« まだ寝てんのか? | トップページ | 週末は不参加 »

2007年2月22日 (木)

RC今昔その1-プロポ

20数年ぶりにラジ復帰したら驚くことが多々ありますね。
そんなとこを思いつくままに綴ってみます。
不定期に第1回はプロポ編。

過去RCをやってた時期が2回程あります。
第1期は中学生の頃。
(タミヤからポルシェ934が発売になって少し経った頃です)
第2期が5年程のブランクの後、二十歳頃。
(1/12EPレーシングで8分レースが本格化した頃です)
何れも約2年ほどやって自然収束しました。

第1期の頃はプロポといえばスティック。
実質的にスティックしか選択肢はなかったです。
初めて買ったのはJR製だったかな?
その後、OS製のプロポも使ってました。

第2期になると、KOがホイラー&トリガー式のプロポを販売し、クルマ用としては主流になります。
ハイエンドのEX-1、エントリー向けのEX-2とありまして、当初はEX-2を使ってました(後にEX-1も使用)。
さらにサンワ初のホイラー&トリガー式であるMACHINE-1なんてハイエンドのプロポも使った記憶があります。

この当時のプロポは全てアナログで、トリム類も全てメカニカルなレバーやダイヤルでした。
機能豊富なハイエンドはダイヤルの数がスゴかったです。
なんせ基本的に1機能あたり1ダイヤルですから。

今の主流はコンピュータ。
トリムなんてスイッチですもんね。
機能の割にスイッチが少ないっす。
でも機能を呼び出すのに液晶見ながらなので、直感的に操作するのはツラい面も。
それでも複数マシン分をメモリしておいて呼び出せるなんて便利になったもんです。
あの頃でも1台のプロポで複数のマシンを使ったりしましたけど、トリムとか設定を合わすのが大変でした。

さらにクリスタル要らずのシンセサイザー式。
これは出るべくして出た感じでしょうか。
技術の進歩でクリスタルに頼らず、特定周波数を安定して発振できるのでしょうね。

電子技術の進歩は早いです。

|

« まだ寝てんのか? | トップページ | 週末は不参加 »

コメント

子供のころからラジってたなんていいですねえ~
うらやましいです。私は30歳ごろからですから・・・最初のシャーシはTA-02でした。

シンセですが大きな大会となるとキー○ンス製アンプとシンセの組み合わせでは、ノーコンになる可能性が高いようです。昨年の世界戦でAHがBメインだったのもKOからフタ○に移籍しアンプ、プロポが代わってノーコンが原因だったみたいです。

投稿: T | 2007年2月22日 (木) 09:04

EX-2は僕も使っていましたよ。
ご多分に漏れず、最初は、入門用のスティックから始めまして、ホイラーなんて言葉はなかったような・・・。
入門用スティックで一番の問題点は、「リバーススイッチ」でした。
トゥエルブやるときの必須アイテムになりつつあるなか、どうするべ・・・と。
プロポの配線をつなぎかえてリーバスさせた覚えがありますね。

>キー○エンス
そんなうわさが・・・。

投稿: AKIRA | 2007年2月22日 (木) 12:34

小学生の時は、MACHINE-1の廉価版MACHINE-Aを使ってました。
その前はスティックのDASH-S。
昔からずっとサンワ党です(笑

シンセとキーエンスって相性悪いんですねぇ。
アンプもキーエンスとサンワしか使った事無いですが(笑
あ。その昔トランジスタ方式のKO使った事ありますね。バックブースター付きのやつ(笑

投稿: M | 2007年2月22日 (木) 13:23

>Tさん
たまたま、できる環境だったんですね。
小遣い、年玉、全て投入してましたね(笑)

>AKIRAさん
送信機にリバーススイッチが付く前は、逆転(リバース)サーボってのがありましたからね。
主に空用でしたけど。
今じゃ、あり得ないアイテムです。

>Mさん
MACHINE-A、何となく覚えています。
サンワがこれをリリースした頃にはラジからフェードアウト中でした。

投稿: たけ丸 | 2007年2月22日 (木) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/13554567

この記事へのトラックバック一覧です: RC今昔その1-プロポ:

« まだ寝てんのか? | トップページ | 週末は不参加 »