。
この日はTB-03が良く走ってたこともあって、チビそっちのけでひたすら走行してましたんで(汗)
次回(いつになるか不明ですが)はもうちょっと付き合いたいと思います…

Blog403
ABCのEX/DSは便利でした。
繋ぎッパで、放電終了ですから。

さて、本日のお題であるタイヤ。
まずはCS22から試してみます。
インナーはライドのソフトスポンジ。
コンパウンドはねっとり感のあるソフトさで、期待感ありますが…
全く喰いません、ソレックス28Rとさして変わらず。
多少、マシかな?程度。

1パックで諦め、お次はM2スリック。
こちらもライドソフトスポンジインナー、温泉用の残り物です(笑)
ようやく、グリップ走行できましたよ!
でも、喰う!ってほどではありません。
それでも、スロットルオフ時のフロントの逃げが随分減って、コーナーにスッと入って行けます。
プッシュアンダーが酷いのは変わらずなんで、スロットル握り倒してってワケにはいかずデリケートなスロットルコントロールは必要ですけどね。

Blog404
屋内だと電飾は目立ちます。
見てるとやりたくなりますね(笑)

タイヤやセットの詳細(ってほどでもないですが)は次回にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

タム木津コース再挑戦に向けて

次回の走行もタム木津を予定してます。
TB-03・TA05のメンテはもちろん必要ですが、一番の問題はタイヤ。
多少情報を得ましたけど、どこまでグリップするかは未知数…

Blog397

CSはレースのおた抽で貰ったもの。
硬度22なんて使う機会あるの?としまい込んでました。
でも使わないのも勿体ないし、タム木津で試してみます。

タミ製の方は…得られた情報の中の一つなんですがね。
こちらも正直どうなのか?

実走してからレポ予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

ABC EXPERT DISCHARGER 10A

パックバッテリーの使用頻度が高くなったことから気になってたコレ
少し前に買う気満々でショップに出向いたんですが、実物を見てデカさにビックリ!
加えてプラ筐体のチープさにげんなり…でスルーしました。
まあ、価格もそれなりですしあまり気にしちゃいけないのかもしれません。

その後もセルマスターの放電機能でまかなってたんですが、電流値を下げつつ何度も放電するのが面倒で。
バッテリーのコンディションを保つにもあったほうが良いでしょうし、と結局購入しました。

Blog396
コレの良いとこは、電源が不要なこと。
単体でバッテリーを接続するだけで使用できます。
液晶はバックライト付き、視認性も良好。

放電容量に余裕があるため、バッテリーの残容量を気にすることなく接続して放電できるのは有難いです。
パックバッテリー用放電器は簡易なモノが多く、フル充電状態から放電できないのが多いですからね。
操作も取説を見ないでOKなくらい簡単ですし。

騒音はウワサ通り五月蠅い(笑)
でもセルマスターより耳障りでないので、私的にはOKです。
しばらく使い込んでまたレポしようと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

タム木津コースレポ・番外編

前2回のレポで、路面はズルズルに滑りまくりやけど結構楽しい走行でした、と。
今回は番外編、つっても実はこの番外編が本来の目的だったりするんですがね(笑)

Blog395
チビと一緒に1/10で遊んできました。
元々RC復帰した一番の理由はチビと一緒に遊べたらと。
でもこっちがツーリングにのめり込んで、中々一緒にはできずで。
今年に入り、宇治天という好環境に恵まれ、自分は1/10チビはミニッツで楽しんでました。
ミニッツでそれなりに走行出来るようになれば1/10をと思いつつマトモにコース周回できなくて。
それでも人が少ない状況ならなんとか走行できるかと様子を窺ってました。

今日は自分も大きいので走行できると朝から気合い入りまくりのチビ。
コースに入って準備してるそばから、まだ電池が充電できてないのかとせっつくこと(笑)
TA05にフェラーリF430ボディで走行開始。
モーターは適当な540にギア比は6以上に設定。
さらにスロットルを70%に絞ってプロポを渡します。

ドカン!ガキン!とそこら中で当たりまくり、コース周回すらままなりません。
こりゃ、1日ボディが持つかそっちが心配(笑)
スロットルを60%まで絞りました。

他車とぶつかったら謝る、進路を譲る、と言い聞かせてはいるものの、妙に競争意識の高いのが困りもの。
他車が接近してきたら譲るどころか、自分的には競ってるつもりの様で頑張ります(笑)
午後からは疲れや眠気もあるのかところどころでキレ気味。
コースをショートカットしたり、マシン幅ギリギリのピットレーンを走行するので叱ったりもしましたけど。

