« TA05 | トップページ | デフメンテ »

2007年1月14日 (日)

モジュールとピッチ

某ブログのネタじゃないですが、実は最近まで
タミヤ製:モジュール
その他製:ピッチ
って表記が異なるだけで同じかと思ってました。
04モジュール=64ピッチだと。

なので何の疑問もなくタミヤ製ピニオン(04モジュール)にゼノン製スパー(64ピッチ)の組み合わせで使ってました。
が、実は微妙に違うらしい…

Cimg19491 幸い、特に異音がするとかギアを舐めるとかのトラブルとは無縁だったのですが、メンテ時にサイクロンのスパーをよく観察すると歯が痩せてます。
04モジュールのピニオン(金属)にスパー(樹脂)が負けてるんでしょう。
タミヤのピニオンは2個セットで安いから好きだったんですが(笑)

メンテのためのパーツ調達時に、使用頻度の高いピニオンのみゼノン製の64ピッチのを買ってきました。
同じ42Tでもタミヤのとは微妙に違いますね。
当然痩せた歯のスパーも調達したので、組み直しです。

|

« TA05 | トップページ | デフメンテ »

コメント

そうそう、違うんですよ、これ。
いまいち64ピッチに踏み切れない理由なんです。
04ピッチ用のピニオンが増えまくりで・・・。

投稿: AKIRA | 2007年1月15日 (月) 21:42

いや~、全く知りませんでした(笑)。
サイクロンには通常、カワダのピニオンを使っていますが、ギヤ比次第では何の迷いもなくタミ製を使ってましたよ。
こりゃメモ必須ですね。

投稿: エフ | 2007年1月15日 (月) 22:22

見た目同じだからやっかいですよね~

カワダとタミヤのギアではトラブルが少ないそうですよ。
製造誤差(規格内の)がタミヤ寄りにズレてるとの、もっともらしいウワサもありました。

投稿: たけ丸 | 2007年1月15日 (月) 23:38

今も64P(ゼノンスパー、ヨコモピニオン)と04M(タミヤ)が有りますが、屋外で走らせると石が噛み込むことが多く結構出費がかさむことと、タミヤスパーで統一する為タミヤスパー+ヨコモピニオンの組み合わせで使っていますが特に支障はありません。
ゼノンに比べてタミヤのほうが安く&ロングライフに感じます(柔らかいから?)

投稿: T | 2007年1月16日 (火) 07:31

ちょっと気になったんで、良く使うスパーで直径を計算してみました。

0.4m,105T(タミヤのスパー)
直径=42mm

64P,105T
直径=41.671mm

仮に1枚デカイスパーを使うと…
64P,106T
直径=42,069mm

(64Pはインチ系で少し解釈がヤヤコシイです)
(日本の工業製品では、0.4m 0.6m 等のメートル系が多いです)

105T:直径で0.329mmの差、円周長で1.036mmの差。
106T:直径で0.069mmの差、円周長で0.217mmの差。

タミヤ105Tスパーの直径的な互換品は64Pの106Tになります。(互換品とは言えないけど…)
1歯の大きさは64Pの方が小さい事になります。
使えない事は無いと思うけど、気分的に私は混ぜません(笑
ギア比の計算に注意して下さいね。

一番の疑問は、何で64Pなる不思議なサイズを採用するメーカーが多いのか?ですね(笑

投稿: M | 2007年1月16日 (火) 10:06

>何で64Pなる不思議なサイズを採用するメーカーが多いのか?
スモールピッチのギアをRCに持ち込んだのがアメリカメーカーで、これが普及した(デフェクトスタンダードになった)結果じゃないでしょうか?
国内メーカー(特にパーツメーカー)も対応製品の開発販売をしたと思いますが、互換性を前提にすると64ピッチになります。
零細なパーツメーカーが独自にメートル系で出すのは難しいでしょう。

大手メーカー(タミヤ)は独自にメートル系で販売できたのでしょう。販売規模が違いますからね。

投稿: たけ丸 | 2007年1月17日 (水) 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199061/13490939

この記事へのトラックバック一覧です: モジュールとピッチ:

« TA05 | トップページ | デフメンテ »