« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月30日 (金)

ラジ天新店舗

京都は宇治市に新店舗。
京滋バイパスから近く、アクセスも良さそうです。
インドアコースが1/10用なら嬉しいけどどうでしょう?
共同駐車場が無料ならいうこと無しかな(笑)

それにしても、ここも元トイザらスとか。
尼崎のタムタムもそうでしたよね?

12/8のオープンは冷やかしに覗いてみるかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ARDレクサスボディ

初めて買いました、軽量ボディ。
原材料が少ないはずなのに、標準より高いって…?(笑)
サイドからリアにかけてペラペラですね。
余白をカットする際、勢いでボディ部まで切れそうになりました。

Blog189
いつものように、単色で塗装。
少しでも補強できたらと、フロントを中心にシューグーを塗ってます。
これまでのボディでもやってましたけどね。

見た目、フロントはダッジっぽい?
リアが長めで、キャビン(特に後方の)がコンパクトなのが印象的。
安定系らしいですが、形状的にフロントのダウンフォースが強そうでクイック系に感じます。
ま、走って見ないと分かりませんが、ボディの違いを感じられない鈍感な私にも分かるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

軽量ボディ

ダッジにアコード、レクサスと各社から発売されてるボディには標準と軽量の2タイプがあります。
池田では軽量ボディの方が良く走るよ、と話しには聞いていました。
けどこれまでは標準ボディを好んで使用。
理由は、第一に安いこと(笑)
次に丈夫で変形や破損が少ないこと。

でも、改めてEXPな人に軽量の方が引っ掛かりも少なくスムーズと言われ、一度乗ってみようかなと(笑)
最近の池田で定番なARDのレクサス軽量ボディをゲット。

Blog186

ボディの違いでどこまで変わるのか、体感できるのか分かりませんがものは試しに(笑)
イイ結果が得られたら良し、ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

HPI杯観戦

30Tモーター・コンロトールタイヤ使用レギュのHPI WORKS CHALLENGEの見学に行ってきました。
HPIワークスからは、吉岡・中谷両選手が参加。
吉岡選手は先日の全日本スーパーEXPクラスで4位。
その走りはどんなレベルでしょう?

午前から万博公園に行ってたりして何時に行けるのか不明でしたが、ちょうどあやまっくさんとご一緒できました。
予定のブツもお渡しできて、一安心。
時間的にも具合良く、最終予選ヒート途中。
結果、決勝ヒートは全て見れました。

80名定員とのことでしたが、最終エントリーは60名だったようです。
ピットもパンパンではなく、多少余裕がありました。
キャンセルが多かったんでしょうかね?

Blog187
決勝に向けて調整に余念のない、水色ボディさん。
練習でご一緒した時からやる気満々でした(笑)
残念ながら、決勝では持病?のタイロッド外れでリタイヤ。

Blog188
こちらはちゃっかり参加してるT内さん。
ロング缶はないけど、チャンポンがいけなかったか?惜しくも決勝Cメインでした。
決勝での走りはいつものキレが無かったような?
セットがイマイチ決まらなかったんでしょうか?



決勝全て見た感想は?
レギュが多少違ってもいつもの温泉月例と同じでした(笑)
まあ、メンツはほぼ同じですからね(笑)
下位は荒れ気味でも上に行くほどシェアでハイレベル。
ミスしませんし、相手がミスしないと前に出れません。


23Tに比べれば立ち上がりの加速はマイルドなものの、4.0以下のギア比もあってストレートスピードは遜色ありません。
コーナーで如何に引っ掛かり無くスムーズに回り失速しないか。
スピードを維持できるかでタイム差が出る感じ。
コントロールタイヤも普通にグリップしてて、特にグリップが低い感じは見てる限りありませんでした。


ワークスの吉岡選手がBメイン落ち(中谷選手はAメイン)。
温泉のカーペットは余程特殊なんでしょうか?
セットを詰め切れなかったようです。

それでも決勝Bメインではぶっち切りのトップ。
引っ掛かり感が全くなく、コーナーのスムーズさが印象的でした。
Aメインでの走りが見れなかったのが残念。

Aメインはスーパー小学生がトップで優勝。
序盤の遅れから盛り返し、見事に逆転。
T橋さん残念。

決勝終了後は、豪華そうな抽選会景品を横目に早々と退散しました。
HPI WORKS CHALLENGEは今年で終了とか。
定期的に開催してもらえたらイイなと思いますが…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

メンテしてたら…

フロントのワンウェイが若干ゴリってる感じだったので、取り外してクリーナースプレーをぶっかけ清浄。
その後ワンウェイオイルを注油してスムーズさを取り戻したような感じ。
Blog180

続いてフロントワンウェイ&リアデフ軸受けのベアリングもチェック。
ここはゴリる様子もなくOK。
当初問題有り?とのウワサもあって警戒してた純正ベアリングですが、ラバーシールなこともあってか前後ハブ部のベアリングを含め今のところスムーズさを維持してます。
やはりラバーシールの方が防塵性は良いんでしょうか?