1日の走行で上達したとはいえませんが、終盤はフェンスヒットが多少少なくなったかな?
夕刻にはとうとうTA05が音を上げて、度重なるクラッシュの影響でフロントが骨折。
正確にはキングピンが折れてしまいました。
ワンウェイカップも脱落して行方不明に。
コースが空いてるときに探しましたが見つからず。

Blog394
操縦台の絵だけ見れば、いっちょ前に見えますね(笑)

時間的に終わりにする?と聞いてもまだ走行すると。
ショップでパーツを買って、急いで修復。
結局19時頃まで走行してました。
ミニッツより楽しかったらしく、次はいつものとこ(宇治天)で大きいの(1/10)をやりたいそうです。

しかし、目ざといウチのチビ。
ストレートがお父さんより遅いのが気に入らないみたいで、違いはバッテリーだと(笑)
こちらはGP3700を使ってたんですが、次はそのバッテリーを使うと。
それにしたら速くなると思ってるんですな。
遅い理由は全く別なんですがね(笑)

早いこと1周フェンスヒット無しで周回してくれたら。
こればかりは数をこなすしかないですし、また平日に出撃を予定してます。
当日は動くシケイン・障害物となり、同走の方には迷惑かけまくりで申し訳ありませんでした。
誰でも最初はこうですよね、と言い訳しておきます(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

タム木津コースレポその2

路面グリップが低いつか無いのが一番の問題。
合うタイヤは…
当初はソレックス28Rとか聞きましたが、日が経って路面ができるどころか下がってる風。
24や20じゃないとダメとか?

タイヤに関しては情報を入手しました…けど実際に試したワケではないので今は未公開で(笑)
次回、試せたらと思ってます。
売り場ではソフト系のタイヤは軒並み売り切れ。
現地で買って試せる状況ではなかったです。

Blog393_2 

ともかく、手持ちタイヤでなんとかしないと…と試しました。
ソレックス28Rのカーペット用インナー・EX製MSインナー、32Rのスポンジインナー。
どれも似たり寄ったりで大差なし。
それでも28Rにカーペットインナーがまだマシでした。

ツルツルな滑りやすい路面だとその場でクルクルスピンを連想すると思います。
意外な事にこれは無かったです。
イライラが募って走るのが嫌にならなかった要因として、リア巻きがほとんどなかったこと。
プッシュアンダーは良くありますが、スロットルオフアンダーの強いこと。
リア巻きの対局な特性でした。

この日終日の特性として、
コーナーの入り>スロットルオフ>どアンダーでアウトにはらむ>なんとか向きを変え>スロットルオン>一瞬リア巻ドリ状態>その後プッシュどアンダー。
これの繰り返し。
コーナーの入りや出でアンダーを出してしまうと修正は困難。
ある意味、デリケートなスロットル操作の練習にもってこい?(笑)

パワーソースがもっとパワフルならスロットルオンで自在にドリ状態に持って行けるのかもしれません。
GTチューンレベルだと、握った一瞬だけリアが流れる状態になるので、これを上手く使って走るのもありでした。
ひたすらスロットルを絞ってラインキープ。
逆にスロットルを煽って向きを変えるとか。

ステア操作はアバウトで、左右にフルステア。
微妙な方向はスロットルで調整。
スロットル操作で曲がりを調整できるのは、これはこれで面白いですね。

パックの走行開始直後はそこそこグリップします。
我慢して走行してるとタイヤが暖まってグリップし始め…ません(笑)
タイヤが汚れてくるのか走行を続けるに従ってグリップが低下、ドリ状態が長く続くように。
終盤はバッテリーが垂れるまで走行するのを止めて一旦走行を中止し、タイヤをクリーニングして再度走行のパターンにしました。
1パックを2回に分けて走行する感じ。

Blog392

セットも多少弄りましたが…ほとんど変化無し。
キャンバーを減らして(前後0.5度)、タイヤショルダーを引っ掛けたらと試したものの逆効果で滑りまくり。
前後スタビを外してみても変化は感じられず。
タイヤがグリップしてない状況では、セット云々以前の問題かな。

それでもボディの違いは出ましたね。
ガライヤからNSX2007に変えてみると…アンダーが増強されました(笑)
明らかにフロントの抑えはガライヤが上です。
滑り過ぎるのが良かったのか?空力の抑えで前後の滑り量に差が出来るのが良く分かりました。

次回はグリップしそうなタイヤを準備して行きたいですね。
この日の走行は楽しかったんですけど、毎回これではさすがにちょっと(笑)
グリップの低さもあって、当面はEXPな人は敬遠しそうな感じ。
まったり雰囲気で良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

