« モーター冷却ファン | トップページ | バッテリーのコンディション維持 »

2007年5月29日 (火)

RC今昔その4-スピコン

今の自分の年齢から、初めてRCをやった頃を計算してみると…
なんと約28年前です…歳食ったなと軽くショック(笑)

今回はスピコン(スピードコントローラー)ネタ。
昨今のEP RCカーのスピコンはごく一部を除いて(少なくとも日本では)アンプ搭載が当たり前になってます。
でも約28年前にはアンプなんてありませんでした(多分)。

EP RCカーでも2サーボが標準。
1つはステア操作で、もう1つをスピコンと接続し機械的に動作させます。
GPカーのエンジン(キャブレター)との接続をイメージすれば似たようなもんです。
最近だと、アンプしか見たこと無い・触ったことないって人もいるんでしょうね。
タミヤの2モーター仕様マシンにはまだ機械式スピコンが残ってますけど。

初めてのRCカータミヤポルシェ935は2段変速スピコンでした。
1段目にはセメント抵抗が付いてて、2段目が直結。
こう書くと加速が荒いように思えますけど、意外にもスムーズに加速し2段変速を意識することはあまりなかったです。
低速走行時以外は。

少ししてタミヤからRCカー2世代目ともいえるポルシェ936・セリカLB・カウンタックが発売されます。
シャシー的にも進化してるのは当然として、スピコンが無段変速に。
巻き線抵抗(コイル状)タイプになってて、ニュートラルではブレーキが効く仕組み(ショートブレーキ)。
ブレーキが不要の場合は、ニュートラルを少しズラします。

子供心に画期的でした。
この無段変速スピコンだけ買って自分のマシンに取り付けましたよ(笑)
確か当時、箱入りで誇らしげに単体パーツとして売ってました。

けどタミヤの無段変速スピコンは容量?が十分でなかったのか、コイルの接触部が焼けて接触不良をよく起こしました。
紙ヤスリで磨いてメンテするのが日課でしたね。
また負荷が高いとコイルが焼け切れて断線することも。

もう一つスピコンで印象深いのが、京商のエレックレーサー付属のもの。
エレックレーサー(商品名が正しいか自信なし)は、本格的なRCバイクとして京商が開発・販売したもの。
最近でも進化版がハングオンレーサーとして販売されてたようですね。

このRCバイクに付属してたスピコンは巻き線抵抗式の無段変速だったんですが、特徴的なのはバックがないこと。
(バイクにバックがあっても意味ないちゅうか使えないので)
バック側にも巻き線抵抗はあるけど、これはショートブレーキの効きを調整するための抵抗。
要するにブレーキが可変になってて、軽いブレーキングとか強くブレーキ効かすとかができたわけです。
(今のアンプのブレーキもブレーキ量がトリガーストロークによって可変しますよね、それと同じです)
当時仕組みは理解できなかったけど、これはRCカーにも使えると搭載した覚えがあります。
けど、こいつも容量が不足気味でよく巻き線が焼けました。

あの頃はプロポにサブトリムやエンドポイントの調整機能は無かったので、スピコンのニュートラルや最高速ポイントの調整はリンケージでのみやってました。
サーボホーンのどの穴位置使えばストロークが合うかとか。
思い出すと何とも懐かしいです。

|

« モーター冷却ファン | トップページ | バッテリーのコンディション維持 »

コメント

娘の理科の勉強でフレミングの法則、右手の法則をやってるのを見てたら、昔のラジコンのスピコンを思い出しました。そしたらこの記事を見かけました。コイル焼けましたよね〜、よく磨きましたよね〜。久々にラジコン買おうと思いました。ちなみにナウ44歳、昔買ったのは、ホンダF2.マイティフロッグでした。

投稿: モスオ | 2017年9月 9日 (土) 13:32

>モスオさん
こんな放置ブログにコメントどうもです。
ホントに懐かしいですね。
自分はF2が販売された頃に、RCからフェードアウトしていきましたw

投稿: たけ丸 | 2017年9月 9日 (土) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/14993846

この記事へのトラックバック一覧です: RC今昔その4-スピコン:

« モーター冷却ファン | トップページ | バッテリーのコンディション維持 »