と、ここまでは通常のメンテメニュー。
この後、何気に前後のサス周りをチェックしてたら…
リアのアップライトが左右逆なような…

マジで逆でした。
T2'007のリアアップライトは1度ですから、リアトーが標準より少なかったことになります。
先日の走行でリアの落ち着きがなかったのはこれが原因だったかも。
あれこれセットを弄くり回してたのは半分意味ないっすね(笑)

Blog182

まさかとは思いますが、最初に組んだ時から逆だったとか?
う~ん、何度かバラして組んでるので分かりません…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

モノにしたいけど…

毎度同じ事を書いてる気がしますが…
サイクロンの時から、手応えがあるかな?イイ感じで走れたな?と思っても、
次回走行ではヨタヨタ…なことが殆どでして(笑)

1歩進んだ気でいたら、1歩後退してるような。
同じ場所でぐるぐる回ってるような感覚に陥ってるわけです(笑)

前回の走行は終盤普通に走れるレベルになってほっと一息。
けどもう少しの部分が詰められず、満足できる走行特性とまでは行きませんでした。
時間が足りなかったのもありますけど、"もう少し"をどこでどうやって調整すべきかスキル不足もあって手を出せなかった面も。
シャシーロールで何とかなるかと、ソフトにしたり戻したりと試行錯誤…

Blog181

サスピボットのスペーサーを増やしてトレッド拡大しては?とのアドバイスを頂きました。
その手もありますね…現地では煮詰まってて思いつきませんでした。
帰宅後に脳内妄想してて感じたのは、あの路面の重さならロールセンターを標準位置にしても良かったかも。

さらにコーナーの入りでリアが落ち着かないのは、フロントが突っ込みすぎ(沈みすぎ)なのかな?
フロントに逆スキッド付けて、アンチダイブ効果を狙ってみてもいいかも?
ロールセンターも前後同じじゃなく、バランスを変えて試してみたいし。

良かったと思っても次がダメなのは、異なる路面状況に対応できてないから(と思います)。
路面の上がり(下がり)具合に応じてセットを合わせるだけのスキルがありません。
それでも少しづつでもアジャストできるようになってきてると思いたいです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

七五三

この日曜は近所の神社に七五三詣。
来年とばかり思ってたら、数えらしく今年なのだとか。
(必ずしも数え年じゃなくてもいいみたいです)

全く準備もしてなかったし、来年でいいか?と思ってたのですが急遽今年行くことに。
前日にはジジババに上から下まで服を一式買ってもらい、本人はカッコいい服に満足げ(笑)
しかし、ショップの店員も売れ時(七五三)とばかり押せ押せモード。
完全にカモですわ(笑)

Blog183

Blog184

Blog185

この日は寒波でかなりの寒さ。
それでも、七五三詣中は日も差して結構暖かかったのでラッキーでした。
帰宅したら雨降りそうな雲行きになってきましたしね。

男子なので七五三は五歳だけ。
この先も元気に育ってくれたら…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

不参加

月末のHPI WORKS CHALLENGEは不参加決定です。
内容的には楽しめると思いますけど、レギュだとか微妙な点もあるので。
レギュに合わせたアイテム購入が重荷なのが主因ですけどね。
買い物がてら見学には行こうかなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

互換パーツ

外車であるT2'007を使っていてツラいのはやはりパーツの入手性。
第一に高い、次は欠品が多い、通販を利用すると送料とか余計な出費が必要だし。
T2'007購入前から分かってたことでもあるんで、しょうがないですけどね。

それでも少しでも安価に済ます、入手性を良くする意味から代替えで使えるパーツの情報収集は欠かせません。
フロントベルトはサイクロン用が使用可とか。
ダンパーは既にTRFダンパーに交換してます。

先日の練習時、パーツ交換ついでにフロントのワンウェイカップや、ドックボーンをタミヤ製に置き換えました。
Fさんからタミヤのが使えると聞いていたので、先日の練習時に再確認。
カップ、ドックボーン、クロススパイダーにタミヤ製を使い、アクスルはT2'007のまま。

