« ストレートパック | トップページ | 期待を込めて… »

2008年6月18日 (水)

パックバッテリー用放電器

バラセル用であれば多機能な放電器が多数リリースされてますが、パックバッテリー用となるとグッと少なくなります。
充電器の放電機能でまかなってる人も多いじゃないかと。
セルマスターは10Aリニア放電ができるので、ザックリと抜くには向いてます。
けど、深めの放電をしようとすると、放電電流値を下げながら複数回放電する必要があり、結構面倒な作業です。

スピンテックのバッテリーマネージャーってイイのかな?と思いつつ、仕組みが理解できない(笑)
気になってるのがこれ
Blog338

当然セル単位の放電は出来ませんけど、放電アルゴリズムはライトニングなんかと基本的に同じです。
繋ぐだけで放電終了まで放っておけるので、便利で楽そうですよね。
ファンが相当五月蠅い(セルマスター並?)らしいですが。
それと結構サイズがデカ目。

新規パックバッテリー導入はほぼ決まり。
充放電管理用にどうするか検討中です。

|

« ストレートパック | トップページ | 期待を込めて… »

コメント

最近になってバッテリー管理も意識するようになってきました・・・(遅い!)
ただ、いかんせん理系知識が乏しいので、ろくに検証せずに良さげなものを購入してしまいます。
今回も自分へのご褒美をかねてスピンテック購入しましたが、うたい文句では、レースなんかで「ちょい使い」した後の残量を35Aで一気に抜く時にいいのかなと・・・
まぁ今の新しいバッテリーがヘタリにくくなれば・・・くらいの気持ちですね。
そりゃ古いバッテリーが復活すれば嬉しいですが、エフさん調べにもあるように「鮮度」に勝るものナシなんでしょうね。

投稿: NABE | 2008年6月18日 (水) 11:36

ABCのは説明見る限り結構良さそうですよね。可変電流がどの程度なのか疑問ですが、普通に抜くだけのよりは高性能でしょう。
スピンテックのバッテリーマネージャーV2は、なにやら放電の時間がやたらかかるのと本体が熱くなるってのでパス。手軽だし良いとは思いますが。
バッテリーシュリンクの加工が必要になりますが、マッチモアからストレートパック用単セル放電器出るみたいですよ。タミグラで使わないなら、選択肢としてアリかと。

投稿: エフ | 2008年6月18日 (水) 12:53

>NABEさん
仕組みが理解できないといいつつ、良さそうな気はしてます(笑)
ただ、価格的にちょっと手を出しづらくて。
「鮮度」が一番でしょうけど、少しでも長くコンディションを保てたら…と思います。

>エフさん
ライトニング2は1A迄、ABCは0.1A迄設定できるようです。
ここだけ見ているとABCの方が深く放電できそうですね。
マッチモアのは海外サイトに載ってたヤツですね。
バッテリーコンディションだけ考えれば1セル単位がベストなのは分かります。
タミレースとは無縁なので良いかと思いつつも、取り扱いを考えるとパックバッテリーの良さを殺しちゃう気がして。

投稿: たけ丸 | 2008年6月18日 (水) 18:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/41515237

この記事へのトラックバック一覧です: パックバッテリー用放電器:

« ストレートパック | トップページ | 期待を込めて… »