« 早くもVer.2 | トップページ | パックバッテリー用放電器 »

2008年6月17日 (火)

ストレートパック

充電システムラックの改良をしつつ、ストレートパックバッテリーのメンテに勤しんでました。
手持ちストレートパックは4本のみ。
これでレースや練習をこなしてました。
でも実際問題この本数ではレースはもちろん1日走行となると厳しいワケで、追充したり1日何度も充放電したりの無茶な使い方に…

そんな充放電管理を怠ったツケか、GP3900とオリオン4000の状態がよろしくありません。
もしかしてお亡くなりになったかも…(泣)
充電初期から妙に電圧が高く1000までにピークが出てしまう状態。
これは以前にお亡くなりになったIB3800のパックバッテリーと同じ症状。

太治N1のレース中も、フル充電できずにあたふたしました。
残りのバッテリーに追充かけ無理矢理出走しましたけどね(笑)
でもこれやってると残りのも近いうちにヤバくなりそうです。
数パック手当しないと、悪循環から抜けられないな…

Blog339
それほど回数使ってないんですが…

|

« 早くもVer.2 | トップページ | パックバッテリー用放電器 »

コメント

あらら、ご愁傷様です。

バッテリーの使用頻度ですが、1日に何回か使用する場合、
どれくらいの休止時間が望ましいんでしょうね。

雑誌に載っていたトップドライバーのお言葉ですと「2~3時間くらい空けて使用している」らしいのですが、私自身検証していないので本当にそれで良いのかわかりません。

面倒くさかったらやっぱり1日1回なのでしょうね。

投稿: あやまっく | 2008年6月17日 (火) 12:57

バッテリーの取り扱いは難しいです。
少ない本数で有効活用したいけど…
やはり1日1回が無難なんでしょうね。

投稿: たけ丸 | 2008年6月17日 (火) 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/41515206

この記事へのトラックバック一覧です: ストレートパック:

« 早くもVer.2 | トップページ | パックバッテリー用放電器 »