タム木津コースレポその1

スカッと爽快!
とはいきませんでしたが(笑)、1日楽しめました。
タイトル通り、タム木津コースで走行してきました。

色々と思うとこもあり、休暇を取って平日に出撃。
当初宇治天とどちらか悩みましたが、この日は宇治天が入ってるモールが休館とのとこで自動的に木津川に。
結果的にはこれで正解だったと思います。

Blog391

平日なのでガラ空き、を期待してたんですが…到着してみると結構人がいます。
10人くらい?
ん?お父さんががいますよ!
昨日、宇治天レースで一緒だったんですが。
お互いRC好きですな(笑)

朝から晩まで居たのは、お父さんとウチだけ。
温泉で1日ベッタリが身に染みついてるんでしょうか?(笑)
週末のタムチャレ参加だそうで、ライトチューンモーター仕様で走行されてました。

宇治天レースはそれなりに真剣モードでしたが(その割に結果が…なのは置いといて)、今日はまったりモード。
TB-03・TA05にパックバッテリーのみです。
仕様はタムチャレを意識してライトチューンも考えましたが、終日GTチューンで通しました。

準備を終えてコースイン。
TB-03のセットは宇治天のまま。
ギア比6で。
タイヤは全く喰いません…聞いてた通りのドリフト大会です。

コース路面はフラットでとても良いです。
操縦台も立派な2階席タイプで見晴らし抜群。
広さも十分あって快適。
これで路面のグリップが良ければね。

レイアウトもテクニカル過ぎず、単調過ぎず良い案配。
仕切りは鉄の角材で当たれば金属音が痛そう(笑)
でも縁石の配置が良くて、高速で仕切りに当たることは少なそうです。

ピットスペースの狭さはあるものの、快適で良いですよ。
もうちょい近ければね。
前置きが長くなったので、突っ込んだレポは次回に続く…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

宇治天レースに参戦してきました

前回のレース以来、全く走行できず準備不足ですが…経験値アップの修行に行ってきました(笑)
結果は、予選・決勝とも集中力を欠いたのか全く精彩なく撃沈。
1人、踊りまくってました(苦笑)

お盆休み最終日とあって道路の混雑が気になったのですが、通常の週末よりガラガラでスイスイと到着。
今回のエントリーは、
ミニ:10名
F1:8名
ツーリング6セル:10名
ツーリング5セル:12名

複数エントリーがありますので、延べ人数になりますが40台の参加。
前とエラい違いです(笑)
個々のクラスはそれなりの台数ですけど、これだけ揃えば賑やかです。
Blog388

・練習
午後からレーススタートなので午前は練習走行。
前回、ややロールが深いと感じてたためバネをハード寄りに変更。
さらにスタビのハードを試しますがこれはやりすぎでした。
タイヤはソレックス28R・EX製MSインナーが良い感触。

・予選1R
バッテリー充電のミスかパンチが全くありません。
ストレートも伸びず、自主リタイヤが頭をよぎります。
けど、完走しないとリザルトが残らないし…
と迷いながらのためか集中力に欠けボロボロ。

・予選2R
後がない2R目。
気合いが空回りし、フェンスと見合うわ転がるわでこのRもボロボロ。
1Rを上回れませんでした…


ベストラップは6セルクラスでも上位なんですが、アベレージが…
ベスト11秒半ばに対し、アベが13秒台では話しになりません。
Blog390

・決勝Bメイン
当然のようにB落ち、2番スタート。
スタートダッシュ良く、アウトにはらんだ前車をインからパスしトップへ。
しばらくトップを走行しますが…
予選同様、1人で踊りまくって2位走行に。
普通に?走行してたら詰められるんですが、随所にミスしまくりで追いつけず。
ベストが幾ら良くっても揃えられなければレースになりませんわ…
結局2位のままゴール。

妙に疲れました(笑)
もうちょっと走り込んで再戦したいです。

急遽参戦したMさん、お疲れさまでした。
速くて目が追いつかない、との話しでしたけど慣れればタミチャレ・タミグラで余裕持てるんじゃないですかね?
また、応援に来てくださったヤエン師さん、yanaさん、ありがとうございました。
次回は一緒に参加しましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

タイヤを考える

宇治天のコースで走行するようになってから、このコース用として新品タイヤを組んだことがありません。
どのタイヤが合うのか?、真剣にタイヤのチェックをしてないのがホントのとこ。
タミヤ製シャシーにタミヤ製タイヤでの走行機会が多かったのもありますね。
温泉の中古を適当に使い回してましたが、そろそろレースの事も考えてタイヤチョイスをしないと。

これまで使ってみたのは、ソレックス28R・32Rにマッチモアカーペット用モールドインナーやスポンジインナー。
さすがにスポンジは引っ掛かりが強くて、コーナーの入りで失速します。
転倒するほどではないものの、ギクシャクしてコーナーをスムーズに回れません。
カーペット用インナーはまずまずな感触。

Blog386
そこで、マッチしそうなタイヤやインナーを検討し、手持ちタイヤとインナーを組み替えました。
以前にもブログで記事にしたっけ?
タイヤの内側をカットし、インナー取り出して交換するセコい技(笑)

スポンジインナーの28R・32Rをカットしてカーペット用インナーと入れ替え。
加えてカーペット用よりもう少し硬めのインナーを試してみたいので、前回レースの景品で頂いたエクストリーム製モールドインナー(ミディアムソフト)を28Rに入れてみました。
レース当日は路面も上がり気味になるし、グリップ剤の使用も考えたら28R+EX製MSインナーや、32R+カーペット用インナーが良いかも。

Blog387
加工タイヤは新品同様とはいきませんね。
でも以前試した感じだと、振れたりとか特別不具合もなかったし、インナー違いの感触チェックには十分使えると思います。

スポンジインナーは引っ掛かりと失速感が強くてココでは無いかと。
無理くりステアワークで走行できるんですけどね(笑)
マシンの動きにスムーズさがなくて、もしかして1発のラップは出るかもしれないけど、タイムレースではアベレージが低くなりそう。

モールドインナーでマッチするのを見つけたいとこですが…
マッチモアのカーペット用でも少しソフトな感触なので、EX製のMSにちょっと期待してます。
実走はレース時の練習でぶっつけ…はてさて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

NSX2007その2

暑い中スプレー噴いて塗りました。
ガライヤ同様の一応?オリジナルカラー。
こいつをパーソナルカラーリング化したいなとも思ってますが、マスキングが結構手間なのが難点。
効率良くというか、キレイに直線を描ける方法があれば…
カツカツ系ツーリングボディだと、前後のディティールがのっぺりしてるんでもうちょい楽だと思いますけど。

Blog382
お目々(ヘッドライト)のデザインもあって、なにやらウーパールーパー風に…
ホワイト系だと避けられんでしょうね(笑)

Blog383
遠目にはそれなりに真っ直ぐなラインに見えるんですが…

と完成記念撮影してたら、ネコお嬢さまが邪魔しに(笑)
Blog384

Blog385
改めてガライヤと比較。
ガライヤは後付けパーツが少なくてスマートですね。
NSXはベースからGT化するのに、オーバーフェンダーやら各種エアロやらで結構ゴテゴテ。

デザイン…これはもう個人の好みでしょう。
NSX2007はエッジの立ってる部分が多くて、クラッシュに弱そうな気が。
フロントのリップなんて、即もげそう。
走行特性的なのは、次回のTB-03走行時に比較してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

NSX2007その1

実はTB-03とほぼ同時購入してましたが、塗装のヒマが無く(カラーリングに迷ったのもあり)今まで放置プレー。
ようやく、塗装作業を開始しました。

Blog381
05IFS用として発売以来、一目惚れに近く使ってみたかったボディです。
ペッタンコ具合がなんともイイ感じ。
空力や走行特性がどうかは二の次で(笑)
このボディを載せるためだけに手持ち05をIFS化しようと考えたほど。
TB-03なら当然搭載可能なわけでして、シャシーと同時に入手しました。

しかし、カラーリングに迷って今まで手付かず。
最近、パーソナルカラーを…との思いもあり、実際ガライヤは挑戦してみました
これはARTAのカラーリングが好みでないことも後押しの原因。
NSX2007はレイブリックカラーが好みなのもあって、当初このカラーリングにするつもりでスプレー缶を揃えたのですが…
ガライヤ同様のカラーリングで逝ってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

ブログアクセス

少し前にAKIRAさんとこで、TB-03をネタにし出してからアクセス増ってのがありました。
この人気ブログとは比較にならない辺境ではありますが、こちらでも微増傾向に。
やっぱ、TB-03ネタの検索が増えたのかな?と思いきや、ほとんど無関係でした(笑)

実は当ブログの検索ワードトップはミニッツ。
2.4Gミニッツでの検索が多いようです。
あんまりネタなんてないんやけど(笑)
最近全くやし。
もうちょい、ミニッツネタやった方が喜ばれるんでしょうか?(笑)

その時の微増はたまたまだったようです。
それでも最近はTB-03絡みが検索ワードトップになってますね。
何だかんだで、全くのNewモデルだし、そこそこ売れてるようで注目度は高いんでしょう。

そして今週に入り、妙にアクセス増。
ポンと増えた感じで何やろ?と調べてみると…どこかの検索ロボットがアクセスしてるためのようで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

セルマスターが故障?!

ネタ不足のため、引き続き少し前のを引っ張り出して(笑)
各所でレース開催の話しを聞くようになり嬉しい反面、レギュの絡みで自車仕様に迷いも。
5セル化するか、6セルのままか、TB-03の出し所は…等々。



先日のレース時、予選R1はバッテリーの充電不足で失速しました。
この時は、久しぶりに使用したバラセルの不調が原因かと予想。
充電時に弾かれまくってましたから。

レース後、フリー走行となって充電してると、バッテリーのローボルト警告が…
このバッテリー死んだ?と思って、他のを充電してみるもことごとくローボルト。
セルマスター側に問題発生の模様。

TB-03の走行準備をしてたけど、テンションダダ下がりで走行を取りやめ撤収作業(笑)
どこか断線してる可能性が高いかな。
都合良く断線を発見できるか。
修理に出した方が無難かな?、修理って時間どれくらい掛かるのかな?と…あれこれ考えつつ、帰路に。

帰宅後、しつこく充電作業を試みるもローボルトで変わらず。
でも接触不良らしき仕草があり、あれこれチェックしてると…発見しました断線箇所!
クリップ部で電圧測定ラインが切れてました。
クリップは常に使う部分なので、疲労骨折みたいなもんでしょうか。
半田付けして無事復活しました。
Blog375

故障したのは約2年使ってるセルマスター。
良く言われる、ボタンの不具合もなくこれまで快調でしたが…
セルマスターに限らずチェックポイントなのかもしれません。

何れにしろ、良かった、良かった、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

続・GP3700

このところの酷暑に加え、持病の悪化で体調不良もありフラフラな今日この頃(苦笑)
中々RC予定を立てることもままなりません…
レースに練習に忙しく活動されてる方達もおられますが、健康管理には注意しましょう。
さて、ネタ不足もあり少し前のを引っ張りだしました(笑)



TB-03シェイクダウンの記事中でも少し触れましたが、GP3700はパンチがあり好印象。
GP3700はパンチありそう…とは慣らしがてらに充放電してる時から予想していました。
セルマスターの10A放電中電圧を見てると、放電開始から長い時間7v台をキープしてます。
GP3900だとあっと言う間に6v台に落ちますから。
新しいからパンチある、との意見もありますけどね(笑)

一方、復活したかに見えたオリオン4000とGP3900は…現地での充電は弾かれて満充電できない状態。
やはり不良セルが混じってるんでしょう、半死といっていいかと。
結局パック数が足りてない現状は変わらずでもあるし、同じ買うならパンチある方がイイよね、とGP3700を追加で逝っときました。
Blog380

それと太治N1に参戦してて、ストレートの伸びに疑問を感じてました。
ベンチではイイ感じの540でも実走するとイマイチで。
もしかしてバッテリーが原因だったのかもしれません。

ようやくバッテリーが揃ってきたのに、肝心のTB-03は多少出番が少なくなってます。
宇治レースのレギュ絡みから、サイクロン&バラセルの組み合わせが今のメインに。
秋になれば太治N1へ再チャレンジ予定ですし、それまでにじっくり仕上げたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

指定モーターを見てみる

価格(2980円)や各部の作りを見ると「高ターン=安価なモーター」ではなく、一般的な23Tと同等クオリティみたいです。
聞くところによるとカワダの27Tと同じらしい。
そこで手持ちのカワダ27Tと比較。

Blog376
上カワダ、下エクストリーム
エンドベルのヨーロピアンコネクタは、カワダ標準装備、エクストリームには別途取り付けました。
パッと見た感じ、同じモーターやなと。
けど細部を見てみると違いもあります。

Blog377
フロントの肉抜き形状が異なってます。
カワダのはKAWADAの刻印が。

Blog378
エンドベルも基本、同形状ながら微妙な違いも。
右エクストリーム、左カワダ
バラしてて気付いたのは、ブラシのテンションバネ形状が違います。
エンドベルにもカワダ製はカワダの刻印、エクストリームのはSAGAMI。

Blog379
一番の違いはココかも。
どちらもバランス取りされたローターですが、カワダ製(下)には冷却ファンが付いてます。

細部の違いを見てると全く同一のモーターとはいえなそう。
しかし、よく考えてみるとカワダのモーターは約2年前に買ったもの。
もしかしたら、現行品はエクストリームと同仕様に変更されてるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »