« バッテリーのコンディション維持その2 | トップページ | ローフリベルト »

2007年6月 1日 (金)

バッテリーのコンディション維持その3

比較的安価な機種に続いて、上のクラスの放電器。

マッチモアCTXDV2
Blog006

TEAM WAVE Lightning V2(画像は旧Lightning)
Blog007


どちらも先日の放電器より高価なだけあって多機能ですね。
放電電流が可変かつ大きいとか、液晶にセルの電圧等の表示ができるとか、カットVの設定も細かく指定できるようです。

セルの電圧を目で確認できるのはありがたい。
テスター出す必要ないし。
明らかに低い電圧だったら状態が悪いと判断できますからね。

それと放電電流値を大きく設定できる点。
バッテリーの残容量が多めでも、素早く抜けます。

安価な放電器との比較でメリットだと思えるのはこの2点でしょうか。
現状、充電器の放電機能で粗抜きしてからバラセル放電器にかけてます。
充電とバッティングすることもしばしば。
放電器単体で全てこなせるのはポイント高いですね。
セルパラメーターの表示機能はどこまでの情報が必要か?ですね。
より多機能で放電容量や内部抵抗まで測定・表示できるCTXDV2はその分高価ですし。

売価は、
CTXDV2:約3万
Lightning2:1万後半
ネット通販の安いとこでこの価格。

やはりCTXDV2は高い…ちょいと予算オーバーで無理っぽ。
Lightning2は高いイメージがあったけど、機能を考えれば意外やイイお値段かも。
BALAN-Ⅵが1万半ばなので、この差だとLightning2が魅力的に見えます。

現時点での選択は、
少しでも安価に、スマートトレイSE。
もうちょっとガンバって、Lightning2、かな?

|

« バッテリーのコンディション維持その2 | トップページ | ローフリベルト »

コメント

放電時間で気をつけなくてはならないのは、「リニア」でなんぼ放電できるか・・・・ですね。ライトニングは、マックス20Aとありましたが、おそらくパルス放電ではないかと思います。リニアで8Aとありましたからね。

マッチモーは30Aパルスと5Aリニアですが、放電時間だけを言えば両者ほとんど変わりません・・・。ですので、急いでいるときに満充電近いバッテリーを放電するときは、セルマスターの10Aで荒抜きしてからバラセル放電することがあります。

まぁ、大抵、5Aのリニアで放置していますけどね。(-.-)y-~~

あと、スマートトレイは満充電のバッテリーは放電できないので注意が必要です。エライ熱を持つとか・・・。エフさんが痛い目にあっていますよ。

投稿: AKIRA | 2007年6月 1日 (金) 09:58

パルスだと波形しだいで、実効容量が激変しますからね。
DV2は30Aパルスと5Aリニアでほぼ同じですか。
もうちょい早く抜けると嬉しいけど、実用範囲内ですね。

>スマートトレイは満充電のバッテリーは放電できないので注意が必要です
自分も1Aの放電器に間違えて充電したバッテリーを付けてしまい、焼けそうになりましたよ(笑)
放電容量の少ない放電器はどれも似たようなもんでしょうね。

投稿: たけ丸 | 2007年6月 1日 (金) 12:21

ttp://www.kazsh.com/rc/archives/items/discharger/

にいろいろな放電器のインプレッションが載っていますよ。参考になるかもしれません。(既にご存知でしたら失礼・・・。)

投稿: AKIRA | 2007年6月 1日 (金) 12:54

ネット徘徊中にチラ見した覚えがあります。
改めて見ると色んな機種が載ってて参考になりますね。
ありがとうございます。

投稿: たけ丸 | 2007年6月 1日 (金) 13:05

DV2なら弱っているセルや低容量セルも見つけやすいですし、決勝用エースバッテリーを選ぶ際の目安にもなります。しかし、あくまでコンディショニングとセル間のバランス取りがメインであるなら、DV2は値段の面でもオーバースペックですね。

セルマスターで荒抜きして、コンディショニングしながら放電。指定した電圧まで来たら完全に放電を停止するってのがお好みなら、ハイブリッドのロッシュも良いんじゃないでしょうか?
スマートトレイより筐体も小さいですしね。

投稿: エフ | 2007年6月 1日 (金) 17:15

ttp://driveon.cocolog-nifty.com/driveon/2006/12/roche_5c8e.html

ロッシュはここで詳しくレポートされていましたよ。

僕も単セル放電器の購入時に色々調べたのですが、ブックマークがなくて・・・。後追いでいろいろ思い出しています・・・。小出しでスンマセン・・・。

投稿: AKIRA | 2007年6月 1日 (金) 17:57

>エフさん
>セルマスターで荒抜きして、コンディショニングしながら放電。指定した電圧まで来たら完全に放電を停止するってのがお好み
まさにここが出発点です。
このパターンをなるべく安価でできたらなと。
多少見方が変わって来つつありますが…

>AKIRAさん
ここもチラ見したような記憶が…
ありがとうございます。

>ロッシュ放電器
デザインもクールでイイっすね。
価格も手頃。
ただ、カットVが0.9V以下ということもあり候補外です。
ネット徘徊で得た情報から、カットVを1.0~1.1V辺りで試したいと考えてます。

投稿: たけ丸 | 2007年6月 1日 (金) 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/15267455

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーのコンディション維持その3:

« バッテリーのコンディション維持その2 | トップページ | ローフリベルト »