« 池田新コースその2 | トップページ | リブの高低? »

2007年2月14日 (水)

バッテリーの慣らし

今まで手持ちバッテリーの本数が少ないこともあり、1日1回の充放電なんて使い方してませんでした。
人によったらあり得ない(笑)、1日に何回も充電して走行。
やはりバッテリーには良くないかな?寿命も短くなりそう?
それもあってバッテリーの数を揃えることが急務だったのですが、なかなかリーズナブルなものがなく…

ようやく、3セットまとめて購入。
FM4300です。
FM4000は使ってましたが、4300は初めて。

次回走行に使うため、この週末に組み上げ充放電テスト。
しかし、2000~3000mAh入ったところでピークカット。
3セット全てですから不良とも思えず。
数回充放電を繰り返しようやく4000mAhちょい入るように。
20070212_221922

これまでに買ったバッテリーはここまで極端ではなかったです。
マッチドではないもののザップ処理されてるそうで、その特性なのでしょうか?
ともかく慣らしというか、起こしが必要なようです。

引き続き何度か充放電をやってみます。
充電電流は低い方がイイのかな?もしくは高めでどかんと入れて起こす?

|

« 池田新コースその2 | トップページ | リブの高低? »

コメント

確信は持っていませんが、いきなり大電流でいくとセルが死ぬ確立が高いように感じます。
僕のトレンドは、最初はゆっくり入れて、ゆっくり出す。
次第にあげていく感じですね。

しかし、最初のうち2000あたりピークカットというのは、FMの特性なんですかね。
IBの時は、あまりそういうことはなかったのですが。

投稿: AKIRA | 2007年2月14日 (水) 12:25

やはりゆっくりが無難ですね。
FMでも4000は最初から普通に入ったと記憶してます。
今回は3セット共ですから、こんなもんなのかな?

投稿: たけ丸 | 2007年2月14日 (水) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/13889491

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーの慣らし:

« 池田新コースその2 | トップページ | リブの高低? »