Blog179

T2'007を使い始め、欠点の一つと感じていたのがドックボーンのピンに被せるプラキャップ。
最近のシャシーはデフカップとピンが直接接触しないよう、プラキャップを被せる構造になってるのが多いですが、T2'007は前後ともこの構造です。
そして不思議なことに、リアは全く問題ないのにフロントはこのプラキャップが簡単に破損します。
1日走行したら終わってるってのは…

タミヤ製ならカップやドックボーンも安価ですしね。
ここが破損や摩耗しても交換しておいて損はないだろうと(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

先週に引き続き練習

空いた国道を快調に走り、予定より早めの到着。
しかし、エレベーターが動いてません。
どうも故障の様子。
朝イチから重い荷物を階段で運び、準備だけで一仕事(笑)

バッテリーの充電・放電、シャシーのアライメントチェックをしつつ、今回ご一緒のヤエン師さん+お連れさんと雑談してたら時間が経つのが早く、お昼前にようやく1本目。
先週のグリップの無さはロールセンター下げが原因と決め込んで、今回は標準より上げ設定(1.5mm上がってます)。
加えて、前後スタビも外しグリップを得ることを最重要視したつもりのセット。

走行を開始するも、リアを振りまくってヨタヨタ走り。
滑るというより、フロントがグリップし過ぎ。
先週とは違った意味でライントレースが難しく、ストレートで無造作にライン修正したらフェンスにズコン…
フロントをやっちゃったようです…

5周も周回してないのに、T2'007で初めての破損。
フロントCハブが骨折です。
手持ちパーツで修復できたのは幸いでした。
他にも手を加えた箇所があり、昼食を挟み長いピット作業でなんとか復活。
それにしても、幸先悪い立ち上がりで嫌な予感が…

温泉は3ヶ月ぶり?というヤエン師さん。
05MSと05改IFSで走行。
以前ご一緒した時は05MSのハイサイドに悩んでおられましたが、今回は2台とも快調に走ってます。
T2'007よりよっぽど良く走ってますよ…

Blog178
今回の走行では、セットの変更に対して変化が分かるというか反応がありました。
前回、何やっても変わらずだったのは、根本的なタイヤグリップが確保できていなかったためでしょう。
パック毎に調整を繰り返し、徐々に走る様になってきました。
調整と雑談が忙しく、画像がありません…
カツカツじゃないけど、充実して1日楽しく過ごせました。

路面は重めでグリップ良好。
結構転けてるクルマが多いです。
T2'007も初めて、転倒大会の様相。
ステアを一気に切ると、タイトコーナーでも簡単に転けます。
ゆるーく切ってると大回りするし(笑)
兎も角、フロントが引っ掛かって失速・ハイサイドの要因になってるのでここから対策しないと。

・スタビライザー、前後ミディアムを装着。
さすがに無しではキツかった。

・キャンバー、F:1度、R:0.5度から始め最終的には前後2.0度。
やはり温泉では引っ掛かりを避けるため、付けた方が好結果な感じ。

・Fアッパーアーム、バルク側を"外下"のポジションに。
動的なキャンバーが増える方向、これも引っ掛かり対策に有効でした。

・アッカーマン、標準のフロントナックル外側に変更。
事前メンテで内側にしてました、Fさんのアドバイスもあって変更。
ステアのピクピク感が減って操作が楽に。

・シャシーロール、リアのビスやアルミポストを外しソフト方向へ。
もっと大きな変化があるのかと予想してましたが、意外と微妙な差。
それでもソフトにふれば、リアのグリップ感は増加傾向。

これらの調整で随分と普通に走るようになりました。
現状、リアの安定度が今一歩かな。
ストレートエンドの高速コーナーから続くタイトコーナーで巻くことが多々あり。
上手くラインに乗って入れると問題ないんですが、無理してラインに乗せようとステアが荒くなるとリアが出ます。
まだ引っ掛かりも完全に解消できてないので、コーナーで失速気味ですし。

まだまだやけど、明るい兆しが感じられる温泉修行でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

続・気持ちを入れ替え、メンテ。

次はモーター。
久しぶりにコミュ研しました。
全然走行してなかったので、当然モーターも痛みようがありませんでしたから。

先日の練習は1日、ヨコモMAX-STで通しました。
コミュの痛みもそれなりだろうと、研磨してみます。

Blog175
まず、現状確認。
消費電流は少な目、けど回転も落ちてます。

Blog176
こちらコミュ研後。
まずまずの結果でしょうか。
電流値は増えたけど回転も上昇してます。
手持ちのチューナーブランド(Extreme HURRICANE)とほとんど同じなんでOKでしょう。

コミュ研中は集中してたので画像無し(笑)
今回、コミュ研モーターを3vで回しました。
私的には2vよりやりやすい気がしました。


最後はダンパーのメンテ。

Blog177
TRFダンパーは、X断面Oリングやシャフトガイドを使った効果か、オイル漏れが非常に少なく良好なコンディションを維持できてるようです。
オイル粘度は前#35、後#30のまま。

シャシー含め、ほぼメンテ完了。
他はタイヤのチェックくらいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

気持ちを入れ替え、メンテ。

ちょっと落ち込み気味でしたが、次回の走行に向けてシャシーをメンテ。
ほぼ全バラメンテの予定。

まずはステア系から。
T2'007はほぼ素組みで取説通りです。
これで別に問題はないけど、細かなパーツを国産パーツで代用した方が予備の不安も減ります。
タイロッドのピロボールとエンドをHPI製に交換。
Blog173

余ったのは予備に回せますし。
加えてナックルのロッド取り付け位置を内側に変更。

これはアッカーマンの調整を考慮して。
T2'007はセイバーの調整でアッカーマンを調整できるようになっています。
けど、調整シロを見てみるとナックル内側にした方が良さそうなので。


ロールセンターの変更はちょっと迷いました。
走行してみての結果で変更した方が良いかな?と。
結局はバラした勢いで変えましたが(笑)

Blog174_2 
バルクにサスピボットを固定する、欧州シャシーに良くある構造です。
作業性がイイかは結構微妙な感じ。
ドライバーをシャシー裏から回す必要がないので、その点は○ですけど。

サスピンは特に曲がりもなくOK。
足回りに問題はありません。

走らなかった原因はトラブルではないですね…
駆動系にも問題なかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

ストレートパック

ツーリングではバラセルをメインに使っており、ストレートパックの出番はまずありません。
チビと一緒に遊ぶ、オフやミニ用です。
ここんとこ、チビとRCする機会すらないのが残念なのですが…
(適当な走行場所がないのが主な理由)

現在手持ちのストレートパックは、
1年以上前に購入したIB3800×1と、
容量+耐久性の点で良さそうだと最近購入した京商製のGP3900×2。

Blog166
IB3800はそれなりに使い込んでます。
(実はもう1パックありましたが、パンクしてお亡くなりになってます)
GP3900は買っただけで実質使ってないに等しい状態。

バラセルに限らず補充電のメンテは必要ですから定期的にやってはいます。
けど、普段使うバラセルと比べてメンテ頻度が低いのも事実。
随分間が空いて、慌ててメンテすることになるわけです(笑)

でも最新スペックの4200や4300と違い、抜け具合(自己放電)が全然違います。
メンテ間隔が空くことを考慮して、ほぼ満充電で保管してるのもあると思います。
それでも1ヶ月以上空いてるにも関わらず、2/3程度は容量が入ってますからね。
セルマスターの10A放電で十分時間が掛かるな、と思えるほどなんで。
最新のセルもこのくらいの放電率だったらメンテも楽なのに…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

WCも怪しい…

VR-1Xセルの自己放電があまりに激しくて誤魔化されてる感もあります。
やはり通常のWCセルも放電の進みは早いですね。

VR-1Xはセルのリペアを行ったときに、0vに近いセルを単セル充電しておきました。
これが効いたのか、今回のメンテでは目立って放電の激しいセルはありません。

ところがWCセルの方に複数0vが…
油断しました。
普通に充電開始できたので取り敢えずはOKですかね。
さらに単セルで追い充しておきました。

Blog165
セルマスター・冷却ファン2台体制だと補充電も捗ります。
しかし、騒音が…(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

収納ボックス?

(カテゴリー、RCアイテムにしたけど、これアイテム?)

RC長期休暇中、モノを買ったりもありますが自作熱が高まったのか?冷却ファンを製作
引き続きこんなのを作ってみました。
最初はお手軽なつもりだったのに、意外と手間が掛かりましたよ。
原価は数百円と大したこと無いけど。
Blog167

取っ掛かりは、RC機材のパッキング。
機材ピッタリのボックスがあれば、機材を保護しつつコンパクトに収まるかなと。
製品の元箱以上に追い込んでコンパクト化を目指しました。
最初はダンボール紙で製作予定のつもりが、耐久性を考慮してポリ素材?に変更。
Blog168

先日の練習時に実戦投入してみました。
エアクッションやスポンジを緩衝材にするよりはパッキングの手間が省けますね。
ある程度適当に詰め込めるので便利かも。
わざわざ作る必要があるかは?ですけど(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

久しぶりに…練習してきました

11月3日(土)
温泉修行
ベッコリ凹みモードです

1ヶ月半ぶりですかね?
10月は完全に飛んでます。
この日はチビの子守担当なので、行っても集中してできないだろうと半分迷い気分。
それでも久しぶりに動かしたいし、チビが「行く!」とその気になってるので行ってきました。
Blog169

ピットにちょっかい出してくるんで作業に集中できません(汗)
ま、想定内です(笑)
撤収もいつもより早いだろうし、調整ポイントも手間の掛からない部分を主に大きく振ってみて、動きの変化を掴めたら良い程度のつもりでいました。
Blog172

今日は誰も見知った人はいないかと思ってましたら、久しぶりに水色ボディさんとご一緒。
中々時間の自由が利かないみたいですが、月末のHPI杯は出る気満々とか。
この日もエントリーを兼ねて練習だそうで、気合い入ってます。


T2'007のセットは前後のロールセンターを下げた仕様。
この部分を弄るのは初めて。
ロールは増えるだろうし、少なくとも前回よりグリップ感は向上するはず…と思ってたのですが…
いやはや、この日は全くグリップしません。

終日グリップ不足に悩まされ、ライントレースすら満足にできませんでした。
スロットルオフ=リア巻き
スロットルオン=プッシュアンダー
この特性がグリップ不足も相まって、強烈に助長されてる感じ。

スロットルを握ってると、全くステアが効かず滑るようにアウトへ。
緩めるとその場でスピンターンの如くリアを振ります。
操縦台前の高速S字はフェンス&縁石を避けるのが精一杯…
ここまで操作がしんどかったのは、サイクロンのシェイクダウン以来でしょう。
正直全く楽しくなかったですわ…

Blog170
HPI杯指定モーターを調整中の水色ボディさん。
何か秘策でも?


路面グリップが低めとはいえしっかり走ってるクルマもあるわけで、自分のセット能力が足りないだけです。
それも含めてこの日は凹み気分でした。
・フロントのグリップ剤塗り幅変更
・前後キャンバー変更
・前後リバウンド量変更
・前後アッパーアーム取り付け位置変更(バルク側)
等々、色々と試してはみましたが大きな変化はありません。

この後シャシーロールの調整に手を付けたかったところで時間が押してることもあり終了。
シャシーロールは次回の課題にします。

Blog171

さて、HPI杯どうしましょう?
水色ボディさんからは強く参加を勧められました(笑)
同じレギュでレースはあるの?の問いには、30Tモーターをフレッシュマンクラス指定モーターとする予定だそうです。
これって、現状の月例(EX杯含む)が23Tクラスメインみたいな雰囲気で、フレッシュマンは一桁の参加…なのを五分五分程度のエントリーにしたいって意味なのかな?

来週も練習予定なので、情報収集しつつ参加するか検討したいと思ってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

久しぶりに…

明日、つかもう今日ですが温泉練習の予定です。
チビの子守を兼ねてるので予定通り行けるのか朝にならないと分かりませんけど(笑)

バタバタと準備を済ませました。
久しぶり過ぎて忘れ物がありそうな…

行ければレポします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

セルマスタープラチナを使ってみる

基本的に同じですからね。
使い勝手は変わりませんでした(笑)
冷却ファンが五月蠅いのも変わらずで、ここは何とかして欲しかった点ですね。
騒音は個体差があるのか?微妙に違い、若干筐体がビビってます。
それもあってさらに五月蠅い感じなのは×。

見た目で一番の違いはブラック液晶。
旧セルマスターはバックライトが明るく、一見するとこちらの方が視認性が良く感じます。
けど視野角が狭いこともあって、斜めからの視認性はブラック液晶の方が良好。
正面からでもクッキリとコントラストが良く、ここは好印象です。
コスト的にどうなのかは知りませんが、最近のマッチモア製品にブラック液晶が標準化されてるのも分かる気がします。

Blog158

補充電しながら旧セルマスターと比較。
でも温度表示や充電容量など誤差程度。
良く入るようになってるとか、プログラミング変更で何か変化あるかと期待しましたが(笑)
同じのが2台ある認識で良さそうです。

筐体の共振だけは何とかしたいとこなんですが…
筐体のネジを緩めると振動が減るんですよね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »