« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

2008年6月30日 (月)

お手々が疲れて一休み

前後のギアボックスを組み、リアはバスタブシャシーに取付。
モーターは適当な手持ちのを仮組みです。
Blog347

フロントは取り敢えずデフ仕様にしてます。
シェイクダウン時にワンウェイと交換して違いを試してみようかと。

それにしても、タミ標準の樹脂ってこんなに硬かったかな?
TB-03はカーボン混入じゃないですよね?
ヘックスビスのお陰か樹脂パーツの舐めはありませんけど、ドライバーを回す手が限界です。
マジで電動ドライバーが欲しい(笑)

サスマウントは一部OPのアルミを導入。
新しい"."(ドット)マウントです(416用)。
タミのマウントはあんまり持ってないので詳細は不明ですが、サスピン位置(高さ)は従来と同じじゃないかと。
素TB-03の樹脂マウントには取説でスペーサー(1mm)を入れる指示がありますが、アルミマウントでも1mmスペーサーを入れないとサスピン位置は同じになりません。

加えて、前後・後前のマウントは3mmスペーサーを入れてリバース(裏返し)することになります。
キット標準セットのためにはプラス1mmスペーサー要。

その他、初めてのシャフト車なこともあり、色々と戸惑う部分が多いです…
前後ギアのバックラッシュをシムで調整するのは良いんですが、見えない上に触感だけだと良く分かりません。
平ギアと違ってガタが3次元方向にありますからね…慣れしかないのか。
スパー・ピニオンも半分感覚での調整になりますね。

ギア周りは完全遮蔽されてますから、小石等の噛みは皆無でしょう。
その反面、全く見えないのでパッと目視で確認とはいきません。
モーターも搭載方法を考えてはありますが、ベルト車に比べれば確実に手間は増えてます。
正直、メンテ性ではベルトに分があるように感じた第一印象です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

初のシャフト車

完成は何時になりますかね…?
Blog346

タミサイトでTB-03の取説がアップされてたため、必要OPや各部をじっくり観察。
ステアワイパーやIFSのクランクに850ベアリングが必要なのは想定内。
これは手持ちがあるのでラッキー。

細かい部分では皿ネジ・ボタンネジをヘックスネジで組めるよう買いました。
鉄ネジですけどね(笑)
これはネジ山の舐め対策のつもりです。

RC復帰した当初に組んだデザートゲイター・TA05共樹脂パーツへのねじ込みで舐め多発。
組んでる段階で数カ所やってしまって、樹脂パーツへのねじ込みがトラウマになってます(笑)
当時は単にトルク掛けすぎのケアレスミスと思ってました。
けど最近はトルク過多の一因としてプラスヘッドのネジにも問題があるんじゃないかと。

RCに限らずネジやナットを締める場合、プラスネジは押し7:回し3でトルクを掛けるべしと言います。
でないとネジ山を潰す可能性が高いからですが。
樹脂パーツにネジ山を切りつつネジ込む場合、結構硬いためトルクを掛けがちです。
どうしても押しだけじゃなく、回しにもトルクを掛けすぎるきらいが…
これがネジ山の舐め要因かもと。

ヘックスヘッドだと回す方に集中できますからね。
多少はマシじゃないかと思い、最初から全てヘックスネジで組めるようにと。

T2'007みたく製作記事をアップする予定はありませんけど、気の付いた点があればネタにしたいと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

初のシャフトになるか?

いよいよ?この週末にTB-03が発売されます。
お買い得感ある05-IFS Rも魅力的なのですが…これまでシャフト車を使ったことがなく、おNewのTB-03に惹かれます(笑)
太治N1レースに参戦するようになって、このクラスのシャシーも使い道がありますし。

ほとんど逝くのは決定的。
今はどのOPを同時導入するか検討中(笑)
フロントワンウェイは必須として、前後ユニバも入れたいし。
細かいパーツではアルミハブ(汎用OP)も必須と。
これからの主力と考えるとセット用にアルミサスマウントも…

初シャフトなこともあって良く分からないのがセンターシャフト。
ユニバのOPが同時発売ですが、これって有効?
あれもこれもと欲張ると結構なトータル金額になるので考えドコです。

スパーは汎用タイプが使えそうなので64Pを試してみる予定。

予算の問題はあるけど、あれこれ悩んでる時が一番楽しい(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

ちょいとリサーチ

タムの京都店(木津川店)のオープンまで間近。
1/10コースもあるということで楽しみです。
自宅からは片道約40km、ちょっと遠いですが下道で行ける範囲ですし、道路事情調査やモールの下見へ行ってきました。
http://www.gardenmall-kizugawa.com/

