« ライトニング2レビュー#2 | トップページ | デフメンテナンス »

2007年7月15日 (日)

ベアリングメンテナンス

この連休は元々RCの予定は無かったので、台風が来てもあんまり関係ないやって(笑)
あまりに風雨が激しく、日常生活に支障が出ても困りますが。

そんなで、のんびりメンテなぞを。
サイクロンはほぼ全バラ状態にしたので、久しぶりにベアリングもチェック。
ここんとこ、ベアリングのメンテはシールドを外して清浄するようにしてます。
シールドが付いたままだと、ゴミが取れません。
ゴリゴリになったベアリングを即廃棄ってのも勿体ないし。

多少面倒ですが、慣れれば意外と簡単にシールドは外せますよ。
方法は見聞きしたやり方なので、ここでは詳細を省きます。
ベアリング、メンテ、シールド、等々で検索すれば多量にヒットしますので参考に。
裁縫用のまち針を使うのが個人的にはやり易いですね。
Blog046

シールドを固定しているCリングを外せば、シールドも簡単に外れます。
両サイドのシールドを外すと。
Blog047

この通り、向こうが見えるようになります。
小瓶に入れてシャカシャカしたり、クリーナースプレーで噴いたりして清浄。
当然、シールドを外してないベアリングより遙かに清浄効果は高いです。
ゴミが入ってゴリゴリしてるだけなら、スルスルベアリング復活。

ただし注意点も
ベアリング内部のグリスが無くなります。
いわゆる脱脂ベアリングになります。
ボールやシートにキズが付いてる場合、ゴミが取れてもゴリゴリは無くなりません。

清浄後はベアリングオイルを注油します。
内部のボールに直接注油できるため、効果も高いと思いますよ。
Blog048

最後はシールドして、Cリングを填めて終了。

バラしてメンテしたかといって、半永久的に使えるわけではありません。
内部にゴミが入るとキズが付き、どうしたってゴリゴリしてきます。
今回メンテしたベアリングも、半数ほどキズのためか僅かにゴリゴリ感がありました。
それでも交換サイクルは確実に伸びますんで、懐にはありがたいです。

|

« ライトニング2レビュー#2 | トップページ | デフメンテナンス »

コメント

結構、簡単そうですね。ただ、外した瞬間リングが「ぴよょ~ん」っと飛んでいくことはありませんか?

投稿: AKIRA | 2007年7月16日 (月) 21:07

>外した瞬間リングが「ぴよょ~ん」っと飛んでいくことはありませんか?

ありますよ。
何度かやってます(笑)
指で押さえるとかした方が良いですね。

投稿: たけ丸 | 2007年7月16日 (月) 22:06

そうか!まち針か~
外し難いリングを強引にニードル(模型用)でコジってたらシールド潰した事があって、簡単に外れないベアリングはそのまま洗浄&オイル注してました。
今度ベアリングメンテする時やってみます。

投稿: こっぷ | 2007年7月16日 (月) 23:14

まち針だと強度不足で曲がるかと思ったんですが、Cリング外すのに力は要らないので楽に外せますよ。
お試しください(笑)

投稿: たけ丸 | 2007年7月17日 (火) 00:24

マチ針で外すんですね。覚えときます♪

基本的に脱脂しない人(つか、メンテしない人)なんで、ゴリったらポイなんですが…
今度からゴリったベアリングは取っておくようにします♪

投稿: M | 2007年7月17日 (火) 10:52

私も最初はゴリったらポイしてました。
昔に比べてベアリングも安くなってるし。
けど余りにゴリる頻度が多いので、勿体ないと(笑)
そこで最近は分解清浄でコストダウンを。

分解した時にグリスを詰めれば(スルスルではなくなるけど)、高耐久性タイプのベアリングにできるかも。

投稿: たけ丸 | 2007年7月17日 (火) 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/15768671

この記事へのトラックバック一覧です: ベアリングメンテナンス:

« ライトニング2レビュー#2 | トップページ | デフメンテナンス »