モールの所在地は京奈和自動車道・木津川ICを出たところ。
急いで行きたくとも、全く高速道路の恩恵に与れません(笑)
土日の朝一移動なら、1時間半程度で行けそう。
日中なら確実に2時間オーバーですね。

この春にオープンしたばかりのモールはとってもキレイ。
全体的にゆったりと広々した感じ。
2Fパーキングを利用すれば、RC荷物も楽に運べるでしょう(台車利用が前提)。
ショップはフードコート横ですし、スーパーも完備と食糧事情は宇治天と同等。

さて肝心のショップは…
Blog344

出入り口はフェンスで閉鎖されてます。
けど隙間から見える店内には、既に商品がキレイに陳列されており営業してるかの様でした。
面積はタム尼とほぼ同じかな?
ただし、RC面積は不明です。

そして、こんな案内も。
Blog345

初心者優先のコースだそうです(笑)
1/10が1日2000円は安いかな。
ラジ天で慣れてるせいか、ミニッツが高く感じます。

しかし、肝心のコースは全く見えず、広さ含め不明です。
コース料金が安いのはコースが狭いからかとも勘ぐったり(笑)
モールのフロアガイド通りだと狭そう。
でも店舗面積はフロアガイドより狭いみたいで、残りがコースと考えると広いのかもしれません。
レース(ヨコモチャレンジカップ)やるくらいですから、ピットスペース含めそれなりを期待したいですが…

時間を考えて移動すれば道路の混雑度合いもマシですし、コース次第で通うことになるかも。
タムならパーツも安価だし、定期的に買い出し行脚は決定的か(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

期待を込めて…

どうも怪しいGP3900とオリオン4000のパックバッテリー。
使用頻度も低いため簡単には諦め切れず、復活を試みました。
といっても、数日かけて充放電を繰り返してみただけです。
10A放電後充電、1Aまで放電してから充電と設定を変更しつつ。

オリオン4000の方はすんなり容量分入るようになり、無事な雰囲気。
電圧が高目だったのも普通に戻ってるみたい。
たまたまコンディション悪かったんですかね?

GP3900は無理かも。
何度充放電繰り返しても、電圧高目で安定せずピーク検出されます。
最終的になんとかフル充電まで持って行けました。
ただし、温度が半端なく上がっており、とても普通じゃない状態。
こちらは期待できないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

パックバッテリー用放電器

バラセル用であれば多機能な放電器が多数リリースされてますが、パックバッテリー用となるとグッと少なくなります。
充電器の放電機能でまかなってる人も多いじゃないかと。
セルマスターは10Aリニア放電ができるので、ザックリと抜くには向いてます。
けど、深めの放電をしようとすると、放電電流値を下げながら複数回放電する必要があり、結構面倒な作業です。

スピンテックのバッテリーマネージャーってイイのかな?と思いつつ、仕組みが理解できない(笑)
気になってるのがこれ
Blog338

当然セル単位の放電は出来ませんけど、放電アルゴリズムはライトニングなんかと基本的に同じです。
繋ぐだけで放電終了まで放っておけるので、便利で楽そうですよね。
ファンが相当五月蠅い(セルマスター並?)らしいですが。
それと結構サイズがデカ目。

新規パックバッテリー導入はほぼ決まり。
充放電管理用にどうするか検討中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

ストレートパック

充電システムラックの改良をしつつ、ストレートパックバッテリーのメンテに勤しんでました。
手持ちストレートパックは4本のみ。
これでレースや練習をこなしてました。
でも実際問題この本数ではレースはもちろん1日走行となると厳しいワケで、追充したり1日何度も充放電したりの無茶な使い方に…

そんな充放電管理を怠ったツケか、GP3900とオリオン4000の状態がよろしくありません。
もしかしてお亡くなりになったかも…(泣)
充電初期から妙に電圧が高く1000までにピークが出てしまう状態。
これは以前にお亡くなりになったIB3800のパックバッテリーと同じ症状。

太治N1のレース中も、フル充電できずにあたふたしました。
残りのバッテリーに追充かけ無理矢理出走しましたけどね(笑)
でもこれやってると残りのも近いうちにヤバくなりそうです。
数パック手当しないと、悪循環から抜けられないな…

Blog339
それほど回数使ってないんですが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

早くもVer.2

引き続き充電ラックネタ。
早くもVer.2に改良されました(笑)
Ver.1のピットでの使い勝手、パッキング面の問題等々を考慮した結果です。

Blog341
ラックをワンサイズ小型に変更。
W300mm×D150mmのサイズ。
面積減をラック段数2→3へ増やして対処みたいな。
画像を見比べれば一目瞭然、デッドスペースが減ってかなり凝縮されました。

Blog343_2
上段ラックのサイズはこんな感じ。
バッテリーは縦横どちら置きにしても、最低限のスペースはあります。
自作冷却ファンも設置可。

Blog342_2 
唯一、計算外だったのがパワーマスター横のスペース。
モーターマスターの収納位置にするつもりが入りません。
またデッドスペースが出来てしまった…と思いきや、ACケーブルやセルマスターの入出力ケーブルの収納に都合が良かったりしてます(笑)
適当に突っ込んでるだけですが、ラック外にハミ出ても厄介なので。

Blog340
運用時はこんな感じで。
ピットでの使い勝手はVer.1と変わらないでしょう。
モーターマスターやライトニングは、このラックの前や横に置いてになりそうです。
この2アイテムは常に使うとは限らないし、却ってこの形態の方が良いかもしれません。

パッキング面のスペース効率は上がりました。
愛用してるプラケースの短辺長と、このラックの長辺長がほぼイコール。
ピッタリケースに収納出来たのはラッキー。
ラック使用前に近いパッキングが出来そう(完全に同じはさすがに無理ですが)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

使ってるとこ

昨日のラックを使ってみると…
コースだけでなく、自宅でもこの状態で使うことになります。
ラックと固定してるので当然といや当然です(笑)

Blog337
セルマスターは少し前に出した方が良さそう。
現状だとスイッチへのアクセスがちょっと遠い感じ。
上棚には上手い具合に冷却ファンも乗るので、バッテリーを冷やしながらの充電も可能。

思い付きで作成したわりにはマトモか(笑)
チビチビ手を加えて、使いやすく出来たらと…
出来た頃には全く違う形態かもですが(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

充電システムラック

コースで色んな人のピットを見たりするわけですが…
ずっと気になってたのが、充電器や安定化電源をラックに固定し一まとめにする方法。
メリットはピットの設置・撤収が早いこと。
ピットテーブル上で向きや位置を変えるにも簡単だし。
適当なサイズのラックを物色しつつ、100均ものならコスト的にも最小だし、試してみることに。

Blog335
こんな感じに組んでみました。
モーターマスターは測定時動かせないとよろしくないので固定せず。
放電器(Lightning)は…このラックだと行き場がないです(苦笑)
それに毎回使うとは限りませんしね。
電源の分配器は固定位置を検討中。

画像はありませんが、既に実戦投入してます。
先日の太治GPと、その前日の宇治天練習に。

ピットでの使い勝手は良好です。
上段にバッテリーや冷却ファンを乗っけて使ってみましたが、安定感あるし。
モーマスも上段に置いといて使う時に引っ張り出して。

しかし、大きな問題はアイテムのパッキング。
確かに、一まとめに出し入れ出来るメリットはあります。
けどデッドスペースが増えてしまってパッキングが肥大化…
それまで一緒に入ってたモノが入らない事態に。
これ以上ケース類を増やしたくないし一考の余地ありです。

Blog336
取り敢えず、上段部の棚を固定せず取り外せるようにして、少しでもスペースを有効利用。
これでパッキングは以前並に戻ったといったところ。
RCアイテムのパッキング方法はまだまだ改善が必要ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

2008 Reedy TC Race

少し前のネタですが。
今年のリーディーレース中、実質的なトップであるインビテーションクラスでAHが優勝。
このクラスは、通常の予選→決勝メインの形式ではなく、ラウンドの着順ポイント制。
それもラウンド毎にメンバーが異なるという面白いもの。

http://jp.youtube.com/watch?v=dYtvzVcajUk

動画見るとスゴいっすね。
AH vs Masamiの熾烈なこと。
今大会ではAHの調子が良かったようで、走りもキレキレ。
サイクロンTCは世界戦に向けて仕上がりは良いようです。
416や008、ウワサのヨコモプロトと各メーカーも世界戦を睨んでの開発が進んでそう。

縁はないけどやっぱ楽しみな世界戦、ってとこですかね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

タム木津川

思い出したら気になるんでちょいとチェック。
宇治天より確実に遠く、少なくとも1.5倍は時間が掛かりそうです…距離だけじゃなく道中の混雑具合も宇治以上だと思われるし。

新しいモール内に出店と聞いてましたが、モールは既存だったんですね。
ガーデンモール木津川 http://gardenmall-kizugawa.com/

パーキングは無料>合格です(笑)
フロアガイド見たら既にタムの出店位置も記載されています。
コースは…フードコート横みたいですが…
このフロア図の通りだとちょっと狭い気がします、ミニッツコースかな?
かといって、屋外(パーキングとか)にコース設置できるほどゆとりは無いような。

行ったことのないモールだし、予想以上にフロア面積が広いとかだと嬉しいけど。
何となく、極小スペースのコースな予感が…ヤエン師さん情報ではコース面積520㎡、宇治天程度らしいとか。
まあ、フードコート横だとギャラリーには事欠きませんね(笑)
何れにしろ、行ける範囲内にインドアコースができるのであれば歓迎です。
オープンを楽しみに待ちたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

どうもコースありそう

気になるこいつは益々気になってきてます。
キットのみなら即決できるんですが、やはり素のままではと欲が(笑)
情報収集のため数ヶ月ぶりにRC雑誌などを買いました。

参考になったかなってないかは置いといて、欲しい気になりますね(笑)
初のシャフトに興味津々、ぺったんこボディ載せたい…

そういや、タムの京都(木津川)店のオープンが6月下のはず。
タイミングが合えばオープンセールで安く買えたりしない?
タムのサイト見たら、少し遅れて7/4に開店決定だそうです。
そして先の雑誌をパラパラ見てて、ふと目に留まりました。
『ヨコモチャレンジカップinタムタム』、7/12.13(土・日)、木津川店…

1/10とは書いてないけど、ツーリングカー・スーパースケールクラスなら1/10ですよね?
ってことは、ウワサのコースも併設されてるの?
・・・追記・・・
雑誌のタム広告見たらEPツーリング・ミニッツコースありって載ってました。
オープニングイベント予定→これがヨコモチャレンジカップっぽいですな。

屋内か屋外かは分かりませんが…
ウチからはちょっと遠いんやけど、オープンしたら一度は行ってみないと。

チャレンジカップの問い合わせ先はタム尼になってますので、レース参戦とか興味ある人は問い合わせてみては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

太治GP第4戦決勝

ダラダラと長くなってしまったので、決勝編と2分割(笑)

予選3ラウンド目は新品B3が当たってそれなりにグリップしてました。
しかし、グリップして挙動が変わったのか走行フィールにどうも違和感が。
ロールが多すぎたのかな?お釣りをもらってた気もします。
やっぱスタビは必要ですか?

決勝に向けてはセットそのままで。
一皮剥けたB3はさらにグリップアップするかも?
その時どっちに転ぶか予想できず、セット変更できませんでした。
それより確実にコーナーをクリアするのが先決と。
この日はお手々がホントにダメダメでしたから。


・決勝Cメイン
ビリからスタートなので慎重にスタート。
団子の集団を追いかけてると、前で絡みあってます。
こりゃラッキー、「2,3順位を上げれる」と脇から抜いてると横から突っ込まれ…
順位そのまま(笑)

走りダメダメを象徴するかのように操縦台前U時コーナーでショートカットしてしまい、一旦停止のペナルティまで。
この時、どうしたらいいのか迷ってヨタヨタしてる時にヤエン師さんと絡んでしまったような。
すみませんでした。

中盤にはブロックとお見合いして大幅なタイムロム。
バック付きアンプのままが良かったか(笑)
リザルト見ると時折13秒半ばのラップもありますが、全然安定感がなく乱れが大きかったです。
決勝ヒートがボロボロだとレースした気がしませんね。
前回、前々回と順位的には悪かったけど決勝は走れた感があったのに。
ぶっちぎりのドベで決勝終了…チーン

Blog331

Blog332

今回の標準コース、全然上手く走れませんでした。
なんでかな?
一番苦手だったのが、操縦台前のU時ターン。
ここの2箇所はコンクリの縁石が塗装してありません。
それもあってか、クリップポイントが掴みづらいんですよ。
クルマがどう動いてるか見切れてないです。

Blog333
レース終わってお疲れさん。

課題ばかりのレースでした。
セットも見直しが必要ですね。
Mさんが「初期が欲しいからフロントは前開きにしてる」のが分かった気がします。

次回以降は暑い夏場のレース。
参加は…厳しいかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

太治GP第4戦参加

疲れもあって、筆が進みません(笑)
リザルトだけ見れば、これまでで1番ですが…内容的には惨敗です。
追々、レポを追記します。

☆☆☆追記☆☆☆

前日、NABEさんから宇治天に行くのでよろしかったらとお誘いが。
新たに慣らした540モーターの実走チェックをしたい気持ちもあったので、早めの撤収を心がけて出撃(笑)
あやまっくさんも来られ、名古屋のタミグラ非参加組の走行会となりました。
セットは進みませんでしたが、モーターには手応えを感じつつ終了。

帰宅後はロクなメンテをする気力もなく、アンプを積み替えただけ。
タイヤやモーターは放置状態…

当日は初夏の陽気で、さすがにテント村状態になってます。
ヤエン師さん、T内さんとピットをご一緒。
テントが多いから人が多めに感じるだけかと思いきや、N1の参加者33名。
前回の39名よりは少ないけど盛況です。
Blog329

今回は標準レイアウトにベストラップ形式の予選。
レイアウトが標準でも普段走行できないので関係ないな(笑)
ベストラップ方式は、安定して走れない自分向きか(笑)

・練習走行
宇治天のセットのまま。
タイヤは中古のB3。
前回レースで使用したエースモーターでもあっさり直線でパスされるなど、朝からイマイチな雰囲気が漂ってます(苦笑)
レース後放置してたら18500程度に落ちてるし。
ちょっとリアが巻き気味ですが、同走したヤエン師さんも同じだとか。
予選が始まる頃には路面温度も上がるし、走行が増えて路面も出来てくるだろうと特にセット変更せず。

・予選1ラウンド
宇治天の試走で良いと思えた新エース投入。
特に遅くはないけど、速さもなしで普通…
やはり路面コンディションは良くなってるのか、練習時のようなリア巻きもなく安定してます。
しかし、人間の方が問題?
この標準レイアウト、どうも上手くラインに乗せて走れません。
苦手かも…

・予選2ラウンド
もう一つのエース候補モーターに積み替え。
こちらも特には…
マシンの動きは安定してるけど人間の操縦が安定しないので、集中して走行することを心がけセットは弄らず。
お手々で何とかしましょう作戦です(笑)
が、結果は1ラウンドのベストを更新できず。
路面温度が上がってる影響か?グリップが希薄に。
リア巻きドリフト大会じゃないんですが、フロントがインに入って行かない。
かなり早めにスロットル抜いて曲がるのを待ち、立ちも向きが変わるまで握れず。
インフィールドで前車に付いて走ろうにも、なんでその速度で曲がれるのかと。

Blog330

・予選3ラウンド
ここまでお手々、セット双方の問題から満足なラップはゼロ。
加えて、路面変化が原因かグリップ不足にも陥り始め、このままだと確実にブービーです。

フロントはリアより1段ハードなバネを使ってましたが、グリップアップを狙ってリアと同じイエローに交換。
これだけで、フロントの入りが良くなる?
どうも全体的にグリップ不足な気も。
あれこれ検討した結果、新品B3を投入。
ずっと使ってたB3はインナーがミディアム、用意してたB3はソフトなんで少しはマシかと。
しかし、全くの新品で最初からグリップするのか不安も。

走り出すと…
おっ、結構グリップします、ただ操縦フィールが随分違ってグリップアップを上手く生かせません。
中盤になってようやくベスト更新のアナウンス。
でもたったの0.1秒程(悲)
こりゃダメだ~
それでも最後の数ラップに集中し、ようやく…


まさにベストラップ方式様々の結果(笑)
タイムレースなら、もっと悲惨だったでしょう。
ようやく出たラップは13秒223
ホントの一発屋です(笑)
予選21位、ギリでCメイン最下位。

タイムレースでも同一周に秒差で並ぶ予選となりますが、今回はベストラップなのでスゴい僅差で並んでます。
後0.5秒遅かったら30位くらいと10番手ダウン。
仮に0.2秒上げられたらBメインに入れる感じ。
1秒以内に何人いるんだか(笑)
Aメインはさらに1段上のレベルですね。

この結果や、今日の自分の走りレベルからメイン内で上に行ける可能性は少なそう。
実際そんな決勝でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »